トロワタアーチ(Trowutta Arch)

10月26日からタスマニアは感染者数が少ない南オーストラリア州、西オーストラリア州、クイーンズランド州、首都特別地区、北部特別地区に対して州境を再開しました。ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州はもう少しです。

今日はタスマニアの北西部ターカインにあるトロワタアーチのご紹介です。

ターカインドライブというツーリストルートを少しそれて未舗装の道を行くと、小さな駐車場があります。まだまだ訪れる人は少ない、知る人ぞ知る場所です。

トロワタアーチタスマニア片道15分程レインフォレストの中を歩いていきます。道もきちんと整備されていますし、とても気持ちの良いウォークです。大きなシダの木や南極ブナなどの木もさることながら、小さなキノコや虫などもとても興味深いです。

トロワタアーチタスマニアトロワタアーチタスマニア

最後階段を降りると見えてくるのがこのトロワタアーチ。地中にできた空洞が崩壊してできたシンクホール(陥没孔)によって作られた地形だそうです。藻類などの植物で緑に見えるセノーテ(泉)もとても神秘的です。

トロワタアーチタスマニア

トロワタアーチタスマニア

トロワタアーチタスマニア水際まで下りていくこともできますが、アーチの先はきちんとした道はなく、ぬかるんだ坂を下りて行くようになるので、注意が必要です。つかまる手すりもありません。ですが、水際から見上げるとさらにアーチの大きさが実感できます。

トロワタアーチタスマニア十分景色を楽しんだら、同じ道を歩いて駐車場まで戻ります。往復30分程のショートウォークでこれだけの景色が楽しめるお勧めの場所です。まだまだ訪れる観光客が少ないタスマニア北西部ですが、素敵な場所がたくさんあります。