オーロラ

皆さん、オーロラと聞くと、北欧やアラスカ、カナダをイメージする方が多いのではないでしょうか?でも実は、南半球にあるタスマニアでもオーロラが見られることをご存知でしたか?

タスマニアでみられるオーロラは「サザン・ライツ」または「オーロラ・オーストラリス」と呼ばれています。

ここ、タスマニアでは、なんと1年中オーロラを見られるチャンスがあります!日没時間が早く、最もオーロラ鑑賞をしやすいといわれているのは冬の時期ですが、最低気温が氷点下になることはほとんどありませんので、オーロラ鑑賞でよく耳にする、身も凍るような猛烈な寒さに耐える必要はほとんどないんですよ。

オーロラは南極の方角に現れますので、オーロラ観察をするときはタスマニア島で出来るだけ南の方に行き、明りのない場所を探すのがベストです。しかし、なんとホバートから車で10分のMt Nelsonでオーロラが見えたという方もいるんですよ。

オーロラは肉眼では見えにくいので、オーロラ観察の際にはカメラをお忘れなく!

タスマニアでオーロラが見れました!フレシネ国立公園3月17日

タスマニアでもオーロラが見れるの、皆さんご存知でしたか?

ここはまだまだ中緯度なので、よっぽど条件が整わないと難しいですが、去年と今年は”Solar Maximum”とかで、太陽の活動がとても活発なんだそうです。そのおかげで、タスマニアでも何度かオーロラ見れてます。その中でも3月17日のオーロラは素晴らしかったです!ちょうどルークの写真撮影ツアーがフレシネ滞在中で、タスマニアのアイコンの一つでもあるフレシネの”ハザード”の上に光るきれいな光のショーを、ルークのカメラが捉えました!

タスマニアでオーロラが見れました!

タスマニアでオーロラが見れました!フレシネ国立公園3月17日

タスマニアでオーロラが見れました!

タスマニアでオーロラが見れました!フレシネ国立公園3月17日

実際に目で見るよりも、写真の方がカラフルで綺麗ですが、この日のオーロラは光がたくさん動いて、ルークが今まで見たオーロラの中で一番綺麗だったそうです。

タスマニアでオーロラが見れました!

タスマニアでオーロラが見れました!フレシネ国立公園3月17日

ハザードの上にある光のビーム、素晴らしいですね。とても幻想的です。

タスマニアでオーロラが見れました!

タスマニアでオーロラが見れました!フレシネ国立公園3月17日

オーロラがいつ見れるかを前もって予測するのはなかなか至難の業ですが、2,3日前くらいなら、”見れる可能性がある”くらいならわかります。その後、お天気とか光がタスマニアに届くのが夜かとか、いろいろ条件がついてきます。実は今週の金曜日あたりも見れる可能性はあるそうです。どうなるでしょうか!?ルークは最近オーロラにはまってますので、興味がある人はLuke O’Brien PhotographyのFacebookのページをLikeしてフォローしてみてください。見えるときにはポスト書いてます。