タスマニアの黄葉ーファガス

日本はゴールデンウィークが始まりましたね。本来ならまだタスマニアへ遊びに来てくださる日本人の方がいらっしゃってもいい時期ですが、残念ながら今年は無理なので、気持ちだけでもタスマニアの秋をお楽しみいただきたいと思います。

前回のポストでも少しクレイドルマウンテンのファガスの様子をお伝えしましたが、ファガスはオーストラリア原産の植物では唯一の落葉樹で、通常4月の末から5月の始めにかけて黄葉を見ることができます。その時期に合わせてクレイドルマウンテンホテルが企画したファガスフェスティバルで、4月24日にルークが写真撮影ワークショップを行いました。そこから何枚か写真をシェアしたいと思います。天気予報はそんなに良くなかったのですが、思ったほど悪くはなく、参加者皆様お楽しみ頂けたようです。

クレイドルマウンテンファガスファガスは基本的には葉っぱは黄色になります。なので、紅葉ではなくて黄葉と呼ばれるのですが、中には赤くなる葉っぱもあります。赤は珍しいこともあり、ルークはいつも赤い葉っぱを探して歩きます。今回も見つけてきました。

クレイドルマウンテンファガス全景を見れば黄色い景色ですね。私は特に岩肌に映えるファガスの黄色はとてもきれいだと思いますが、皆様はどう思いますか?日本の紅葉は本当に美しいので、それと比べると負けてしまうかもしれませんが、ファガスにはファガスの美しさがあります。私は大好きです。今回はクレーター湖まで行ってきました。クレーター湖とは言っても、火口湖ではなく氷河湖です。紛らわしいですが、クレーターのように見えるのでその名前がついたそうです。何となく雰囲気が伝わりますか?

クレイドルマウンテンファガスクレイドルマウンテンファガスクレイドルマウンテンファガスクレーター湖まではロニークリークから1時間ほど歩きますが、回りの景色を楽しみながら歩けば苦になりません。ボタングラスの湿原の中木道を歩き、少し登ると冷温帯雨林に入ります。そこにはクレーターの滝と呼ばれる滝があり、小さい滝ながらとても雰囲気があります。そこからは15分ほどコンスタントに登りますが、そこを登りきるとクレーター湖です。

クレーターの滝

クレーターの滝

クレーター湖の周辺はとてもきれいですが、そんなに歩きたくないという方は、ウォルドハイムの周辺にもファガスがありますので、そちらでもご覧いただけます。湿っている所にはヒルがいますから、ヒルは要注意です!またダブ湖周遊ハイキングの途中でもファガスを見ることができますが、ダブ湖も1周歩けば2時間半~3時間ほどかかります。

ウォルドハイム

今年は寒いのでファガスも少し早い気がしましたが、今回のワークショップでもまだ緑の葉っぱ残っていました。クレイドルマウンテンホテルのファガスフェルティバルは5月8日まで行われていますので、興味がある方はそちらもご確認ください。

いつかタスマニアの秋を経験しにいらしてください。