新ワイングラスベイ展望台

イースターが終わり、本来ならもう少し寒くなっても良いタスマニアですが、今日もまだまだ暖かいです。予想最高気温は23度ですが、もう少し暑いような気がします。きっと晴れているからですね。タスマニアは太陽が出ていると体感温度が全然違います。今年は比較的寒い夏だったので、この暑さを思い切りエンジョイしたいと思います。

ブログポストがしばらく途絶えてしまいましたが、少し忙しい毎日を送っていました。最近になり、オーストラリア本土からタスマニアへ遊びに来てくださる日本人が増えてきました。英語ができる方が多い中、日本語ツアーに参加していただき、ありがとうございます。私達は日本人なりのサービスで、言葉だけではなく、安心してお楽しみ頂けるツアーの提供を心掛けています。ツアーに興味のあるお客様はこちらからどうぞ。

今回のお客様達には、新しいワイングラスベイ展望台から青空のもときれいなワイングラスベイをご覧いただくことができました。

変わったのは展望台周辺だけなので、入り口もウォーキングトラックも今までと一緒です。入り口には今まで通りこの地図があります。

ワイングラスベイ展望台ハイキングタスマニア今までは展望台は一つしかなく繁忙期はかなり混雑しましたが、今は展望台がいくつかできて、周遊できるような形になりました。いくつか違うポイントからワイングラスベイを見ることができますし、何より人が流れる作りになっているので、かなり混雑が解消できると思います。

最初の展望台からの景色です。今までの展望台よりは少し低いですが、こんなにきれいに見えます。

ワイングラスベイ展望台ハイキングタスマニアワイングラスベイ展望台ハイキングタスマニアそして上の写真にある歩きやすい通路を歩いていくと、次の展望台に。

ワイングラスベイ展望台ハイキングタスマニアその後は少し階段を登ります。そこからも振り向けばワイングラスベイが見えます。

ワイングラスベイ展望台ハイキングタスマニアそして最後に今までの展望台に着きます。ここの写真は撮り忘れたので下は古い写真です。

ワイングラスベイ展望台ハイキングタスマニアまだまだ海外からのお客様は難しいですが、オーストラリア国内ではたくさんの人が旅行を始めています。タスマニア政府も設備をアップグレードして、もっとたくさんのお客様をお迎えできるように頑張っています。早く皆さんが安心してタスマニアへ旅行に来られる日が来ることを祈っています。

ベイ・オブ・ファイヤーズ (Bay of Fires)

日本からのお客様をタスマニアでお迎えできるようになるにはもう少し時間がかかりそうですが、州境が再開した今、弊社では風景写真家でもあるルークが写真撮影ツアーを催行しています。先週はタスマニアの東海岸にあるベイ・オブ・ファイヤーズへ行ってきましたので、今日はそのベイ・オブ・ファイヤーズをご紹介したいと思います。

タスマニアの北東にあるエディストン・ポイントとビナロング・ベイを結ぶ約50キロの海岸線をベイ・オブ・ファイヤーズと呼びます。直訳すれば”火の湾”となりますが、この名前の由来は、先住民タスマニアンアボリジニが付けていた火です。1773年にこのエリアに来たイギリス船のトバイアス・フルノ―船長が、燃えている海岸線を見てそう名付けました。

ベイ・オブ・ファイヤーズは青い海、白い砂浜に加えて、オレンジ色の岩が有名です。なぜ岩がオレンジなのかというと、答えは地衣類です。地衣類が岩を覆い、有名なオレンジ色の岩から成る海岸線を作り出します。

タスマニア写真撮影ツアー ベイ・オブ・ファイヤーズタスマニア写真撮影ツアー ベイ・オブ・ファイヤーズ東海岸ということもあって日の出が楽しみなエリアですが、今回は残念ながらあまりカラフルな日の出ではなかったようです。でも打ち付ける波を捉え、雰囲気のある写真が撮れました。

タスマニア写真撮影ツアー ベイ・オブ・ファイヤーズルークのベイ・オブ・ファイヤーズ写真撮影ツアーでは、ビーチだけではなくセントコロンバの滝も訪れます。そこでは森林やキノコなども見れますので、被写体にはバラエティーがあります。

タスマニア写真撮影ツアー セントコロンバの滝タスマニア写真撮影ツアー キノコ今回はプライベートツアーでしたので、お客様の希望で、普段は含まれていないラベンダーファームにも寄りました。ラベンダーアイスクリームとのこのショット、いい感じですよね。

タスマニア写真撮影ツアー ブリッドストウラベンダーファーム帰りは少し雨に降られましたが、そのおかげでこんなにきれいな虹を見ることができました。

タスマニア写真撮影ツアー 虹ベイ・オブ・ファイヤーズ、せっかく行くならぜひぜひゆっくりしていただきたい場所です。青い海、白い砂浜を見ながら、日常を忘れてリラックスするのも良い休日の過ごし方ではないでしょうか?写真に興味のある方は、ルークの写真撮影ツアー、ぜひご検討ください。

タスマニア主要観光地

新年明けましておめでとうございます。

皆様はどんなお正月を迎えられましたか?

私達はこちらでは恒例の花火で2020年にさよならをし、新たな希望を持って2021年を迎えました。もちろん大晦日の夜中12時に花火が上がるのですが、子供用に9:30~も上げてくれるので、夜更かしが苦手な私達は9:30~の花火を見学しました。

花火タスマニア花火タスマニア2021年は何とかウイルスに打ち勝ち、また世界中の人たちが国境を越えて自由に行き来ができるようになることを心よりお祈りし、今日はタスマニアの主要観光地をご案内したいと思います。

クレイドルマウンテン

クレイドルマウンテンツアータスマニアクレイドルマウンテンツアータスマニアタスマニアでは一番有名な場所と言っても過言ではないと思います。タスマニア原生地域世界遺産に含まれる、大自然を肌で感じることができる場所です。運が良ければ、野生の動物にも出会えます。

ワイングラスベイーフレシネ国立公園

フレシネ国立公園ツアータスマニア・ワイングラスベイフレシネ国立公園ツアータスマニア・ハネムーンベイ綺麗な曲線が印象的なワイングラスベイ。展望台まではハイキングが必要ですが、年末には展望台も新しくなり、さらに楽しめそうです。フレシネ国立公園へ近づくと見えてくるハザードと呼ばれる山の連なりも圧巻の景色です。

マウントフィールド国立公園

マウントフィールド国立公園ツアー・ラッセルの滝マウントフィールド国立公園ツアー・シダの木落差40メートルのラッセルの滝が一番の見ものになりますが、大きなシダの木や背の高いユーカリの木を見ながらのそこまでのハイキングもとても気持ちが良いです。国立公園内の高度によって変わっていく景色、植生も興味深いです。

ポートアーサー

ポートアーサーツアータスマニア2010年に指定されたオーストラリア囚人遺跡群に含まれている昔の刑務所の跡地です。廃墟を見ながらタスマニアの歴史を学ぶことができます。

以上の4つの観光地へは、弊社で日帰りツアーを行っていますので、興味のある方はぜひお問い合わせください。2021年はぜひまた日本から、もしくは他国やオーストラリア本土からの皆様にタスマニアでお会いしたいです。そのためにももう少しウイルスを抑えるために頑張りましょう。今年もよろしくお願いいたします。

ちなみに今回もブログの写真(ポートアーサー以外)はルークの写真を使っています。ルークは風景写真家でもあり、タスマニアで写真撮影ツアーを行っています。ツアー自体は英語ですが、ルークは日本語も堪能ですので、写真に興味のある方はこちらも併せてご覧ください。

 

フレシネ国立公園 – Walk and cycle track

オーストラリアは州境の規制もかなり緩和されてきて、タスマニアでも他州からの旅行者を見かけるようになりました。嬉しい限りです。

先日フレシネ国立公園の新しいトラックを歩いてきましたので、今日はそのご紹介をしたいと思います。このトラックはビジターセンター(もしくはレンジャークリーク)からワイングラスベイへのハイキングをスタートする駐車場まで歩いていくコースです。車道の近くを歩くところもあり、車が見えたり車の音が聞こえたりすることもありますが、道はとても歩きやすく気持ちの良い散策コースでした。歩くのはもちろんですが自転車でも通れるコースです。私達は自転車とはすれ違いませんでしたが、左側通行を守って、自転車には注意しながら歩いてください。また2か所車道を渡るところもありますので、そこも注意が必要です。

フレシネ国立公園タスマニア Freycinet walk and cycle track段々とハザードが見えてきます。きれいな景色です。

フレシネ国立公園タスマニア Freycinet walk and cycle trackフレシネ国立公園タスマニア Freycinet walk and cycle track途中お花や鳥を見ながら歩きました。今回はラッキーにもハリモグラにも遭遇しました。

フレシネ国立公園タスマニア Freycinet walk and cycle trackフレシネ国立公園タスマニア Freycinet walk and cycle trackフレシネ国立公園タスマニア Freycinet walk and cycle trackフレシネ国立公園タスマニア Freycinet walk and cycle trackゴールのハイキングコーススタート地点には自転車を止めて置けるラックが設置されています。クジラのデザインでかわいいです。ロックは持参しなければいけないそうですので、自転車で行く方は気を付けてください。

フレシネ国立公園タスマニア Freycinet walk and cycle track私達は往復歩きましたが、帰りもまたハザードの景色を見ることができました。

フレシネ国立公園タスマニア Freycinet walk and cycle track多少のアップダウンはありますが、とても整備された道で歩きやすく、気持ちの良いコースでした。片道約1時間、往復すれば約2時間かかりますので、更にワイングラスベイ展望台やそれ以上のハイキングを計画している方は時間・体力も併せて計画してください。今まで通り駐車場まで車で行くこともできます。

現在ワイングラスベイ展望台は新しい展望デッキを建設中です。その工事の為今週12月4日まではワイングラスベイ展望台へのトラックは閉鎖していますので、フレシネへの旅行を計画されている方はご注意ください。新しい展望デッキを2つ追加するようで、展望台の部分がループで歩いてこられるようになるそうです。これも楽しみですね。

 

 

 

来シーズン(2020-21)に向けて日本語ガイド募集中!

タスマニアが大好きな方、私達と一緒に日本人のお客様のご案内をしませんか?観光業経験者優遇ですが、未経験でもやる気がある方まずはご連絡ください。適任者にはトレーニングいたします。ドライバーガイド、ハイキングガイドができる方、永住権保有者、ご連絡お待ちしています。

Leatherwood Tasmania Tours

Hobart, Tasmania

email: info@leatherwoodtasmania.com.au

Ph: (03) 6231 9964

タスマニアの見どころ満載3泊4日ツアー

Leatherwood Tasmania Toursのツアーで絶大な人気を誇る3泊4日ツアー

タスマニア人気ツアー クレイドルマウンテンとワイングラスベイツアー

タスマニア人気ツアー クレイドルマウンテンとワイングラスベイツアー

世界遺産のクレイドルマウンテンや美しい景色の一望できるワイングラスベイはもちろんの事、あの魔女の宅急便のモデルとなったと言われているロスのパン屋さん、幻想的に青く光る土ボタルの生息する鍾乳洞、タスマニアの希少な動物たちに会えるボノロングワイルドライフパークや野生のペンギンツアーと4日間でも内容は盛りだくさん!

タスマニア人気ツアー クレイドルマウンテンとワイングラスベイツアー

せっかくのタスマニアだからあれもこれも見たい方にはとくにおススメです。

キキののパン屋さん

キキののパン屋さん

また、ここタスマニアは空気と水がとても美味しいため、沢山の美味しいワインやビールの生産地としても知られています。この素晴らしいワインやビールはタスマニア内でほとんど消費してしまう為に、国外にはあまり出回っていません。

ワイナリーランチ

このツアーではそんなタスマニアのワインも味わっていただけるよう、有名なワイナリーでの昼食も含まれています。

タスマニアの魅力を是非堪能して行って下さい!詳細はこちらから

1 2