新ワイングラスベイ展望台

イースターが終わり、本来ならもう少し寒くなっても良いタスマニアですが、今日もまだまだ暖かいです。予想最高気温は23度ですが、もう少し暑いような気がします。きっと晴れているからですね。タスマニアは太陽が出ていると体感温度が全然違います。今年は比較的寒い夏だったので、この暑さを思い切りエンジョイしたいと思います。

ブログポストがしばらく途絶えてしまいましたが、少し忙しい毎日を送っていました。最近になり、オーストラリア本土からタスマニアへ遊びに来てくださる日本人が増えてきました。英語ができる方が多い中、日本語ツアーに参加していただき、ありがとうございます。私達は日本人なりのサービスで、言葉だけではなく、安心してお楽しみ頂けるツアーの提供を心掛けています。ツアーに興味のあるお客様はこちらからどうぞ。

今回のお客様達には、新しいワイングラスベイ展望台から青空のもときれいなワイングラスベイをご覧いただくことができました。

変わったのは展望台周辺だけなので、入り口もウォーキングトラックも今までと一緒です。入り口には今まで通りこの地図があります。

ワイングラスベイ展望台ハイキングタスマニア今までは展望台は一つしかなく繁忙期はかなり混雑しましたが、今は展望台がいくつかできて、周遊できるような形になりました。いくつか違うポイントからワイングラスベイを見ることができますし、何より人が流れる作りになっているので、かなり混雑が解消できると思います。

最初の展望台からの景色です。今までの展望台よりは少し低いですが、こんなにきれいに見えます。

ワイングラスベイ展望台ハイキングタスマニアワイングラスベイ展望台ハイキングタスマニアそして上の写真にある歩きやすい通路を歩いていくと、次の展望台に。

ワイングラスベイ展望台ハイキングタスマニアその後は少し階段を登ります。そこからも振り向けばワイングラスベイが見えます。

ワイングラスベイ展望台ハイキングタスマニアそして最後に今までの展望台に着きます。ここの写真は撮り忘れたので下は古い写真です。

ワイングラスベイ展望台ハイキングタスマニアまだまだ海外からのお客様は難しいですが、オーストラリア国内ではたくさんの人が旅行を始めています。タスマニア政府も設備をアップグレードして、もっとたくさんのお客様をお迎えできるように頑張っています。早く皆さんが安心してタスマニアへ旅行に来られる日が来ることを祈っています。

タスマニア主要観光地

新年明けましておめでとうございます。

皆様はどんなお正月を迎えられましたか?

私達はこちらでは恒例の花火で2020年にさよならをし、新たな希望を持って2021年を迎えました。もちろん大晦日の夜中12時に花火が上がるのですが、子供用に9:30~も上げてくれるので、夜更かしが苦手な私達は9:30~の花火を見学しました。

花火タスマニア花火タスマニア2021年は何とかウイルスに打ち勝ち、また世界中の人たちが国境を越えて自由に行き来ができるようになることを心よりお祈りし、今日はタスマニアの主要観光地をご案内したいと思います。

クレイドルマウンテン

クレイドルマウンテンツアータスマニアクレイドルマウンテンツアータスマニアタスマニアでは一番有名な場所と言っても過言ではないと思います。タスマニア原生地域世界遺産に含まれる、大自然を肌で感じることができる場所です。運が良ければ、野生の動物にも出会えます。

ワイングラスベイーフレシネ国立公園

フレシネ国立公園ツアータスマニア・ワイングラスベイフレシネ国立公園ツアータスマニア・ハネムーンベイ綺麗な曲線が印象的なワイングラスベイ。展望台まではハイキングが必要ですが、年末には展望台も新しくなり、さらに楽しめそうです。フレシネ国立公園へ近づくと見えてくるハザードと呼ばれる山の連なりも圧巻の景色です。

マウントフィールド国立公園

マウントフィールド国立公園ツアー・ラッセルの滝マウントフィールド国立公園ツアー・シダの木落差40メートルのラッセルの滝が一番の見ものになりますが、大きなシダの木や背の高いユーカリの木を見ながらのそこまでのハイキングもとても気持ちが良いです。国立公園内の高度によって変わっていく景色、植生も興味深いです。

ポートアーサー

ポートアーサーツアータスマニア2010年に指定されたオーストラリア囚人遺跡群に含まれている昔の刑務所の跡地です。廃墟を見ながらタスマニアの歴史を学ぶことができます。

以上の4つの観光地へは、弊社で日帰りツアーを行っていますので、興味のある方はぜひお問い合わせください。2021年はぜひまた日本から、もしくは他国やオーストラリア本土からの皆様にタスマニアでお会いしたいです。そのためにももう少しウイルスを抑えるために頑張りましょう。今年もよろしくお願いいたします。

ちなみに今回もブログの写真(ポートアーサー以外)はルークの写真を使っています。ルークは風景写真家でもあり、タスマニアで写真撮影ツアーを行っています。ツアー自体は英語ですが、ルークは日本語も堪能ですので、写真に興味のある方はこちらも併せてご覧ください。

 

Facebook!

タスマニアの情報をもっと頻繁にご覧になりたい方は、ぜひ弊社のFacebookのページを”like”してください。

Please like our Facebook page for regular stories and news from Tasmania.

Leatherwood Tasmania Tours

Leatherwood Tasmania Tours – Like us on Facebook!

タスマンアイランドクルーズ タスマン国立公園

ホバートからの日帰り旅行をお探しの方、タスマン半島のタスマンアイランドクルーズがお勧めです!水面から見上げる切り立った岸壁は絶景。タスマン国立公園の特徴でもある海に面した断崖絶壁を存分に楽しめます。大自然の迫力を肌で感じることができます。

タスマンアイランドクルーズ タスマン国立公園

タスマンアイランドクルーズ タスマン国立公園

 

黄色いジェットボートで、時にはものすごいスピードで移動しますが、見所では必ず止まってくれます。また両側のお客様がみんな写真を撮れるように船を回してもくれます。サービスも満点です。下の写真は洞窟。その日のお天気やコースなどによって多少の違いは出てくるでしょうが、大きな洞窟の中にはちょっと中まで船で入ってくれたりもします。

タスマンアイランドクルーズ タスマン国立公園

タスマンアイランドクルーズ タスマン国立公園

アザラシや海鳥など、海の動物に出会えるチャンスも大です。時期によってはクジラを見れる可能性もあり。チャンスがあれば、沖まで探しに出てくれます。みんなでクジラの吹く潮を探しましょう。クジラはタスマニア沿岸に生息しているわけではなく、南極と本土の間を移動するときにタスマニア沿岸を通るので、その時期だけ見れるチャンスが出てきます。

タスマンアイランドクルーズ タスマン国立公園

タスマンアイランドクルーズ タスマン国立公園

海に流れ出る滝も見ることができます。この場所はその名も、Waterfall Bay。この滝は水の少ない夏には乾いてしますが、水の跡は見ることができます。

タスマンアイランドクルーズ Waterfall Bay

タスマンアイランドクルーズ Waterfall Bay

全部で3時間ほどのクルーズです。長いですが、とてもエキサイティングなクルーズなので、飽きることはないです!船酔いが心配な方、クルーズが始まる前に酔い止めも配ってくれますので、ある程度までは大丈夫ですが、あまりにも乗り物酔いがひどい方は、ご自分で通常服用しているお薬をお持ちになることをお勧めします。また海に出れば寒いので、防寒着も必要です。一番上に着る防水のジャンパー(季節によってタイプは変わります。)は、クルーズ会社で貸してくれますので、そこはご心配なく。同じ会社がブルーニー島からもクルーズを出しています。どちらも素晴らしいので、チャンスがある方はぜひぜひお試し下さい。

レザーウッドの花

私達のビジネスネームにも使っているレザーウッド。これはタスマニアの冷温帯雨林にだけ育つタスマニアならではの植物です。この花からとれる蜂蜜がとっても有名です。とってもユニークなタスマニアの味。機会があったらぜひ試してみてください。1月はレザーウッドの花がきれいに咲き誇る時期。ルークが撮った写真を1枚載せます。かわいい花ですよね?

レザーウッドの花

クレイドルマウンテン

タスマニアと聞いて皆さんが最初に思い出すのは、大自然ではないでしょうか。島の20%が世界遺産にも指定されているこのタスマニアですが、そのタスマニアの大自然の象徴にもなっているのが、タスマニアの北西にあるクレイドルマウンテンではないかと思います。もちろんクレイドルマウンテンは世界遺産に入っています。クレイドルって日本語では”(赤ちゃんの)ゆりかご”という意味です。その名前の由来はまさにその形にあります。クレイドルマウンテン、じっくり見てみるとゆりかごに赤ちゃんが寝ているように見えませんか?

クレイドルマウンテン国立公園 世界自然遺産 タスマニア

クレイドルマウンテン国立公園 世界自然遺産 タスマニア

上の写真は去年の9月に撮ったものですが、この日は本当に珍しくクレイドルに風一つなくダブ湖に一筋の波もたつことがなく、完璧な鏡に映ったようなクレイドルのリフレクションを見ることができました。クレイドル周辺は1年のうち3分の2は雨が降っているといわれています。もちろん雨雲があれば山は雲に隠れてしまいますので、クレイドルの山を見ることもできません。とても自然状況の厳しい場所なんですね。もちろんそんな厳しい大自然の中だからこそ、世界遺産にも指定されるような今のクレイドルマウンテンがあるわけなので、見方を変えれば、それが本物のクレイドルマウンテンということにもなりますがね。それを考えるとやっぱり上の写真のようなクレイドルを見れるって珍しいんです。私たちはクレイドルには何十回も行ったことがありますが、こんな素晴らしいリフレクションは記憶にありません!本当に鏡みたいですよね?また雪化粧したクレイドルもきれいですね。岩肌のクレイドルとは一味違います。

こんなすばらしいクレイドルを見れるかどうかは皆さんの運次第ですが、クレイドルのツアーに興味のある方は、ここをクリックしてください

1 2