フレシネ国立公園:フレシネ半島周遊ハイキング

今年のイースターは少し早くて、3月の末でした。そのイースターの週末を使って、通常のツアーで見るフレシネ国立公園よりももう少し先を見てきました!フレシネ半島を2泊3日で途中キャンプをしながら歩く、フレシネ半島周遊ハイキングに挑戦しました。通常ツアーで行くワイングラスベイ展望台まで登り、そこからワイングラスベイまで下ります。そしてワイングラスベイのビーチを約30分ほどかけて横切り、そこからMt Graham登山が始まります。Mt Grahamは標高579m。ビーチから重い荷物を背負って歩いていくのは結構大変でした。フレシネは降雨量も少ないので、水も必ず運ばなければいけません。出発した日は水や食べ物の重さを考えると、私のバックパックはかなり重かったと思います。途中ヒーヒー言いながら登りましたが、頂上からはこんな素晴らしい眺めが見れて、この景色を見たら疲れはすぐに吹っ飛びました。私達はMt Graham頂上付近でキャンプをしましたが、下の写真は翌朝の写真です。ワイングラスベイの後ろにハザードの山の連なりが見えて、ちょっと違うワイングラスベイの景色ですね。

フレシネ国立公園タスマニア

フレシネ国立公園タスマニア

初日はホバートから出発したので、私達がMt Grahamに登頂したのはもう夕方でした。まだ夏時間で良かったです。私達が着いたときはここ頂上はちょっと風が強かったですね。押さえていないと帽子も飛ばされそうでした。この日のサンセットもなかなか綺麗でしたよ。

フレシネ国立公園 Mt Grahamの頂上

フレシネ国立公園 Mt Grahamの頂上

時期的にはお花の時期ではなかったですが、ティーツリーやバンクシアなどのお花が少し見れました。かわいいですね。

フレシネ国立公園タスマニア

ティーツリーの花 フレシネ半島

2日目に途中のジャンクションに重いバックパックを置いて、標高620mのMt Freycinetにも登ってきました。結構急で、楽なコースではなかったですが、登るときはとても天気が良く、途中こんな石にできるシダの葉っぱの影などを見ながら、ゆっくり登ってきました。ちょっと芸術的な写真だと思いませんか??私達が頂上でゆっくりしていたら、遠くから雨雲が近づいてくるのが見えたので、帰りは急いで下りてくる羽目になりました。どんなにその時天気がよくても、バックパックには防水のカバーをかけて置いていったほうがいいですね。頭ではわかっていても、どうしても青空の時には忘れてしまいます。

フレシネ国立公園タスマニア

フレシネ国立公園タスマニア

2日目の夜はハザードビーチでキャンプしました。サンセット時のビーチはなぜかとてもロマンチックですね。さすがにワイングラスベイは人がいっぱいですが、逆側のハザードビーチまで歩いてくる人の数はガクッと減ります。ましてやここでキャンプをする人はなかなか少ないようで、この日は私達のほかにはここでキャンプをしている人たちはいなくて、ビーチ独り占めでした。ルークと行ったので2人占めですか??泳ぐにはちょっと寒すぎで、とてもとても水には入りませんでしたが。。。

フレシネ国立公園タスマニア ハザードビーチ

フレシネ国立公園タスマニア ハザードビーチ

全体的に楽なコースではなかったと思いますが、頑張った分だけきれいな景色が見れて、とても楽しい3日間でした。時間と体力がないとなかなかここまでは歩けませんが、チャンスがある方はぜひやってみてください。ここまで大変なのはちょっと自信がないけど、ワイングラスベイは見てみたいという方は、弊社のワイングラスベイ日帰りツアーにぜひご参加下さい!