雪のクレイドルマウンテン

あっという間に4月も半ばになりました。夏時間も終わり、今日のホバートの日の入りの時間は17:37です。暗くなるのが早いと段々と寂しくなりますが、タスマニアの秋はこれからです。もう少し楽しみたいと思います。

先日久しぶりにクレイドルマウンテンに行ってきました。前日が雪だったので、お天気を心配しながら行きましたが、なんと青空も見えて気持ちよくハイキングを楽しむことができました。

クレイドルマウンテンのビジターセンターは、コロナウイルスが蔓延する前に新しくなりました。今はこんな感じです。以前にいらしたことがある方は、この変貌ぶりにびっくりされているのではないかと思います(笑)かなりモダンになりました。この建物の更に向こう側にシャトルバス乗り場があるので、国立公園内へはそのシャトルバスで入って行くようになります。

クレイドルマウンテンビジターセンターダブ湖のそばでは、以前駐車場だったところに現在展望シェルターを建設中です。当初の予定ではそろそろ完成するはずだったのですが、工事は延長になり春先までかかるようです。ハイキングコースからズームで写真を撮ってみました。現在はこんな感じです。人工的なものがない方が良かったような気もしますが、クレイドルはお天気が悪いときも多いので、そんな時に雨風をしのげる建物があるのは重宝するかもしれませんね。建物の中からクレイドルマウンテンの景色を楽しむことができるようになります。(山が雲に隠れていなければ、の話ですが。。。)

クレイドルマウンテン新展望シェルターさて今回も久しぶりにダブ湖周遊ハイキングを歩いてきました。前日の雪が結構残っていました。

クレイドルマウンテンダブ湖周遊ハイキング雪化粧のクレイドルマウンテンはとてもきれいです。氷河岩からは虹も見ることができました。

クレイドルマウンテンダブ湖周遊ハイキングクレイドルマウンテンダブ湖周遊ハイキング真下から見上げるクレイドルマウンテン、いつ見てもいいですね。

クレイドルマウンテンダブ湖周遊ハイキングオーストラリア原産の植物では唯一の落葉樹ファガスも、段々と黄葉が始まっていました。もう少しですね。4月24日~5月8日までクレイドルマウンテンホテルがファガスフェスティバルを行っています。うちのルークが初日(4月24日)に写真のワークショップを行いますので、興味のある方はぜひこちらご覧になってみてください。もう残席わずかです。

クレイドルマウンテンダブ湖周遊ハイキング私達はシーズン中は頻繁に行くクレイドルマウンテンですが、コロナウイルスのせいで最近は少し足が遠のいていました。でも久しぶりのクレイドルマウンテンは、やっぱりとても良かったです。空気もきれいだし、自然の景色やにおいの中で心が洗われるような感じがします。早くこの経験を皆さんとシェアすることができる日が戻ってきますように、と願わずにはいられません。

クレイドルマウンテン

Cradleとは“ゆりかご”と言う意味があるのを皆さんご存知でしょうか。ここクレイドルマウンテンの山頂をダブ湖から見上げるとその意味がよくわかります。赤ちゃんがゆりかごに入っているように見えますね。

クレイドルマウンテン、タスマニア

クレイドルマウンテン、タスマニア

ゆりかごマウンテン

そんなクレイドルマウンテン一帯は1982年に世界の複合遺産として登録されています。この地域はまさしく自然の楽園。壮大な自然、太古の原生林、そして数えきれないほどの世界でも珍しい有袋動物や単孔類の宝庫です。また、たくさんの鳥たちが訪れます。

ワラビー

ウォンバット

天気の良い日には壮大なクレイドルマウンテンが。雨の日にはとても幻想的な太古の森のような景色が。また、Overland Trackという世界遺産内を6日間かけて縦断するコースもあり、それこそ手つかずの大地を肌で感じることが出来ます。

オーバーランドトラック

たくさんの表情を持つCradle Mt – Lake St Clair 国立公園は訪れる人々を魅了してやみません。

ドナギーズヒル展望台:フランクリンゴードンワイルドリバーズ国立公園

タスマニア島の面積の約22%は世界遺産(複合)に指定されています。このタスマニア原生地域世界遺産は道路があまり通っておらず、何日間もかけて歩かないと入れない部分がほとんどです。州都ホバートから西海岸にあるストローンの町をつないでいる道路がメインの道路ですが、この道路沿いのセントクレア湖を過ぎたところに、いくつかショートウォークがあります。そのうちの一つドナギーズヒル展望台は道路沿いの駐車場から往復45分ほどのショートウォークです。天気のいい日はこの展望台から見える景色はすばらしいです。

ドナギーズヒル展望台:フランクリン-ゴードンワイルドリバース国立公園

ドナギーズヒル展望台:フランクリン-ゴードンワイルドリバース国立公園

ドナギーズヒル展望台ルート案内

ウォークのほとんどは森の中なので、歩いている途中で遠くの景色は見えません。春や夏はお花を探しながら歩くのもいいでしょう。最初の方はユーカリやティーツリーなどの森ですが、少し歩くと木の種類が変わってきます。雨林の木も育つ、入るとちょっと涼しい感じがする森の中も通るコースです。

ドナギーズヒル展望台:フランクリン-ゴードンワイルドリバース国立公園

ドナギーズヒル展望台:フランクリン-ゴードンワイルドリバース国立公園

しばらくすると、急に景色が開けてきます。タスマニアの大自然を感じられる瞬間です!上の写真は北西の眺め。下の写真はフレンチマンズキャップを含む南西の眺めです。

ドナギーズヒル展望台:フランクリン-ゴードンワイルドリバース国立公園

ドナギーズヒル展望台:フランクリン-ゴードンワイルドリバース国立公園

フレンチマンズキャップハイキング

フレンチマンズキャップまで歩くには最低2泊3日必要です。山小屋もありますが、基本的には自分の寝袋や食べ物などを全部自分で運んでいかなければいけません。今年コースが新しくなったので少し歩きやすくなったようですが、フレンチマンズキャップまで歩こうと思ったら、かなりきちんとした装備が必要です。経験者向けのコースです。

ドナギーズヒル展望台:フレンチマンズキャップ

ドナギーズヒル展望台:フレンチマンズキャップ

ブッシュウォーキングの注意点:蛇

蛇

タスマニアには蛇は三種類しかいませんが、全部毒蛇です。ハイキング中に蛇を見たら絶対に近づかないでください。

 

ターカイン

古代の森やボタングラスの湿原など、素晴らしい大自然に囲まれたエリア、ターカイン。タスマニアの北西に位置し、クレイドルマウンテンへの旅行の延長で訪れてみるも良し、ターカインだけで何日間かゆっくりしても良しの最高の場所です。

ターカイン原生林タスマニア

ターカイン原生林タスマニア

ターカインに行くならぜひぜひ訪れて頂きたいのが”フィロソファーの滝”です。ワラタの町の近くにあり、短くて比較的簡単なウォークです。簡単とは言っても、最後には結構な階段がありますので、そこは覚悟して行って下さい!滝自体もとってもきれいですが、その周りのダークグリーンのタスマニアの冷温帯雨林もなかなかの見ものです。

タスマニアの滝 フィロソファ滝 ターカイン

タスマニアの滝 フィロソファ滝 ターカイン

フィロソファーの滝のウォーキングトラックは新しくきちんと整備されていますが、ターカインの森のほとんどはきちんとしたウォーキングトラックのない、本物の未開の地といった感じの場所です。簡単に迷ってしまいますので、ここは十分な注意が必要です。タスマニアでしか見ることのできない植物ホリゾンタルもターカインに行ったら一見の価値ありですが、ホリゾンタルの森の中を歩くのはかなり大変です。名前の通り、そして下の写真を見てもわかる通り、ホリゾンタルは大きくなると横に成長していきます。そして私たちの行く手を遮ってしまうんですね。ホリゾンタルの森を通り抜けるには枝を越えたりくぐったり、最後は四つんばいになって歩いていることもあるくらいです。ホリゾンタルと奮闘しているうちに方向がわからなくなってしまうこともありますから、そんな危険がありそうなときは引き返すのも一つの手段だということをお忘れなく。タスマニアの森を甘く見てはいけませんよ。

タスマニア植物 ホリゾンタル ターカイン

タスマニア植物 ホリゾンタル ターカイン

ワラタからコリナまでの約90分のドライブは景色も素晴らしく、山々の連なりや、深い谷、独特のボタングラスの湿原などを見ることができます。

タスマニア植物 ボタングラス ターカイン

タスマニア植物 ボタングラス ターカイン

コリナでは、タスマニアの有名なヒューオンパインから作られたボートで、パイマンリバークルーズも楽しみます。その後は、”ロングバック”などのショートウォークをお楽しみいただきます。

ターカインハイキング ロングバック展望台
ターカインハイキング ロングバック展望台

Leatherwood Tasmania Tours

Hobart, Tasmania

Ph: (61-3) 6231 9964

タスマニア日本語ツアー

オーストラリア観光局公認会社