オーバーランドトラック

今週は月曜日に36度まで気温が上がったかと思えば、火曜日は21度と気温差が激しいホバートです。

変異ウイルスの拡大や緊急事態宣言など、まだまだ世界中が大変な状況ですが、少しでも皆様にきれいな景色を見て心を癒していただきたいと思い、今日はタスマニアのオーバーランドトラックをご紹介したいと思います。

世界中からハイカーが訪れるこのオーバーランドトラックは、5泊6日で65キロの高山地帯を歩くコースです。途中の山々を登ったり、最後にセントクレア湖をフェリーを使わずに歩いたりすれば、100キロを超える距離になることも!ご自分の体力と日程を考慮して、どう歩くかを決めましょう。

オーバーランドトラックはクレイドルマウンテンのロニークリークからスタートし、国立公園内を縦断してセントクレア湖で終了します。タスマニア原生地域世界遺産の中を歩いていきます。スタートとゴール地点の看板です。ウォンバットとカモノハシの形見えますか?かわいいですね。

オーバーランドトラックタスマニアオーバーランドトラックタスマニア氷河によって作られた地形の中、タスマニアの最高峰マウントオッサ(1617m)を含む厳かな岩山、数々の湖沼、ボタングラスの湿原、冷温帯雨林、滝などを見ながら大自然の中を歩いていくのは最高の気分です。人工の物が一切見えない大自然の中を歩いていると、大自然の大きさを感じるとともに自分の、または自分が抱えている悩みの小ささを実感します。人生や価値観を変えるような経験になることは間違いなしです。以下いくつか写真を載せますので、お楽しみください。

オーバーランドトラックタスマニア・マリオンズ展望台

マリオンズ展望台からのクレイドルマウンテンとダブ湖の景色

オーバーランドトラックタスマニア

クレイドルマウンテンの後ろにバーンブラフが見えてきます

オーバーランドトラックタスマニア・バーンブラフ

バーンブラフが近づいてきます

オーバーランドトラックタスマニア・パインフォレストモーア

パインフォレストモーア

オーバーランドトラックタスマニア・ぺリオン平原

ぺリオン平原から見るマウントオークリー

オーバーランドトラックタスマニア

冷温帯雨林を流れる川

オーバーランドトラックタスマニア・マウントオッサ

タスマニア最高峰マウントオッサ山頂からの景色

オーバーランドトラックタスマニア・ダルトンの滝

ダルトンの滝

オーバーランドトラックタスマニア

マウントオリンパスが見えてきます

オーバーランドトラックタスマニア・ナルシサス

ナルシサスのフェリー乗り場からの景色

オーバーランドトラックはよく整備されているコースですが、5泊6日を歩くにはある程度の体力が必要となります。また標高737m-1617mの間を歩きますので、どんな天気にも対応できる準備が必要です。タスマニアは夏でも雪が降ることがありますので、夏でも防寒具、雨具の準備は必須です。その他食料や調理道具、寝袋やテントなどを含めると荷物もかなりの重量になります。きちんと計画を立ててから歩くようにしましょう。

またオーバーランドトラックを歩くには予約が必要です。10月1日から5月31日までは入山規制があり、料金も発生します。2021年1月現在の料金は$200+国立公園の入園料です。きちんとパスを付けていないと罰金を取られますので、注意してください。6月~9月は国立公園の入園料だけで歩くことができますが、冬は日も短いですし雪が降る可能性も大。やはり夏に歩くのがお勧めです。

重い荷物を運ぶことが心配な方は、英語ガイド付きでプライベートの山小屋(シャワー、食事、ワイン付き)に泊まる贅沢なツアーもありますので、ご心配なく。通常は20キロ以上の荷物を運ぶのが普通ですが、このツアーに参加すれば、運ぶ荷物の重量を8~9キロ程度にすることができます。食事はガイドさんが美味しい食事を作ってくれますので、それも楽しみの一つです。弊社でも予約の代行を行っています。またスタート地点とゴール地点が異なるコースですので、移動が心配な方は弊社では送迎のサービスも行っています。詳しくはお問い合わせください。

今はまだ先が見えませんが、近い将来皆さんがタスマニアへ来ることができるようにお祈りしています。

 

 

トロワタアーチ(Trowutta Arch)

10月26日からタスマニアは感染者数が少ない南オーストラリア州、西オーストラリア州、クイーンズランド州、首都特別地区、北部特別地区に対して州境を再開しました。ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州はもう少しです。

今日はタスマニアの北西部ターカインにあるトロワタアーチのご紹介です。

ターカインドライブというツーリストルートを少しそれて未舗装の道を行くと、小さな駐車場があります。まだまだ訪れる人は少ない、知る人ぞ知る場所です。

トロワタアーチタスマニア片道15分程レインフォレストの中を歩いていきます。道もきちんと整備されていますし、とても気持ちの良いウォークです。大きなシダの木や南極ブナなどの木もさることながら、小さなキノコや虫などもとても興味深いです。

トロワタアーチタスマニアトロワタアーチタスマニア

最後階段を降りると見えてくるのがこのトロワタアーチ。地中にできた空洞が崩壊してできたシンクホール(陥没孔)によって作られた地形だそうです。藻類などの植物で緑に見えるセノーテ(泉)もとても神秘的です。

トロワタアーチタスマニア

トロワタアーチタスマニア

トロワタアーチタスマニア水際まで下りていくこともできますが、アーチの先はきちんとした道はなく、ぬかるんだ坂を下りて行くようになるので、注意が必要です。つかまる手すりもありません。ですが、水際から見上げるとさらにアーチの大きさが実感できます。

トロワタアーチタスマニア十分景色を楽しんだら、同じ道を歩いて駐車場まで戻ります。往復30分程のショートウォークでこれだけの景色が楽しめるお勧めの場所です。まだまだ訪れる観光客が少ないタスマニア北西部ですが、素敵な場所がたくさんあります。

ターカイン

古代の森やボタングラスの湿原など、素晴らしい大自然に囲まれたエリア、ターカイン。タスマニアの北西に位置し、クレイドルマウンテンへの旅行の延長で訪れてみるも良し、ターカインだけで何日間かゆっくりしても良しの最高の場所です。

ターカイン原生林タスマニア

ターカイン原生林タスマニア

ターカインに行くならぜひぜひ訪れて頂きたいのが”フィロソファーの滝”です。ワラタの町の近くにあり、短くて比較的簡単なウォークです。簡単とは言っても、最後には結構な階段がありますので、そこは覚悟して行って下さい!滝自体もとってもきれいですが、その周りのダークグリーンのタスマニアの冷温帯雨林もなかなかの見ものです。

タスマニアの滝 フィロソファ滝 ターカイン

タスマニアの滝 フィロソファ滝 ターカイン

フィロソファーの滝のウォーキングトラックは新しくきちんと整備されていますが、ターカインの森のほとんどはきちんとしたウォーキングトラックのない、本物の未開の地といった感じの場所です。簡単に迷ってしまいますので、ここは十分な注意が必要です。タスマニアでしか見ることのできない植物ホリゾンタルもターカインに行ったら一見の価値ありですが、ホリゾンタルの森の中を歩くのはかなり大変です。名前の通り、そして下の写真を見てもわかる通り、ホリゾンタルは大きくなると横に成長していきます。そして私たちの行く手を遮ってしまうんですね。ホリゾンタルの森を通り抜けるには枝を越えたりくぐったり、最後は四つんばいになって歩いていることもあるくらいです。ホリゾンタルと奮闘しているうちに方向がわからなくなってしまうこともありますから、そんな危険がありそうなときは引き返すのも一つの手段だということをお忘れなく。タスマニアの森を甘く見てはいけませんよ。

タスマニア植物 ホリゾンタル ターカイン

タスマニア植物 ホリゾンタル ターカイン

ワラタからコリナまでの約90分のドライブは景色も素晴らしく、山々の連なりや、深い谷、独特のボタングラスの湿原などを見ることができます。

タスマニア植物 ボタングラス ターカイン

タスマニア植物 ボタングラス ターカイン

コリナでは、タスマニアの有名なヒューオンパインから作られたボートで、パイマンリバークルーズも楽しみます。その後は、”ロングバック”などのショートウォークをお楽しみいただきます。

ターカインハイキング ロングバック展望台
ターカインハイキング ロングバック展望台

Leatherwood Tasmania Tours

Hobart, Tasmania

Ph: (61-3) 6231 9964

タスマニア日本語ツアー

オーストラリア観光局公認会社

タスマニアについて

オーストラリアは南半球に浮かぶ大きな大陸国家です。6つの州と2つの特別地区から成り立っていますが、その6つの州の中で一番小さな、そして一番南にある州がタスマニアです。タスマニアはバス海峡に隔てられて、オーストラリア本土の南側に浮かんでいる島です。タスマニアからはオーストラリアの最北端よりも、南極大陸の方が近いんです。さすがオーストラリアは大きいですね!タスマニアは緯度は日本の北海道と同じくらい(もちろん南緯です)、そして大きさはその北海道の80%くらいです。タスマニアにも四季があります。北海道にはかないませんが、冬には山には雪が降ります。

冬の景色 マウントフィールド国立公園 タスマニア

冬の景色 マウントフィールド国立公園 タスマニア

また、秋には紅葉を見ることもできます。オーストラリアの木はほとんどが常緑樹ですが、タスマニアにはオーストラリア原生の植物の中では唯一の落葉樹があります。ファガスと呼ばれるこの木は4月下旬~5月上旬になると葉の色を変えます。高山植物なので山に行かないと見れませんが、これはこの時期にタスマニアに来たら必見です。

秋の景色・マウントフィールド国立公園

また、タスマニアは空気と水が世界一きれいなことでも知られています。タスマニアを世界地図で見てみてください。タスマニアの西側には地球を半周以上して南アメリカ大陸に行き着くまで何も大陸がありません。だから空気が汚されることがないわけです。そんなきれいな環境の中で降る雨の水はそのまま飲めてしまうんです。タスマニアにはその雨水を生活水として使っている人達もたくさんいます。日本とは違いますよね!こんな感じで、タスマニアならではのお話を今後もいろいろと載せていきたいと思いますので、またこのブログのぞいてみてください。何かタスマニアについて知りたいことがある人はどんどん質問もしてくださいね。