タスマニア情報➀

今週は暑くて夏を感じられるホバートです。2月も後半に入り、段々秋が近づいてきます。思いきり、この夏らしい天気を楽しみたいと思います。ビクトリア州の5日間のロックダウンも予定通り今日の夜で終了するようです。ビクトリア州の皆さんお疲れさまでした。急遽決まったロックダウンで予定が狂い大変だったと思いますが、その頑張りが功を奏しての結果だと思います。おめでとうございます。

まだまだ世界は大変で海外旅行など当分無理そうですが、こんな時だからこそ、楽しいことを考えるのも大事だと思います。旅行の計画って楽しいですよね?今日はタスマニアの基本情報をご案内したいと思います。皆さんにいつかタスマニアへ遊びに来るときの参考にして頂きたいと思います。

タスマニアはオーストラリア大陸の南に浮かぶ島です。南半球ですから日本とは季節が真逆になります。先に書いた通り、タスマニアは今は夏です。タスマニアへは日本から直行便は出ていないので、シドニーやメルボルンを経由してくるようになります。東京からだとシドニーまでが約9時間半、メルボルンまでは約10時間半のフライトになり、またそこからタスマニアへ乗り継ぎするようになりますので、結構遠いです。シドニーーホバート間は約2時間、メルボルンーホバート間は約1時間の移動になります。遠いのは遠いのですが、タスマニアの良いところは日本との時差があまりないことです。通常は日本との時差は1時間ですが、タスマニアは夏時間を採用していますので、10月の第1週の週末から4月の第一週の週末までは時差が2時間になります。時差があまりない分、ヨーロッパやアメリカへ行くよりは体は楽だと思います。

タスマニアは地図で見ると小さく見えますが、これでも北海道の約80%の大きさがあります。結構大きいので、あまり欲張って行程を詰めすぎると、ほとんどの時間を移動に費やすようになってしまうこともあります。旅行の計画を立てるときには移動時間、確認してください。またタスマニアには空港が3つあります。ホバート空港、ロンセストン空港、デボンポート空港です。行と帰りの空港を変えると効率よく回れることもありますので、これも行程を考えるときの参考にしてください。

タスマニアは公共の交通機関で旅をするというのは、とても難しいです。市内や都市間の移動くらいなら何とかなりますが、それ以外の観光地に行くには車がないと不便です。なので、タスマニアを旅行する際には、ツアーに参加するかもしくはレンタカーをするかになります。ご自分でレンタカーを運転しようと考えている方、タスマニアも右ハンドル/左側通行で日本と同じなので運転はしやすいですが、日本ではあまり見かけないラウンドアバウト(環状交差点)もありますし、町中以外は暗くなると野生動物が出てきたりしますので、注意が必要です。私が最初にタスマニアで運転した時には、対面道路で分離帯もない細い道路が時速110キロでびっくりしたことがあります。町中(特にホバート)には通勤や帰宅時間には交通渋滞がありますが、町を出てしまうと事故でもない限りは渋滞はほとんどないです。町中以外はほとんど信号もないので、それはそれで面白いと思います。

今日はこのくらいにしたいと思います。また次回をお楽しみに。

オーロラタスマニア

昨日タスマニアでオーロラが見られました!オーロラの話はまたの機会に。