マウントフィールド国立公園とボノロング野生動物公園日帰りツアー

タスマニアもオーストラリア国内での州境の再開の目途が立ちました。感染者数が少ないクイーンズランド州、南オーストラリア州、西オーストラリア州、首都特別地区、北部特別地区からは10月26日から自己隔離なしでタスマニアへ入ることができます。今後の状況にもよりますが、現時点ではニューサウスウェールズ州は11月2日から、ビクトリア州は12月1日からの予定です。

嬉しいニュースの中、今日は人気のホバート発着日帰りツアー、マウントフィールド国立公園とボノロング野生動物公園のツアーのご紹介をしたいと思います。

マウントフィールド国立公園ビジターセンター9:00前にホバートの町を出発し、1時間15分ほどのドライブでマウントフィールド国立公園へ向かいます。午前中は国立公園内の散策です。大きなユーカリの木やシダの木を見ながら気持ちの良い森の中を歩いて、まずはラッセルの滝へ向かいます。落差40メートルのラッセルの滝はとても見ごたえがあります。

ラッセルの滝その後は同じ流れの上にあるホースシューの滝へ向かいます。ラッセルの滝の上まで歩いて登るようになりますので、足に自信のない方は遠慮せずにガイドにご相談ください。この部分はスキップすることもできます。ホースシューの滝はラッセルの滝に比べて規模は小さいですが、とても雰囲気のある滝です。滝は季節により水量が異なります。以下2枚のホースシューの滝の写真比べてみてください。

ホースシューの滝その後は一旦車を移動しに向かうガイドと別れて、ご自身でハイキングをお楽しみいただきます。道に迷う心配はありませんのでご心配なく。トールツリーウォークというコースのスタート地点で再度ガイドと合流します。その後また大きなユーカリの木を見ながらハイキングを楽しみます。

トールツリータスマニアその後はまた車に乗って、大型バスでは入ることができない未舗装の細い道路を通って、標高約1000メートルの場所にあるドブソン湖へ向かいます。少人数ツアーだからこそ可能な行程です。標高が上がるにつれて変わっていく景色も興味深いと思います。

ドブソン湖マウントフィールド国立公園タスマニアドブソン湖を見学したら、ランチへ向かいます。ランチはツアー代金に含まれていますので、心配はありません。

ランチを食べたら、約1時間また車で移動し、ボノロング野生動物公園へ向かいます。けがをしたり、お母さんが死んでしまったりした野生動物の保護をしてくれている施設です。今は敷地内に野生動物専用の病院もあり、野生動物のためにとても頑張ってくれている施設です。皆さんのツアー代金に含まれている入園料もボノロングの活動資金になりますので、訪問するだけでも野生動物の保護を手伝っていることにつながります。

タスマニアンデビルボノロング野生動物園 ウォンバットボノロング野生動物園ボノロングでは、飼育員さんの説明を聞きながらウォンバット、タスマニアンデビル、コアラの見学を行い、その後は自分達で自由に見学します。放し飼いになっているカンガルーの餌付けができますので、ぜひお試しいただきたいと思います。みんなとってもかわいいです。 運が良ければ、ポケットに入っているカンガルーの赤ちゃんが見れるかもしれません。カンガルーボノロング野生動物園十分お楽しみ頂いた後はホバートへと戻ります。17:00~17:30くらいにホバートへ戻りツアー終了です。大自然とかわいい動物たちに癒されること間違いないと思います。ぜひご参加ください。