南半球のオーロラ (Aurora Australis)

最近お天気は良いですが、少しずつ肌寒くなってきているホバートです。2月はもう少し暑くても良いと思うのですが、今年はラニーニャ現象の影響で比較的涼しくて雨の多い夏でした。

先週のブログにオーロラの写真を載せました。オーロラのお話は以前にもしたことがあると思うのですが、しばらく触れていなかったので、今日は再度南半球のオーロラ、Aurora Australisのお話をしたいと思います。

オーロラと言うと北半球のイメージが強いと思いますが、南半球でも同じ現象が起こります。南半球は南極の近くにあまり大陸がありませんから、見られる場所が限られるというのもあまり知られていない理由の一つだと思います。ここタスマニアでもオーロラ見られるんです。ただしタスマニアはまだまだ中緯度なので、オーロラ鑑賞で有名な北半球のアラスカやカナダ、ノルウェーなどと比べると緯度が低く、頭上を見上げるようなオーロラは見られません。常に水平線・地平線上で遠くで起こっている現象を見ているという感じがあります。それでも私は一番最初に見たときの感激は忘れられません。下の写真が私が一番最初に見たオーロラです。2012年の9月でした。

オーロラタスマニア実際のオーロラは写真で見るよりも全然色が薄いです。緑色は裸眼でも見えますが、それ以外の色(ピンクや紫など)は私は白っぽくしか見えませんでした。それでも、突き上げてくるビームやカーテンのように揺れる光の動きは見えますので、そのスケールの大きさにやはり感動します。まだオーロラ見たことがない方、写真と同じようには見えませんので、それは理解したうえで見に行ってくださいね。

オーロラタスマニア マウントウェリントンオーロラが見える季節というのは特には決まっていないです。年間を通して見ることができます。ただし、オーロラは暗くないと見えないですから、夜の長い冬の方が確率は高いということになると思います。オーロラにはお天気も関係していて、雲がかかっていると見えません。難しいですね。絶対とは言えませんが、お彼岸の頃が見えやすいというのを何度か聞いたことがあります。3月と9月です。ちなみに私達はカレンダー上のほとんどの月でオーロラを見たことがありますので、本当に決まりはないんです。強いてここでアドバイスをできるとしたら、万が一オーロラが発生したときには、月が出ていると月の光はかなり邪魔です。なので、満月の時期は避けたほうが良いと思います。

オーロラタスマニア クレイドルマウンテンオーロラタスマニア フレシネ国立公園何がオーロラを起こすのかというと、太陽の活動です。太陽の表面で爆発が起こった時に、太陽から飛び出してきた原子や陽子が風のように地球に押し寄せてくるものを太陽風と呼びますが、この太陽風が北極や南極上空の酸素や窒素などの原子を刺激して光を出すんだそうです。つまり、まずは太陽で爆発が起こってくれないとだめということです。太陽にも活動の周期があって、大体11年周期なんだそうです。今まではソーラーミニマムと呼ばれる太陽の活動があまりない静かな時期だったのですが、最近太陽の表面に黒点の数も増えてきて、段々と太陽の活動が活発になってきました。今後数年間に期待をしたいと思います。

オーロラタスマニアよく聞かれる質問が、オーロラは予測ができるのかということなんですが、これはなかなか答えるのが難しい質問です。短い期間での予測ならある程度は可能ですが、絶対ではありません。太陽で爆発が起こると、その太陽風が地球へ到達するまでに2ー3日かかりますから、2ー3日後にオーロラが起こるかもくらいの予想ならできます。でもそれも絶対ではありません。前回のソーラーマキシマム(太陽の活動が活発な時期)に、数日後にかなり大きなオーロラが見られるだろうという噂が広まって、オーロラを見たいがためにオーストラリア本土から急きょタスマニアへ飛んできた人の話を聞いたことがありますが、その時には予想に反してほとんどオーロラは見られませんでした。こんなこともあるんだなと実感しました。これが私達がオーロラのツアーをできない理由です。あまりにもランダムすぎますし、タスマニアは中緯度にある分、そんなに頻繁には見られません。オーロラツアーについても良く質問を受けますが、ご理解いただければ幸いです。ただし、万が一オーロラが発生すれば、私達はわかりますよ。その時にはご案内できると思います。

オーロラタスマニア オーバーランドトラックオーロラタスマニアまたタスマニアでオーロラが見られたら、弊社のインスタグラムフェイスブックでシェアをしたいと思います。まだの方、ぜひフォローをお願いします。ではまた次回。