ベイ・オブ・ファイヤーズ (Bay of Fires)

日本からのお客様をタスマニアでお迎えできるようになるにはもう少し時間がかかりそうですが、州境が再開した今、弊社では風景写真家でもあるルークが写真撮影ツアーを催行しています。先週はタスマニアの東海岸にあるベイ・オブ・ファイヤーズへ行ってきましたので、今日はそのベイ・オブ・ファイヤーズをご紹介したいと思います。

タスマニアの北東にあるエディストン・ポイントとビナロング・ベイを結ぶ約50キロの海岸線をベイ・オブ・ファイヤーズと呼びます。直訳すれば”火の湾”となりますが、この名前の由来は、先住民タスマニアンアボリジニが付けていた火です。1773年にこのエリアに来たイギリス船のトバイアス・フルノ―船長が、燃えている海岸線を見てそう名付けました。

ベイ・オブ・ファイヤーズは青い海、白い砂浜に加えて、オレンジ色の岩が有名です。なぜ岩がオレンジなのかというと、答えは地衣類です。地衣類が岩を覆い、有名なオレンジ色の岩から成る海岸線を作り出します。

タスマニア写真撮影ツアー ベイ・オブ・ファイヤーズタスマニア写真撮影ツアー ベイ・オブ・ファイヤーズ東海岸ということもあって日の出が楽しみなエリアですが、今回は残念ながらあまりカラフルな日の出ではなかったようです。でも打ち付ける波を捉え、雰囲気のある写真が撮れました。

タスマニア写真撮影ツアー ベイ・オブ・ファイヤーズルークのベイ・オブ・ファイヤーズ写真撮影ツアーでは、ビーチだけではなくセントコロンバの滝も訪れます。そこでは森林やキノコなども見れますので、被写体にはバラエティーがあります。

タスマニア写真撮影ツアー セントコロンバの滝タスマニア写真撮影ツアー キノコ今回はプライベートツアーでしたので、お客様の希望で、普段は含まれていないラベンダーファームにも寄りました。ラベンダーアイスクリームとのこのショット、いい感じですよね。

タスマニア写真撮影ツアー ブリッドストウラベンダーファーム帰りは少し雨に降られましたが、そのおかげでこんなにきれいな虹を見ることができました。

タスマニア写真撮影ツアー 虹ベイ・オブ・ファイヤーズ、せっかく行くならぜひぜひゆっくりしていただきたい場所です。青い海、白い砂浜を見ながら、日常を忘れてリラックスするのも良い休日の過ごし方ではないでしょうか?写真に興味のある方は、ルークの写真撮影ツアー、ぜひご検討ください。