kunanyi/Mount Wellington (ウェリントン山)

今年の節分は2月2日だったそうですね。私達は特に何もしないで節分を過ごしてしまいましたが、タスマニアでもお子さんと豆まきをしたり、恵方巻を食べたりしているご家庭があります。私が知っているのはみんな日本人がいるご家庭ですが、こちらでも日本の文化を大事にしていて頼もしいです。日本は暦の上では立春ですね。早く暖かくなりますように。

今日はホバートの町のランドマークになっているウェリントン山のご紹介をしたいと思います。ウォーターフロントから見るホバートの景色。背景に見えている大きな山がウェリントン山です。ウェリントン山はアボリジニの人たちはkunanyiと呼びます。強いて日本語にすれば”クナニ”となります。最近では道路標識などでも英語と両方の表示がしてあります。とても大事なことだと思います。

ウォーターフロントから見るホバートの町とマウントウェリントンウェリントン山は標高1270メートルあります。タスマニアは最高峰でも1617メートル(オッサ山)ですから1270メートルというとなかなか高い山です。ウェリントン山は頂上まで車で行くこともできます。道は細くてカーブが多いので運転には注意が必要ですが、ホバートの町から約30分~40分のドライブで下の景色を見ることができる展望台へ到着です。以下は日の出の写真です。雲海もきれいですね。

マウントウェリントン頂上ウェリントン山頂日の出

標高が高いので、お天気が悪い時には雲に隠れてしまいます。そんな時には登っても何も見ることができません。また冬には当たり前に雪が降りますし、道路が凍る可能性もあります。夏の山火事の危険が高いときなどもそうですが、危険があるときには頂上への道路は閉鎖になることがありますので、併せて注意が必要です。

ウェリントン山にはたくさんのハイキングコースがあります。町から歩いて頂上まで行くこともできますし、そこまで歩くのはちょっとという方でも、車で行って途中でショートウォークを楽しむこともできます。以下いくつかハイキングで見られる景色をご紹介します。

ホバートの町からでも見ることができるオルガンパイプと呼ばれる粗粒玄武岩の柱状節理は、近くで見ると迫力があります。

ウェリントン山オルガンパイプウェリントン山にはたくさん雨が降った時だけ現れる”Disappearing Tarn”(消える池)と呼ばれる小さな池もあります。青みがかった水がとてもきれいです。

マウントウェリントン見所スフィンクスロックからの景色もなかなかです。

ウェリントン山見所スフィンクスロックまたウェリントン山には小さな滝もたくさんあります。

マウントウェリントンシルバーの滝ウェリントン山シークレットフォールズ秘密の滝標高720メートルのところに”The Springs”(スプリングス)と呼ばれるエリアがあり、駐車場やトイレがあります。ここはたくさんのハイキングコースのスタート地点になっています。またここにはコンテナをおしゃれに改装して営業しているかわいらしいカフェもあります。ハイキングの後でコーヒーを飲みながら休憩をすることもできます。週末は結構混んでいますから、地元の人たちに愛されているのがわかります。

州都の町からこんなに近くで自然を楽しむことができるのも、タスマニアの大きな魅力の一つではないかと思います。タスマニアのお勧めスポットの一つです。

ベイ・オブ・ファイヤーズ (Bay of Fires)

日本からのお客様をタスマニアでお迎えできるようになるにはもう少し時間がかかりそうですが、州境が再開した今、弊社では風景写真家でもあるルークが写真撮影ツアーを催行しています。先週はタスマニアの東海岸にあるベイ・オブ・ファイヤーズへ行ってきましたので、今日はそのベイ・オブ・ファイヤーズをご紹介したいと思います。

タスマニアの北東にあるエディストン・ポイントとビナロング・ベイを結ぶ約50キロの海岸線をベイ・オブ・ファイヤーズと呼びます。直訳すれば”火の湾”となりますが、この名前の由来は、先住民タスマニアンアボリジニが付けていた火です。1773年にこのエリアに来たイギリス船のトバイアス・フルノ―船長が、燃えている海岸線を見てそう名付けました。

ベイ・オブ・ファイヤーズは青い海、白い砂浜に加えて、オレンジ色の岩が有名です。なぜ岩がオレンジなのかというと、答えは地衣類です。地衣類が岩を覆い、有名なオレンジ色の岩から成る海岸線を作り出します。

タスマニア写真撮影ツアー ベイ・オブ・ファイヤーズタスマニア写真撮影ツアー ベイ・オブ・ファイヤーズ東海岸ということもあって日の出が楽しみなエリアですが、今回は残念ながらあまりカラフルな日の出ではなかったようです。でも打ち付ける波を捉え、雰囲気のある写真が撮れました。

タスマニア写真撮影ツアー ベイ・オブ・ファイヤーズルークのベイ・オブ・ファイヤーズ写真撮影ツアーでは、ビーチだけではなくセントコロンバの滝も訪れます。そこでは森林やキノコなども見れますので、被写体にはバラエティーがあります。

タスマニア写真撮影ツアー セントコロンバの滝タスマニア写真撮影ツアー キノコ今回はプライベートツアーでしたので、お客様の希望で、普段は含まれていないラベンダーファームにも寄りました。ラベンダーアイスクリームとのこのショット、いい感じですよね。

タスマニア写真撮影ツアー ブリッドストウラベンダーファーム帰りは少し雨に降られましたが、そのおかげでこんなにきれいな虹を見ることができました。

タスマニア写真撮影ツアー 虹ベイ・オブ・ファイヤーズ、せっかく行くならぜひぜひゆっくりしていただきたい場所です。青い海、白い砂浜を見ながら、日常を忘れてリラックスするのも良い休日の過ごし方ではないでしょうか?写真に興味のある方は、ルークの写真撮影ツアー、ぜひご検討ください。