タスマニアワイナリー:東海岸

12月に入り南半球はもう夏ですが、タスマニアは夏とは思えない寒さです。先週は山の方は雪が積もっていました。今日も長袖の一日ですが、週末からは暑くなるようです。

今日はタスマニア東海岸にあるワイナリーを2つご紹介したいと思います。ホバートからフレシネ国立公園に向かう途中にあるワイナリーです。ツアーでは行程が詰まっているので前を素通りしてしまうことが多いワイナリーですが、実はタスマニア産のワインとても美味しいです。東海岸に限らず、コールバレーやテイマーバレーなど、お勧めしたいワイナリーは他にもたくさんあります。興味がある方は、チャーターツアーのお手配可能ですので、ぜひご連絡下さい。

今日のまず1つ目のワイナリーはSpring Valeです。

タスマニアワイナリー Spring ValeSpring Valeのセラードアは昔の厩舎を改装した建物で、とても雰囲気があります。

タスマニアワイナリー Spring ValeSpring Valeの敷地内にはMel’s Kitchenというレストランがあります。今回はこのレストランも目的の一つでした。イベント用のテントのようなセットアップですが、なかなかしっかりしていて落ち着きます。

タスマニアワイナリー Spring Valeタスマニアワイナリー Spring Valeレストランではワインは販売していないので、ランチと一緒にワインを飲む場合には、先ほどのセラードアに行ってワインを購入してきます。テイスティングができるので、いいですね。もちろんグラスで購入もできますので、ランチでボトルを開ける必要はありません。ちなみにジンもありました。

レストランは、スタッフはとても親切でランチもとても美味しかったです。普段あまり食べないデザートまで食べましたが、私達が頼んだチーズケーキは甘すぎず、日本人の口にも十分合うかなり満足なお味でした。

タスマニアワイナリー Spring Valeタスマニアワイナリー Spring Valeタスマニアワイナリー Spring Vale次に寄ったのは、Spring Valeからは車で5分もかからないくらいの場所にあるGala Estateです。

タスマニアワイナリー Gala Estateここはレストランはありませんが、親切で博識なスタッフの方がテイスティングをしてくれて、とても楽しい時間を過ごせました。タスマニアの赤ワインというとピノノアールが主流になります。寒い気候がピノノアールの栽培に適しているからです。でもGala Estateではピノノアールはもちろんですが、なんとシラーを作っているんです。シラーはもっと暖かいところで作られるイメージだったので、私は少し驚きました。タスマニアでは珍しいので、購入してきました:) 白ワインではリーズリング、ソーヴィニヨンブラン、シャルドネをテイスティングしましたし、ロゼもありました。

タスマニアワイナリー Gala Estateタスマニア産のワインはお値段的には安くないので少し贅沢な娯楽ですが、ワイナリー巡りは私は大好きな休日の過ごし方の一つです。機会があったらタスマニア産のワイン、ぜひお試しください。

来シーズン(2020-21)に向けて日本語ガイド募集中!

タスマニアが大好きな方、私達と一緒に日本人のお客様のご案内をしませんか?観光業経験者優遇ですが、未経験でもやる気がある方まずはご連絡ください。適任者にはトレーニングいたします。ドライバーガイド、ハイキングガイドができる方、永住権保有者、ご連絡お待ちしています。

Leatherwood Tasmania Tours

Hobart, Tasmania

email: info@leatherwoodtasmania.com.au

Ph: (03) 6231 9964

タスマニアグルメ: ブルニーアイランドワイン

ブルーニー島の北側にあるフェリーターミナルから車で45分ほど行ったところにあるのが、この”Bruny Island Premium Wines” というワイナリーです。Lunawanna(ルナワナ)という町にあるこのワイナリーは、オーストラリアで一番南に位置するワイナリーなんだそうです。1998年に2500本のPinot Noirのぶどうの木と1500本のChardonnayのぶどうの木からスタートしたこのワイナリー、今では6000本までぶどうの木増えたそうです。

タスマニアグルメ: ブルニーアイランドワイン ブルニー島

タスマニアグルメ: ブルニーアイランドワイン ブルニー島

とってもお天気のいい9月のある週末、ランチタイムはとっくに過ぎていましたが、せっかくなのでちょっとワイン休憩をしてみました。Sauvignon BlancとChardonnayで乾杯。ワインもとってもおいしかったですが、それに加えて、ちょっとしたおつまみにと注文したマッシュルームとチキンが大ヒットでした。とってもおいしくて、他のメニューも試してみようかと思いましたが、15:00という時間を考えてそれは断念。でも本当においしくてワインがすすみました。

タスマニアグルメ: ブルニーアイランドワイン ブルニー島

タスマニアグルメ: ブルニーアイランドワイン ブルニー島

時期的に(9月はまだタスマニアの観光シーズンには早いですね)、また時間帯的に、人は少なかったですが、その分ゆっくり気持ちよくワインとおつまにをエンジョイすることができました。日本だったらこんな素敵なところは人にあふれているだろうな~なんて考えながら、素敵な週末を過ごしてきました。ここのワイナリーは11:00~17:00まで毎日開いているそうですので、ブルーニー島に行く機会があったらぜひお試しください。お勧めです!(営業時間は変更になる可能性がありますので、行く前には一度調べてみてください。)

タスマニアグルメ: ブルニーアイランドワイン ブルニー島

タスマニアグルメ: ブルニーアイランドワイン ブルニー島

ワイナリーの詳しい情報はこちら(英語)

タスマンアイランドクルーズ タスマン国立公園

ホバートからの日帰り旅行をお探しの方、タスマン半島のタスマンアイランドクルーズがお勧めです!水面から見上げる切り立った岸壁は絶景。タスマン国立公園の特徴でもある海に面した断崖絶壁を存分に楽しめます。大自然の迫力を肌で感じることができます。

タスマンアイランドクルーズ タスマン国立公園

タスマンアイランドクルーズ タスマン国立公園

 

黄色いジェットボートで、時にはものすごいスピードで移動しますが、見所では必ず止まってくれます。また両側のお客様がみんな写真を撮れるように船を回してもくれます。サービスも満点です。下の写真は洞窟。その日のお天気やコースなどによって多少の違いは出てくるでしょうが、大きな洞窟の中にはちょっと中まで船で入ってくれたりもします。

タスマンアイランドクルーズ タスマン国立公園

タスマンアイランドクルーズ タスマン国立公園

アザラシや海鳥など、海の動物に出会えるチャンスも大です。時期によってはクジラを見れる可能性もあり。チャンスがあれば、沖まで探しに出てくれます。みんなでクジラの吹く潮を探しましょう。クジラはタスマニア沿岸に生息しているわけではなく、南極と本土の間を移動するときにタスマニア沿岸を通るので、その時期だけ見れるチャンスが出てきます。

タスマンアイランドクルーズ タスマン国立公園

タスマンアイランドクルーズ タスマン国立公園

海に流れ出る滝も見ることができます。この場所はその名も、Waterfall Bay。この滝は水の少ない夏には乾いてしますが、水の跡は見ることができます。

タスマンアイランドクルーズ Waterfall Bay

タスマンアイランドクルーズ Waterfall Bay

全部で3時間ほどのクルーズです。長いですが、とてもエキサイティングなクルーズなので、飽きることはないです!船酔いが心配な方、クルーズが始まる前に酔い止めも配ってくれますので、ある程度までは大丈夫ですが、あまりにも乗り物酔いがひどい方は、ご自分で通常服用しているお薬をお持ちになることをお勧めします。また海に出れば寒いので、防寒着も必要です。一番上に着る防水のジャンパー(季節によってタイプは変わります。)は、クルーズ会社で貸してくれますので、そこはご心配なく。同じ会社がブルーニー島からもクルーズを出しています。どちらも素晴らしいので、チャンスがある方はぜひぜひお試し下さい。

タスマニア高山植物・ワラタ

タスマニアのワイルドフラワーは小さくて可憐なお花が多いですが、このタスマニアンワラタは見事です!毎年12月に咲くこのワラタ、色といい大きさといいとても鮮やかで、タスマニアのワイルドフラワーの代表格と言って間違いないでしょう。私が持っているタスマニアの植物の本の表紙にもなっています。日本のひがん花を思わせますよね。下の写真はホバート近郊のマウントウェリントンで撮ったもの。

タスマニア高山植物・ワラタ

タスマニア高山植物・ワラタ

クロースアップも素敵ですね。

タスマニア高山植物・ワラタ

タスマニア高山植物・ワラタ

実物のワラタをご覧になりたい方は、ぜひ当社のクレイドルマウンテンツアーにご参加ください。12月が一番お勧め。ゆっくりハイキングをしながらワイルドフラワー鑑賞を楽しみましょう。ちなみにワイルドフラワーとは自生しているお花の総称です。ワイルドフラワーという名のお花はありませんので、お間違えなく。時間に限りのあるお客様はマウントウェリントンに行く日帰りのツアーでもワラタを見れます。車窓からになってしまいますが。。。

タスマニア高山植物・ワラタ

タスマニア高山植物・ワラタ

 

1 2 3