オーバーランドトラック

今週は月曜日に36度まで気温が上がったかと思えば、火曜日は21度と気温差が激しいホバートです。

変異ウイルスの拡大や緊急事態宣言など、まだまだ世界中が大変な状況ですが、少しでも皆様にきれいな景色を見て心を癒していただきたいと思い、今日はタスマニアのオーバーランドトラックをご紹介したいと思います。

世界中からハイカーが訪れるこのオーバーランドトラックは、5泊6日で65キロの高山地帯を歩くコースです。途中の山々を登ったり、最後にセントクレア湖をフェリーを使わずに歩いたりすれば、100キロを超える距離になることも!ご自分の体力と日程を考慮して、どう歩くかを決めましょう。

オーバーランドトラックはクレイドルマウンテンのロニークリークからスタートし、国立公園内を縦断してセントクレア湖で終了します。タスマニア原生地域世界遺産の中を歩いていきます。スタートとゴール地点の看板です。ウォンバットとカモノハシの形見えますか?かわいいですね。

オーバーランドトラックタスマニアオーバーランドトラックタスマニア氷河によって作られた地形の中、タスマニアの最高峰マウントオッサ(1617m)を含む厳かな岩山、数々の湖沼、ボタングラスの湿原、冷温帯雨林、滝などを見ながら大自然の中を歩いていくのは最高の気分です。人工の物が一切見えない大自然の中を歩いていると、大自然の大きさを感じるとともに自分の、または自分が抱えている悩みの小ささを実感します。人生や価値観を変えるような経験になることは間違いなしです。以下いくつか写真を載せますので、お楽しみください。

オーバーランドトラックタスマニア・マリオンズ展望台

マリオンズ展望台からのクレイドルマウンテンとダブ湖の景色

オーバーランドトラックタスマニア

クレイドルマウンテンの後ろにバーンブラフが見えてきます

オーバーランドトラックタスマニア・バーンブラフ

バーンブラフが近づいてきます

オーバーランドトラックタスマニア・パインフォレストモーア

パインフォレストモーア

オーバーランドトラックタスマニア・ぺリオン平原

ぺリオン平原から見るマウントオークリー

オーバーランドトラックタスマニア

冷温帯雨林を流れる川

オーバーランドトラックタスマニア・マウントオッサ

タスマニア最高峰マウントオッサ山頂からの景色

オーバーランドトラックタスマニア・ダルトンの滝

ダルトンの滝

オーバーランドトラックタスマニア

マウントオリンパスが見えてきます

オーバーランドトラックタスマニア・ナルシサス

ナルシサスのフェリー乗り場からの景色

オーバーランドトラックはよく整備されているコースですが、5泊6日を歩くにはある程度の体力が必要となります。また標高737m-1617mの間を歩きますので、どんな天気にも対応できる準備が必要です。タスマニアは夏でも雪が降ることがありますので、夏でも防寒具、雨具の準備は必須です。その他食料や調理道具、寝袋やテントなどを含めると荷物もかなりの重量になります。きちんと計画を立ててから歩くようにしましょう。

またオーバーランドトラックを歩くには予約が必要です。10月1日から5月31日までは入山規制があり、料金も発生します。2021年1月現在の料金は$200+国立公園の入園料です。きちんとパスを付けていないと罰金を取られますので、注意してください。6月~9月は国立公園の入園料だけで歩くことができますが、冬は日も短いですし雪が降る可能性も大。やはり夏に歩くのがお勧めです。

重い荷物を運ぶことが心配な方は、英語ガイド付きでプライベートの山小屋(シャワー、食事、ワイン付き)に泊まる贅沢なツアーもありますので、ご心配なく。通常は20キロ以上の荷物を運ぶのが普通ですが、このツアーに参加すれば、運ぶ荷物の重量を8~9キロ程度にすることができます。食事はガイドさんが美味しい食事を作ってくれますので、それも楽しみの一つです。弊社でも予約の代行を行っています。またスタート地点とゴール地点が異なるコースですので、移動が心配な方は弊社では送迎のサービスも行っています。詳しくはお問い合わせください。

今はまだ先が見えませんが、近い将来皆さんがタスマニアへ来ることができるようにお祈りしています。

 

 

フレシネ国立公園 – Walk and cycle track

オーストラリアは州境の規制もかなり緩和されてきて、タスマニアでも他州からの旅行者を見かけるようになりました。嬉しい限りです。

先日フレシネ国立公園の新しいトラックを歩いてきましたので、今日はそのご紹介をしたいと思います。このトラックはビジターセンター(もしくはレンジャークリーク)からワイングラスベイへのハイキングをスタートする駐車場まで歩いていくコースです。車道の近くを歩くところもあり、車が見えたり車の音が聞こえたりすることもありますが、道はとても歩きやすく気持ちの良い散策コースでした。歩くのはもちろんですが自転車でも通れるコースです。私達は自転車とはすれ違いませんでしたが、左側通行を守って、自転車には注意しながら歩いてください。また2か所車道を渡るところもありますので、そこも注意が必要です。

フレシネ国立公園タスマニア Freycinet walk and cycle track段々とハザードが見えてきます。きれいな景色です。

フレシネ国立公園タスマニア Freycinet walk and cycle trackフレシネ国立公園タスマニア Freycinet walk and cycle track途中お花や鳥を見ながら歩きました。今回はラッキーにもハリモグラにも遭遇しました。

フレシネ国立公園タスマニア Freycinet walk and cycle trackフレシネ国立公園タスマニア Freycinet walk and cycle trackフレシネ国立公園タスマニア Freycinet walk and cycle trackフレシネ国立公園タスマニア Freycinet walk and cycle trackゴールのハイキングコーススタート地点には自転車を止めて置けるラックが設置されています。クジラのデザインでかわいいです。ロックは持参しなければいけないそうですので、自転車で行く方は気を付けてください。

フレシネ国立公園タスマニア Freycinet walk and cycle track私達は往復歩きましたが、帰りもまたハザードの景色を見ることができました。

フレシネ国立公園タスマニア Freycinet walk and cycle track多少のアップダウンはありますが、とても整備された道で歩きやすく、気持ちの良いコースでした。片道約1時間、往復すれば約2時間かかりますので、更にワイングラスベイ展望台やそれ以上のハイキングを計画している方は時間・体力も併せて計画してください。今まで通り駐車場まで車で行くこともできます。

現在ワイングラスベイ展望台は新しい展望デッキを建設中です。その工事の為今週12月4日まではワイングラスベイ展望台へのトラックは閉鎖していますので、フレシネへの旅行を計画されている方はご注意ください。新しい展望デッキを2つ追加するようで、展望台の部分がループで歩いてこられるようになるそうです。これも楽しみですね。

 

 

 

ライオンロック

タスマニアはオーストラリアで一番南にある州なのは皆さんご存知だと思います。今日はタスマニアの南海岸にあるライオンロックのご紹介です。

オーストラリアで一番南を走る道路を最後まで行くと行きつくのがコックルクリーク (Cockle Creek)という場所です。車で行けるのはここまで。南の海岸線を見るにはここから歩いていかなければいけません。

コックルクリークタスマニア

片道約2時間、ほとんど平坦な道を歩いていきます。木道の部分もたくさんありますが、木道がないところは雨が降った後はぬかるみます。また、平坦とは言ってもかなり人里離れた場所になりますので、行く方はある程度のハイキングの経験が必要だと思います。

タスマニアサウスウェスト国立公園ライオンロックハイキング

ハイキング中、今回は嬉しいサプライズがありました。

何の鳥かわかりますか?これはコトドリ (Lyrebird)という鳥です。オーストラリアの10セント硬貨に描かれている鳥です。タスマニア原産の鳥ではないですが、オーストラリア本土での絶滅を懸念してタスマニアに導入され、現在では野生で生息します。タスマニア内でも生息するエリアは限られ、なかなか野生で見るのは難しい鳥です。ラッキーでした。コトドリはものまねがとっても上手な鳥です。これも他の鳥の鳴き方を真似ているようです。

その後もう少し歩いて、サウスケープベイ (South Cape Bay)に到着です。

サウスケープベイ (South Cape Bay)

そこでこんなサインを見つけました。

サウスケープベイ (South Cape Bay)

オーストラリア最南端ですと書いてあります。写真で見てもわかる通り、更に南に岬(サウスイーストケープ)が見えますが、そこまで歩いていくトラックはないので、普通の人が行けるのはここまでという意味になるんだと思います。オーストラリアのような大きな国の端っこにいるというのもおもしろい感覚です。この海の先はもう南極です。

ここからビーチに沿って更に15分程歩いていくと、ライオンロックに到着です。どうしてライアンロックと呼ばれているのかは一目瞭然だと思います。ライオンが伏せているように見えますよね。

ライオンロックタスマニア

実はこの岩結構薄くて、角度が変わると全然見え方が違います。もう少し先まで歩いてみてください。これもおもしろいです。

ライオンロックタスマニア

他にはそんなに人がいなくて、大自然を存分に楽しむことができました。ゆっくりと景色を楽しんだ後は同じ道を歩いて駐車場まで戻ります。海岸でキャンプをしても良いですし、ホバートからなら長い一日にはなりますが、日帰りも無理ではありません。お勧めのハイキングコースの一つです。

ケープ・ホイ (Cape Hauy)

10年以上ぶりにタスマン半島にあるケープ・ホイ(Cape Hauy)を歩いてきました。昔の記憶と比べると、トラックはとてもきれいに整備されていて歩きやすかったですが、階段ばかりでちょっと大変でした。Fortescue Bayからスタートします。

タスマン国立公園ケープ・ホイハイキング

途中咲き始めた春のお花をたくさん見ることができて、写真ストップを入れながらのハイキング。蘭の花も見ることができました。

Mayfly OrchidGreenhood Orchid約1時間半でこの分岐点に到着。写真ストップを入れなければもう少し早く到着できますが、せっかくなのでゆっくりと周りの景色を楽しみながら歩きました。Three Capes Trackを歩いている人たちはここに大きなバックパックを置いてケープ・ホイに向かいます。

タスマン国立公園ケープ・ホイハイキングここからは1時間かからないでケープ・ホイまで行くことができます。ケープ・ホイ見えてきました。まだまだ登り下りがあります。

タスマン国立公園ケープ・ホイハイキング遠くにケープ・ピラーも見えてきました。

タスマン国立公園ケープ・ホイハイキングそんなに大きくはないですが、フェンス付きの展望台があり、ここがゴール。下を見るとこんなに高いですからフェンスはグッドアイデアです。

タスマン国立公園ケープ・ホイハイキング

周りの景色をビデオに撮ってみましたので、ご覧ください。

この断崖絶壁を下から見上げることができる3時間のクルーズ(Tasman Island Cruise)があるのですが、ちょうどそのクルーズが下を通りました。みんな手を振ってくれました。

タスマンアイランドクルーズゆっくり景色を楽しんだ後は、同じ道を歩いてFortescue Bayへ戻ります。往復4時間のコースですが、写真を撮ったりゆっくりランチを食べたりして、私達は5時間半弱で車に戻ってきました。長すぎず短すぎず、ちょうど良い日帰りハイキングスポットだと思います。

このコースは2015年にオープンしたThree Capes Track(3泊4日)の一部です。日帰りでケープ・ホイまで歩くだけなら国立公園の入園料のみで大丈夫ですが、Three Capes Trackを歩く場合には予約が必要となり、料金が発生しますのでご注意ください。

ドナギーズヒル展望台:フランクリンゴードンワイルドリバーズ国立公園

タスマニア島の面積の約22%は世界遺産(複合)に指定されています。このタスマニア原生地域世界遺産は道路があまり通っておらず、何日間もかけて歩かないと入れない部分がほとんどです。州都ホバートから西海岸にあるストローンの町をつないでいる道路がメインの道路ですが、この道路沿いのセントクレア湖を過ぎたところに、いくつかショートウォークがあります。そのうちの一つドナギーズヒル展望台は道路沿いの駐車場から往復45分ほどのショートウォークです。天気のいい日はこの展望台から見える景色はすばらしいです。

ドナギーズヒル展望台:フランクリン-ゴードンワイルドリバース国立公園

ドナギーズヒル展望台:フランクリン-ゴードンワイルドリバース国立公園

ドナギーズヒル展望台ルート案内

ウォークのほとんどは森の中なので、歩いている途中で遠くの景色は見えません。春や夏はお花を探しながら歩くのもいいでしょう。最初の方はユーカリやティーツリーなどの森ですが、少し歩くと木の種類が変わってきます。雨林の木も育つ、入るとちょっと涼しい感じがする森の中も通るコースです。

ドナギーズヒル展望台:フランクリン-ゴードンワイルドリバース国立公園

ドナギーズヒル展望台:フランクリン-ゴードンワイルドリバース国立公園

しばらくすると、急に景色が開けてきます。タスマニアの大自然を感じられる瞬間です!上の写真は北西の眺め。下の写真はフレンチマンズキャップを含む南西の眺めです。

ドナギーズヒル展望台:フランクリン-ゴードンワイルドリバース国立公園

ドナギーズヒル展望台:フランクリン-ゴードンワイルドリバース国立公園

フレンチマンズキャップハイキング

フレンチマンズキャップまで歩くには最低2泊3日必要です。山小屋もありますが、基本的には自分の寝袋や食べ物などを全部自分で運んでいかなければいけません。今年コースが新しくなったので少し歩きやすくなったようですが、フレンチマンズキャップまで歩こうと思ったら、かなりきちんとした装備が必要です。経験者向けのコースです。

ドナギーズヒル展望台:フレンチマンズキャップ

ドナギーズヒル展望台:フレンチマンズキャップ

ブッシュウォーキングの注意点:蛇

蛇

タスマニアには蛇は三種類しかいませんが、全部毒蛇です。ハイキング中に蛇を見たら絶対に近づかないでください。

 

クレイドルマウンテン山頂ハイキング

久しぶりの長いお休みに、クレイドルマウンテン山頂ハイキングやってきました!お天気は快晴で、日焼けしないようにするのが大変でした。顔、首、腕は気をつけていましたが、あまりにも暑くてパンツをまくって足を出していたら、ふくらはぎにくっきりと靴下の跡が。。。失敗!タスマニアの強い太陽には油断禁物です。

私たちはマリオンズ展望台を通って山頂へ向かい、帰りはホーストラックを通って帰ってきました。下の写真は最初の休憩場所、クレーター湖です。本当は氷河湖ですが、クレーター湖のように見えることからこの名前がついたとか。。

クレイドルマウンテン山頂ハイキング・クレーター湖

クレイドルマウンテン山頂ハイキング・クレーター湖

マリオンズ展望台でも一枚。クレイドルマウンテンがきれいに見えて、最高の眺めでした。この日はお休みだし、お天気が良かったこともあって、かなりたくさんの人がハイキングを楽しんでいました。日本人の方にも結構会いました。このマリオンズ展望台までで、引き返していく人もたくさんいましたが、私たちはまた先のクレイドルマウンテン頂上を目指して歩き続けました。

クレイドルマウンテン山頂ハイキング・マリオンズ展望台

クレイドルマウンテン山頂ハイキング・マリオンズ展望台

クレイドルマウンテンより先のバーンブラフが見えてきました!

クレイドルマウンテン山頂ハイキング

クレイドルマウンテン山頂ハイキング

キッチンハットを過ぎると登りが始まります。かなり急な登りなのが、下の写真からわかってもらえるでしょうか?最後の方にはロッククライミングって感じの場所も数箇所あり、私の短い足では上り下りにとても苦労した場所がありました。両手両足全部使って登りました。それはそれでとても楽しかったですが、このコースは絶対一人では行かないほうがいいですね。

クレイドルマウンテン山頂ハイキング

クレイドルマウンテン山頂ハイキング

頑張った甲斐がありました。山頂からの眺めは最高です。下は東側の景色です。

クレイドルマウンテン山頂ハイキング

クレイドルマウンテン山頂ハイキング

こちらは南側の景色。オーバーランドトラックが真ん中に見えています。後ろの山がバーンブラフ。オーバーランドトラックを歩く人の次の目的地ですね。

クレイドルマウンテン山頂ハイキング

クレイドルマウンテン山頂ハイキング

山頂でかなりゆっくりしてしまったので、帰りはちょっと急ぐ羽目になってしまいましたが、途中クレーター湖を上から見下ろせる場所でまた少し休憩。その後まっすぐロニークリークの駐車場へ戻ってきました。ルークが途中たくさん写真を撮ったので、全部で9時間かかりました。この後はまっすぐロッジのパブへ向かって、ビールとディナーでお疲れパーティー。いや~、最高でした!

クレイドルマウンテン山頂ハイキング

クレイドルマウンテン山頂ハイキング

この写真はおまけ。前日の夜に撮ったもの。きれいなクレイドルマウンテンのシルエットです。