タスマニアコロナウイルス情報

今日はひな祭りですね。海外で生活をしていると、日本には季節を感じることができるイベントがたくさんあって素敵だなと感じます。日本ではそろそろ桃の花が咲く頃でしょうが、こちらタスマニアは暦の上では秋に入り、段々と寒くなってきました。

昨日3月2日は、タスマニアで初めてのコロナウイルスの感染者が報告された記念日でした。昨年2020年の3月2日の夕方のテレビのニュースで見て、”とうとう来たか~”と思ったのを覚えています。あれからもう1年経つんですね。たくさんの人の生活を大きく変えた1年でした。

この機会にタスマニアのコロナウイルスの情報をアップデートしてみたいと思います。

タスマニアは現在コロナウイルスの感染者はいません。12月に海外から戻ってきた家族の感染が隔離中のホテルで確認されましたが、それも地域感染に広がることはなく、その後82日間新しい感染者は出ておりません。現在までの総感染者数は232名、内亡くなった方は13名です。残りの219名は回復しています。

現在はオーストラリア全ての州がLow-risk(感染のリスクが低い)に指定されていますので、オーストラリア国内からでしたら自己隔離の必要がなくタスマニアへ来ることができます。Tas e-Travel Systemから登録は必要になりますので、オーストラリア国内からタスマニアへ来られる予定の方は、こちらから登録をお忘れなく。他州の状況によっては感染のリスク度が変わる可能性もあり、その際には隔離の必要性などが出てくることがありますので、タスマニア州政府のサイトで最新情報を確認することをお勧めします。

タスマニアでもワクチンの接種が始まりました。現在はまだ感染のリスクの高い職業の方、ホームに入っている高齢者などに限られますが、徐々に一般の人にも回ってきます。早くワクチンが普及してウイルスが落ち着き、日本から皆さんがタスマニアへ遊びに来ることができるようになってほしいと思います。それまでもう少しみんなで頑張りましょう。