タスマン国立公園 – リマーカブルケーブ (Remarkable Cave)

明日からまた少し気温が下がるようですが、ここ何日かとても暑い日が続いているタスマニアです。クイーンズランド州やニューサウスウェールズ州では大雨で洪水の心配が出ているところもあるようで、改めてオーストラリアの大きさを実感します。

今日はタスマン国立公園にあるリマ―カブルケーブのご紹介です。最近駐車場やトイレ、展望台がアップグレードされてアクセスしやすくなりました。トイレはなかなか綺麗でしたが、手動で水を流す方式でした。

駐車場からすぐ目の前に海が見えます。そして少し先にこんなに素敵な展望台ができました。この日はとても天気が良く、海の色もとても綺麗でした。

タスマン国立公園 - リマーカブルケーブここから往復約15分でリマーカブルケーブへ行くことができます。短いウォークですが、階段なのでご注意ください。帰りは登りです。

タスマン国立公園 - リマーカブルケーブタスマン国立公園 - リマーカブルケーブリマーカブルケーブへ到着です。リマ―カブルケーブは波の浸食によってできた洞窟ですが、実はこのプラットフォームがある場所も大昔は洞窟の中だったんだそうです。天井が落ちてしまった場所だそうです。

タスマン国立公園 - リマーカブルケーブリマーカブルとは日本語で”注目に値する”とか”素晴らしい”という意味がありますが、この洞窟の何が素晴らしいのでしょうか?その理由の一つが、洞窟の入り口(出口?)の形です。ご覧になってみてください。ちょうどよい角度で見なければいけませんが、タスマニアの島の形に見えませんか?

タスマン国立公園 - リマーカブルケーブもちろんリマーカブルな理由はそれだけではなく、地質学的にもおもしろい要素があるそうです。この場所は砂岩(sandstone)と粗粒玄武岩(dolerite)でできています。ここでは砂岩の層が曲がって変形する褶曲(しゅうきょく)と呼ばれる現象を見ることができるそうです。粗粒玄武岩はマグマが冷えて固まった岩ですが、粗粒玄武岩が形成されていく過程で、その熱が砂岩の褶曲の形成を手伝ったようです。

私達が行ったのはちょうど引き潮の時だったので、ちょっと下へ降りてみました。満ち潮の時や海が荒れているときには真下まで水が来ますので、要注意です。プラットフォームからではあまりわかりづらいですが、この洞窟は入り口が2つあります。

タスマン国立公園 - リマーカブルケーブプラットフォーム自体は狭いので、たくさんの人が同時に写真を撮ることはできません。他にもお客様がいる時には、譲り合いの気持ちを持って、皆さんが楽しめるように見学していただきたいと思います。見学が終わったら、帰りは頑張って階段を登って駐車場へ戻りましょう。帰りに階段の数を数えてみたのですが、メモをしなかったので忘れてしまいました。120段前後だったと思います。参考までに。タスマン半島と言えば、刑務所の跡地ポートアーサーが有名な観光地ですが、少しここまで足を伸ばしてみても良いと思います。

**注意**

私達がこのブログをアップしてから、リマーカブルケーブでメンテナンス工事が始まり、現在リマーカブルケーブは閉鎖中です。12月24日に再オープン予定だそうです。

 

チューリップファーム (Table Cape Tulip Farm)

タスマニアの北海岸にあるテーブルケープには大きなチューリップファームがあります。今年はコロナウイルスのせいでイベントは中止になってしまいましたが、ファーム自体はオープンしています。天気が良かった昨日、ドライブがてら行ってきました。

テーブルケープチューリップファームタスマニア最初は近くの灯台に行き、遠目にファームを見てみました。カラフルでとても綺麗です。

テーブルケープチューリップファームタスマニアファームへは入園料がかかります。今年は大人は一人$12でした。州境がまだ閉鎖している平日でしたが、思ったよりたくさんの人がいました。それだけ地元の人たちにも人気の場所です。

テーブルケープチューリップファームタスマニアとてもカラフルな畑の中を歩いていると楽しくなってきます。遠くには海も見え、心が洗われる景色です。

それぞれのチューリップの名前が表示されているのも私は好きです。気に入ったものはあとでお店から購入することもできます。ここはVan Diemen Quality Bulbsという会社の畑で、この会社は球根の生産・販売を行っています。残念ながら今年はコロナウイルスのせいで観光客の数が読めなかったためあまり球根を植えなかったそうで、販売数に限りがあり私達は買うことができませんでした。でもファームで思い切りカラフルな景色を楽しみましたので、良しとします。どうしても欲しい人はプレオーダーを入れることができました。

テーブルケープチューリップファームタスマニアまだまだ肌寒い日が多いタスマニアですが、昼間は大分暖かくなってきました。このチューリップの景色を見ると春だなと思います。これから段々暖かくなり気持ちも上向きになっていきます。

ロスの町:Ross Uniting Church

ホバートとロンセストンをつなぐ「ミッドランドハイウェイ」。ホバートとロンセストンのおよそ中間点に位置する小さな街「ロス」は、有名アニメ映画のモデルになったと言われるパン屋さんがあることから、人気の観光地です。

ross uniting church tasmania
人口400名ほどのこの街には、3つの教会が建てられています。今日はそのうちのひとつ、「The Uniting Church」をご紹介します。オーストラリアで3番目に古い橋「Ross Bridge」を渡り、メインストリートを右折すると、丘の上に見える教会です。

ross uniting church tasmania

ross uniting church tasmania

この教会は1885年に建てられた、オーストラリア合同教会です。建物内に入ると木造の天井やインテリアから温もりを感じることができます。信徒席や洗礼台はブラックウッドの木が使われているそうですよ。

ross uniting church tasmania ross uniting church tasmania

ross uniting church tasmania ross uniting church tasmania

この教会が建てられる前、この場所にはWesleyan Chapelという別の教会が建てられていたそうです。建物の老朽化により、新しい教会の建設が計画され、現在の建物が出来上がったのですが、以前のChapelの壁の一部が記念碑となって今も残されていますので、訪れた際はこの記念碑にも注目してみてくださいね。

ブリッドストウラベンダーファームタスマニア

12月中旬から1月末まではタスマニアの北東にあるブリッドストウラベンダーファームが見ごろです!

ブリッドストウラベンダーファームタスマニア

ブリッドストウラベンダーファームタスマニア

ラベンダーファームに着いたら、カフェとギフトショップをのぞいてみて下さい。ラベンダーティーと手作りソーセージロールがお勧めです!天気がよかったらぜひバルコニーの席に座って、一面紫の景色を楽しんでください。

ブリッドストウラベンダーファームタスマニア

ブリッドストウラベンダーファームタスマニア

ブリッドストウの広さは260エーカーで南半球最大のラベンダーファームです。フランスの純正ラベンダー(Lavandula angustifolia)のみ栽培しています。ラベンダーはドライフラワー、食用ラベンダーとラベンダーオイルなどに使われます。

ブリッドストウラベンダーファームタスマニア

ブリッドストウラベンダーファームタスマニア

ロンセストンから車で50分くらいで行けるブリッドストウラベンダーファームは、簡単に半日ぐらい過ごせる場所です。モーニングティーが終わったら、ファームのディーゼルタンク、ドライフラワー工場、花畑など、歩いて散策してみてください。

ブリッドストウラベンダーファームタスマニア

ブリッドストウラベンダーファームタスマニア

ちなみに最近中国ではこの“ボビー”というぬいぐるみがすごい人気になっています。ほとんど毎日売れ切れで手に入りにくいお土産です。私たちが行った日は棚に残っていたボビーは二つのみ。何となく寂しい感じでした…

ブリデストゥーラベンダーファームタスマニア

ブリデストゥーラベンダーファームタスマニア

1月上旬から収穫が始まります。なるべく早く行ったほうがいいと思います。12月と1月のみ入園料がかかりますのでご了承ください。詳しくはブリッドストウラベンダーファームのサイト見てみてください。

タスマニア観光:ホバートの町の歩き方

ホバートはダーウェント川の周りに発達したきれいな港町です。そんなに大きくない町ですが、カフェ、ギャラリー、博物館、お土産屋さんなど見ながら楽しい1日を過ごせます。スタート地点はホバートで一番人気のあるシーフードレストラン”ミュアーズ”の向かい側、Henry Jones Art Hotel の前です。そこからはこんな景色が見えます。

港町ホバート

港町ホバート

ミュアーズシーフードレストラン

後ろにある山は標高1270メートルもあるマウントウェリントンです。赤い屋根の緑色の建物がミュアーズです。前にある船を良く見るとかごみたいなものがたくさんありますね。このかごはロブスター用です。ホバートのシーフードが新鮮な理由がわかりますね。採ってきてすぐ販売しています。ミュアーズで新鮮な魚(Blue Eye Trevalla、マグロ、サーモン、牡蠣など)試してみてください!おいしいタスマニア産のアイスクリームもありますから、こちらはデザートにどうぞ。

サラマンカ ホバート ノップウッド(パブ)

サラマンカ ホバート ノップウッド(パブ)

サラマンカ

5~10分ぐらいほど歩けば古い建物がたくさん並んでいる道に着きます。サラマンカです。毎週土曜日にオーストラリアで一番大きい青空市場が行われています。とても大きなマーケットですから、お土産などを買うのに、丸一日過ごすこともできてしまうと思います。タスマニアの風景写真、レザーウッド蜂蜜、木工品など直接作った人たちから買えますし、とても面白い一日です。土曜日じゃなくてもこのエリアがホバートの一番の見所です。カフェやレストラン、お店とギャラリーがたくさんのサラマンカ、是非行ってみてください。

サラマンカ ホバート

サラマンカ ホバート:レトロカフェ

ケリーの石段とバッテリーポイント

周りに気を付けて歩いていくと、ギャラリーの間にこの古い石段が見つかると思います。”Kelly’s Steps”と呼ばれるこの階段が、サラマンカとバッテリーポイントをつないでいます。”ケリー”は19世紀(ホバートの入植時)の捕鯨船の船長でした。皆さん知らないかもしれませんが、タスマニアにとって、捕鯨は結構大事な産業でした。現在、オーストラリアは捕鯨に反対の国で、鯨を見るウェールウォッチング(観光業)が人気です。

ケリーステップス

ケリーステップス

ケリーの石段を登ったらケリーストリートに出ます。5分ぐらい歩けば下の写真の景色が見えてきます:

バッテリーポイント ホバート

バッテリーポイント ホバート

バッテリーポイントです!ホバートで一番かわいらしい町並みの郊外です。昔のヨーロッパみたいな雰囲気ですが、普通の住宅街で、ここに住んでいる人たちは普通の生活をしています。教会、郵便局、パン屋さんやカフェなど、かわいらしいですからぜひのぞいてみて下さい。。セントジョージ教会(下)は1836年に建て始められました。今でも毎週日曜日、日曜礼拝やっています。

バッテリーポイント ホバート

バッテリーポイント ホバート:セントジョージ教会

ホバートウォータフロントからバッテリポイントまで歩く時間

Henry Jonesホテル ~ ミュアーズレストラン: 2~3分

ミュアーズ ~ サラマンカ(レトロカフェー周辺): 10分

レトロカフェ周辺 ~ ケリー石段: 2~3分

ケリー石段 ~ バッテリーポイント: 5~10分

ブルニー島旅行:南ブルニー灯台

ホバートから車で40分ほど行ったケタリングという場所から、20分ほどフェリーに乗ると、ブルーニー島に着きます。もちろんこの島に住んでいる人たちもいますが、ホリデーデスティネーションとしてもとても人気の場所です。一番の目玉は、シークルーズと、夜になると海から上がってくるペンギンかなと思いますが、それ以外にも、きれいなビーチ、バードウォッチングなど、楽しみ方はたくさんあります。

ブルーニー島灯台 タスマニア

ブルーニー島灯台 タスマニア

フェリーはブルーニー島の北に到着します。そこから車で1時間くらい行くと、この灯台があります。囚人を運んできた船が難破して134名が亡くなるという 大きな海難事故が1835年にありました。他にもあったこのような事故を防ぐために、ジョージアーサー総督が1838年に建てさせた灯台です。今でも使わ れている灯台の中では、オーストリアで2番目に古いものなんだそうです。青空に映える白い灯台もとてもきれいですが、そこから見える景色もなかなかのもの です。

南ブルーニー国立公園 タスマニア

南ブルーニー国立公園 タスマニア

駐車場に車を止めたら、灯台までは少し坂を登って歩いていきますが(5~10分)、天気のいい日はとても気持ちのいいウォークです。

ブルーニー島灯台 タスマニア

ブルーニー島灯台 タスマニア

ブルニー島フェリー時刻表はこちら

1 2