ウォンバットの保護活動を行っている方を訪ねました

皆さんはウォンバットをご覧になったことはありますか?とってもかわいい動物で、私はタスマニアの野生動物の中で一番好きと言っても良いくらいです。もちろん、タスマニアンデビルやワラビーやエキドナも大好きなのですが。。。このウォンバット、mange(毛包虫症)と呼ばれる皮膚の病気にかかりやすいそうです。mangeとはダニの一種が皮脂腺に寄生することによって起こる病気で、脱毛、かさぶた、色素沈着、化膿などが症状の例です。ひどい場合には死に至ることもあります。

ご縁があって、ウォンバットをそんな病気から救うべく活動をしている方を訪ねてきました。mange用のお薬があるそうですが、野生のウォンバットに薬を塗るのはそんなに簡単なことではありません。巣の入り口を見つけて、そこにウォンバットに薬を塗ることができる罠を仕掛けるような形になります。ウォンバットが通るたびに、薬がこぼれウォンバットの体にかかる仕組みになっています。定期的にお薬を仕掛けに行きます。大変な仕事だと思います。

Wombat Rescue Tasmania ウォンバットの保護活動タスマニアWombat Rescue Tasmania ウォンバットの保護活動タスマニア上記に加えて、この方はお母さんが死んでしまったみなしごウォンバットの保護も行っています。ウォンバットは大人になると縄張りを張り単独で行動をする動物ですが、子供の時は本当に甘えん坊でとてもかわいいです。普通はさせてもらえませんが、特別に私達は抱っこをさせてもらいました。私のにおいを嗅いでいたのかキスをしてくれていたのかわかりませんが顔を近づけてくれたり、私の指を軽く噛みながらじゃれてくれたり、もうずっと離れたくないくらいかわいかったです。この子も大人になったら変わってしまうのかと思うと少し寂しいですが、それが野生のウォンバットの姿です。この子も大人になったら野生に返されます。

Wombat Rescue Tasmania ウォンバットの保護活動タスマニアWombat Rescue Tasmania ウォンバットの保護活動タスマニアWombat Rescue Tasmania ウォンバットの保護活動タスマニアなかなか見ることができない小さなウォンバットのしっぽも子供の頃なら見やすいですよ。

Wombat Rescue Tasmania ウォンバットの保護活動タスマニア一生懸命にウォンバットを保護してくれている方達の努力を目の当たりにし、私達もできる限りの支援をしたいと心から思いました。ご賛同頂ける方、ぜひぜひご協力をお願いいたします。Wombat Rescue Tasmaniaのフェイスブックページはこちらです。言葉に不安のある方は私達に連絡していただいても構いません。ぜひぜひみんなの手で、このかわいいウォンバットを保護していきましょう。

ウォンバット

ずんぐりした体に短い手足、つぶらな瞳がとっても愛らしい人気者ウォンバット。

ウォンバット、クレイドルマウンテン、タスマニア
コアラと祖先が同じで、コアラは木の上で生活をするように進化したのに対し、ウォンバットは地上で生活するように進化をしてきました。よく見ると顔も体形も似ていますね。

ウォンバット、クレイドルマウンテン、タスマニア
ウォンバットは穴堀りがとっても得意な動物です!なんと、3mから10mの長さがある巣穴を作るそうです!あの小さな体からは想像できない大きさですね。

ウォンバット、クレイドルマウンテン、タスマニア
巣穴の中は寝室、トイレなど複数の部屋に分かれており、トンネルでつながっています。寝室は巣の一番奥に作られ、草や樹皮などを敷いた寝床を作るそうです。のんびりとした見た目とは裏腹にかなり几帳面な性格のようですね。

ウォンバット、クレイドルマウンテン、タスマニア

ウォンバットのポケットは後ろ向きについています。赤ちゃん、見えますか?

クレイドルマウンテンに滞在すると、かなりの確率で野生のウォンバットに出会うことができます。