ドナギーズヒル展望台:フランクリンゴードンワイルドリバーズ国立公園

タスマニア島の面積の約22%は世界遺産(複合)に指定されています。このタスマニア原生地域世界遺産は道路があまり通っておらず、何日間もかけて歩かないと入れない部分がほとんどです。州都ホバートから西海岸にあるストローンの町をつないでいる道路がメインの道路ですが、この道路沿いのセントクレア湖を過ぎたところに、いくつかショートウォークがあります。そのうちの一つドナギーズヒル展望台は道路沿いの駐車場から往復45分ほどのショートウォークです。天気のいい日はこの展望台から見える景色はすばらしいです。

ドナギーズヒル展望台:フランクリン-ゴードンワイルドリバース国立公園

ドナギーズヒル展望台:フランクリン-ゴードンワイルドリバース国立公園

ドナギーズヒル展望台ルート案内

ウォークのほとんどは森の中なので、歩いている途中で遠くの景色は見えません。春や夏はお花を探しながら歩くのもいいでしょう。最初の方はユーカリやティーツリーなどの森ですが、少し歩くと木の種類が変わってきます。雨林の木も育つ、入るとちょっと涼しい感じがする森の中も通るコースです。

ドナギーズヒル展望台:フランクリン-ゴードンワイルドリバース国立公園

ドナギーズヒル展望台:フランクリン-ゴードンワイルドリバース国立公園

しばらくすると、急に景色が開けてきます。タスマニアの大自然を感じられる瞬間です!上の写真は北西の眺め。下の写真はフレンチマンズキャップを含む南西の眺めです。

ドナギーズヒル展望台:フランクリン-ゴードンワイルドリバース国立公園

ドナギーズヒル展望台:フランクリン-ゴードンワイルドリバース国立公園

フレンチマンズキャップハイキング

フレンチマンズキャップまで歩くには最低2泊3日必要です。山小屋もありますが、基本的には自分の寝袋や食べ物などを全部自分で運んでいかなければいけません。今年コースが新しくなったので少し歩きやすくなったようですが、フレンチマンズキャップまで歩こうと思ったら、かなりきちんとした装備が必要です。経験者向けのコースです。

ドナギーズヒル展望台:フレンチマンズキャップ

ドナギーズヒル展望台:フレンチマンズキャップ

ブッシュウォーキングの注意点:蛇

蛇

タスマニアには蛇は三種類しかいませんが、全部毒蛇です。ハイキング中に蛇を見たら絶対に近づかないでください。

 

クレイドルマウンテン山頂ハイキング

久しぶりの長いお休みに、クレイドルマウンテン山頂ハイキングやってきました!お天気は快晴で、日焼けしないようにするのが大変でした。顔、首、腕は気をつけていましたが、あまりにも暑くてパンツをまくって足を出していたら、ふくらはぎにくっきりと靴下の跡が。。。失敗!タスマニアの強い太陽には油断禁物です。

私たちはマリオンズ展望台を通って山頂へ向かい、帰りはホーストラックを通って帰ってきました。下の写真は最初の休憩場所、クレーター湖です。本当は氷河湖ですが、クレーター湖のように見えることからこの名前がついたとか。。

クレイドルマウンテン山頂ハイキング・クレーター湖

クレイドルマウンテン山頂ハイキング・クレーター湖

マリオンズ展望台でも一枚。クレイドルマウンテンがきれいに見えて、最高の眺めでした。この日はお休みだし、お天気が良かったこともあって、かなりたくさんの人がハイキングを楽しんでいました。日本人の方にも結構会いました。このマリオンズ展望台までで、引き返していく人もたくさんいましたが、私たちはまた先のクレイドルマウンテン頂上を目指して歩き続けました。

クレイドルマウンテン山頂ハイキング・マリオンズ展望台

クレイドルマウンテン山頂ハイキング・マリオンズ展望台

クレイドルマウンテンより先のバーンブラフが見えてきました!

クレイドルマウンテン山頂ハイキング

クレイドルマウンテン山頂ハイキング

キッチンハットを過ぎると登りが始まります。かなり急な登りなのが、下の写真からわかってもらえるでしょうか?最後の方にはロッククライミングって感じの場所も数箇所あり、私の短い足では上り下りにとても苦労した場所がありました。両手両足全部使って登りました。それはそれでとても楽しかったですが、このコースは絶対一人では行かないほうがいいですね。

クレイドルマウンテン山頂ハイキング

クレイドルマウンテン山頂ハイキング

頑張った甲斐がありました。山頂からの眺めは最高です。下は東側の景色です。

クレイドルマウンテン山頂ハイキング

クレイドルマウンテン山頂ハイキング

こちらは南側の景色。オーバーランドトラックが真ん中に見えています。後ろの山がバーンブラフ。オーバーランドトラックを歩く人の次の目的地ですね。

クレイドルマウンテン山頂ハイキング

クレイドルマウンテン山頂ハイキング

山頂でかなりゆっくりしてしまったので、帰りはちょっと急ぐ羽目になってしまいましたが、途中クレーター湖を上から見下ろせる場所でまた少し休憩。その後まっすぐロニークリークの駐車場へ戻ってきました。ルークが途中たくさん写真を撮ったので、全部で9時間かかりました。この後はまっすぐロッジのパブへ向かって、ビールとディナーでお疲れパーティー。いや~、最高でした!

クレイドルマウンテン山頂ハイキング

クレイドルマウンテン山頂ハイキング

この写真はおまけ。前日の夜に撮ったもの。きれいなクレイドルマウンテンのシルエットです。