kunanyi/Mount Wellington (ウェリントン山)

今年の節分は2月2日だったそうですね。私達は特に何もしないで節分を過ごしてしまいましたが、タスマニアでもお子さんと豆まきをしたり、恵方巻を食べたりしているご家庭があります。私が知っているのはみんな日本人がいるご家庭ですが、こちらでも日本の文化を大事にしていて頼もしいです。日本は暦の上では立春ですね。早く暖かくなりますように。

今日はホバートの町のランドマークになっているウェリントン山のご紹介をしたいと思います。ウォーターフロントから見るホバートの景色。背景に見えている大きな山がウェリントン山です。ウェリントン山はアボリジニの人たちはkunanyiと呼びます。強いて日本語にすれば”クナニ”となります。最近では道路標識などでも英語と両方の表示がしてあります。とても大事なことだと思います。

ウォーターフロントから見るホバートの町とマウントウェリントンウェリントン山は標高1270メートルあります。タスマニアは最高峰でも1617メートル(オッサ山)ですから1270メートルというとなかなか高い山です。ウェリントン山は頂上まで車で行くこともできます。道は細くてカーブが多いので運転には注意が必要ですが、ホバートの町から約30分~40分のドライブで下の景色を見ることができる展望台へ到着です。以下は日の出の写真です。雲海もきれいですね。

マウントウェリントン頂上ウェリントン山頂日の出

標高が高いので、お天気が悪い時には雲に隠れてしまいます。そんな時には登っても何も見ることができません。また冬には当たり前に雪が降りますし、道路が凍る可能性もあります。夏の山火事の危険が高いときなどもそうですが、危険があるときには頂上への道路は閉鎖になることがありますので、併せて注意が必要です。

ウェリントン山にはたくさんのハイキングコースがあります。町から歩いて頂上まで行くこともできますし、そこまで歩くのはちょっとという方でも、車で行って途中でショートウォークを楽しむこともできます。以下いくつかハイキングで見られる景色をご紹介します。

ホバートの町からでも見ることができるオルガンパイプと呼ばれる粗粒玄武岩の柱状節理は、近くで見ると迫力があります。

ウェリントン山オルガンパイプウェリントン山にはたくさん雨が降った時だけ現れる”Disappearing Tarn”(消える池)と呼ばれる小さな池もあります。青みがかった水がとてもきれいです。

マウントウェリントン見所スフィンクスロックからの景色もなかなかです。

ウェリントン山見所スフィンクスロックまたウェリントン山には小さな滝もたくさんあります。

マウントウェリントンシルバーの滝ウェリントン山シークレットフォールズ秘密の滝標高720メートルのところに”The Springs”(スプリングス)と呼ばれるエリアがあり、駐車場やトイレがあります。ここはたくさんのハイキングコースのスタート地点になっています。またここにはコンテナをおしゃれに改装して営業しているかわいらしいカフェもあります。ハイキングの後でコーヒーを飲みながら休憩をすることもできます。週末は結構混んでいますから、地元の人たちに愛されているのがわかります。

州都の町からこんなに近くで自然を楽しむことができるのも、タスマニアの大きな魅力の一つではないかと思います。タスマニアのお勧めスポットの一つです。

ホバートウォーターフロント

タスマニアも段々暖かくなって春らしくなってきました。今週はまた少しお天気が崩れそうですが、庭のお花も少しずつ咲いてきて気持ちは上向きです。タスマニアの州境はまだ閉鎖したままですが、少し前倒しでオープンするような話も出てきています。実現してほしいです。

タスマニア花

コロナウイルスのせいで実際に旅行することができないので、最近ではオンラインでのバーチャルツアーというものが人気になってきているようですね。私達も最近1つ担当させていただきました。短い時間でタスマニアの州都ホバートをご案内しましたが、改めてホバートは良い町だな~と実感をしましたので、今日はホバートのウォーターフロントの映像を皆様にご覧いただきたいと思います。

この日は青空でしたがとても風が強く、春らしいお天気でした。マウントウェリントンを背景にしたホバートの町の景色は私達にとってはとても気持ちが落ち着く景色です。ホバートのウォーターフロントを歩いてみると、ウォータービューもさることながら、建物や像など歴史を感じられるものもたくさんあり、なかなか面白いなと再認識しました。Fish & Chipsをランチにホバートの町をゆっくり散策してみるのもありだと思います。

ホバートのウォーターフロントにあるホバート入植150周年記念碑ホバートのウォーターフロントにある像ホバートのウォーターフロントにある像

近くにはタスマニア博物館もありますので、そこでタスマニアンタイガーのはく製を見ることもできます。博物館の開園時間や休館日などは、前もって確認してくださいね。