セントクレア湖 (Lake St Clair)

最近のブログでもすでにご紹介していますが、タスマニアにはオーバーランドトラックと呼ばれる5泊6日で歩く有名なそしてとても人気のハイキングコースがあります。今日はそのオーバーランドトラックのゴール地点でもあるセントクレア湖をもう少し詳しくご紹介したいと思います。

セントクレア湖は標高737メートルの場所に位置する湖です。氷河によって削られてできたセントクレア湖は、オーストラリアで一番深い湖でもあります。水深167メートルと記載されているのを見ますが、もっと深いのではと言われています。原住民アボリジニの人たちはこの湖を”リーアウリーナ”(leeawuleena)と呼んでいました。リーアウリーナとは”静かに眠る水”という意味だそうです。穏やかな水面を見ていると、とても神秘的で名前の理由が理解できます。ただし、標高の高い場所ですから、穏やかな日だけではありません。訪れる際には、雨具や防寒具などすべての天候に対処できるように準備してお出かけください。

セントクレア湖タスマニア

穏やかなセントクレア湖の湖面

同じ国立公園内のクレイドルマウンテンと比べると、セントクレア湖は知名度はまだ低く訪れる人の数も少ないです。その分静かな時間を楽しむことができます。ハイキングコースもいろいろとあり、ルフス山 (Mt Rufus)は私は大好きな日帰りハイキングコースの一つです。ただルフス山は周遊で歩いてくると7~8時間かかりますので、長いコースとなり普段歩きなれていない方には大変なコースです。標高差でも680メートル近くありますので、大分登ります。

セントクレア湖タスマニア ルフス山

ルフス山頂付近からの景色

セントクレア湖のショートウォークと言うと、ウォーターズミート(ヒューゲル川とキュービエ川が合流する場所)を中心に、カモノハシを見られる可能性があるプラティパスベイ、この地域のアボリジニに関する説明の設置があるラーメイラメナー・タベルティの3つのコースの組み合わせがメインでしたが、数年前にフランクランドビーチにきちんとしたトラックができました。ビーチを歩く場所が結構あるので砂の上は歩きにくいと感じるときもあるのですが、全体としてお天気が良いと湖の周辺の山々が見れてとても気持ちの良いウォークです。これでセントクレア湖のショートウォークの選択肢が増えました。

セントクレア湖タスマニア ウォーターズミート

ウォーターズミート

セントクレア湖タスマニア

フランクランドビーチから見える山々の景色

セントクレア湖タスマニア Mt Olympus

フランクランドビーチから見える山々の景色

スタート地点とゴール地点は違うので、往復歩くようになりますが、好きなところまで歩いて折り返しても良いと思います。往復すれば約6キロの平坦なコースです。雨がたくさん降った後は、湖の水量が増えてトラックが水没してしまっているときがあるので、それは注意してください。私はかなりの水量の時に遭遇したことがあり、ハイキングブーツのままでは歩くことができませんでした。

セントクレア湖の近くにPumphouse Pointという高級ホテルがあります。下の写真の右側に小さく写っているベージュの建物です。2015年にオープンしたホテルですが、すぐに人気になりました。近くの水力発電所で水が必要な時のためにセントクレア湖から水をくみ上げて貯めておくという目的で作られた建物(パンプハウス)ですが、その目的のために使われたことは一度もなかったそうです。1990年代に使用が終わってからはそのまま残っていましたが、2015年にホテルとなって生まれ変わりました。静かな大自然の中、高級ホテルでゆったりとした時間を過ごす。これ以上の贅沢はないかもしれません。本格的ハイキングを楽しんだり、ゆったりとした時間を過ごしたり、セントクレア湖でのご自分なりの楽しみ方を探してみてください。

セントクレア湖タスマニア Frankland Beaches & Pumphouse Point

フランクランドビーチから見えるPumphouse Point