パインレイク(Pine Lake)

アデレードでクラスターが発生し、急遽南オーストラリア州からタスマニアへ来る人に14日間の自己隔離が再導入されました。少し残念なニュースですが、現時点(11月17日)ではこのクラスターによる感染者数は18名。うち15名は近親者のようです。感染力の強いウイルスなので油断は禁物ですが、南オーストラリア州政府は最善を尽くしているようです。状況を見守るとともに、一日も早い収束を祈りましょう。

今日はタスマニアの中央部セントラルプラトー(中部山岳台地)にあるパインレイクのご紹介です。標高約1200メートルの場所にあるパインレイクは夏でも寒い時がありますが、私達は冬に行ったにもかかわらず、こんなに素晴らしい晴天に恵まれました。

パインレイクタスマニア

このパインレイクには往復30分程度のショートウォークがあります。木道で平坦なのでとても歩きやすいですし、長いドライブの途中に足を伸ばすには最高の場所です。またこのエリアは国立公園ではないですが、世界遺産に含まれています。

パインレイクタスマニア

パインレイクという名前の由来にもなっているのが、ペンシルパインと呼ばれるタスマニア固有の植物です。杉の仲間で、通常標高が高い場所(700メートル~1200メートル)に生息します。落ち葉ですが、葉っぱのクロースアップの写真を見てみてください。(注:これは落ち葉なので茶色いですが、葉っぱは緑です。)

パインレイクタスマニア

葉っぱを近くで見てみると、うろこが重なり合っているような感じに見えます。これによって熱や水分が逃げるのを防ぐことができ、こんなに厳しい自然環境の中で生き残ることができるんだそうです。氷河期も生き残ってきた、とても寒さに強い木です。逆に火にはとても弱く、燃えてしまったら終わりです。タスマニアの固有種でありながら数が減ってきているペンシルパイン。絶やすことなく、守っていきたい植物の一つです。大自然の中、とても絵になる木ですよね。

パインレイクタスマニア

こんなにお天気が良いのに、湖の表面は凍っていました。

パインレイクタスマニアパインレイクタスマニア

夏のお花の時期はまたきれいです。脇を通った際には、ぜひ車を止めて歩いていただきたいお勧めのショートウォークです。