リフィーの滝(Liffey Falls)

先週は心配した南オーストラリア州のクラスターですが、(もちろん油断は禁物ですが)あまり大きく広がることもなく、予定より早く南オーストラリア州のロックダウンは終了しました。またメルボルンも24日間連続で新しい感染者数は0(11月24日現在)。11月23日にはシドニーがあるニューサウスウェールズ州とメルボルンがあるビクトリア州の州境も再開し、オーストラリアは嬉しいニュースが続きます。

今日はタスマニア第2の都市ロンセストンから車で約1時間の場所にあるリフィーの滝のご紹介です。タスマニアには綺麗な滝がたくさんありますが、その中でも上位に入る滝だと思います。日本人の間で一番有名なタスマニアの滝は、マウントフィールド国立公園にあるラッセルの滝だと思いますが、このリフィーの滝もラッセルの滝に負けない美しさです。

リフィーの滝へ歩くには駐車場が2つありますが、私達は上の駐車場から歩きました。ここからは往復約2キロ、45分のハイキングです。行は下りで、帰りは登りになります。普段歩き慣れない方には帰りは少し大変かもしれませんが、大きなシダの木がある森林の中を歩いていく、とても気持ちの良いハイキングですし、段々近づいてくる水の音、途中聞こえる鳥のさえずりなど、楽しみもたくさんあります。少し頑張ってみる価値はあります。
リフィーの滝タスマニア
リフィーの滝タスマニア途中いくつか小さな滝が見れますが、ゴールはここ。段になって流れているリフィーの滝。絶景です!心が洗われるとはこういうことを言うんだなと感じます。ちなみにこのリフィーの滝もタスマニア原生地域世界複合遺産に含まれている場所です。

リフィーの滝タスマニア

リフィーの滝タスマニア途中トラックから逸れて川岸に降りていける場所もありますが、足元には十分気を付けてください。足を滑らせて川に落ちた人を私は目撃しました。足だけでしたが、濡れた靴で帰り歩くのは気持ち悪かったのではないかと思います。ここでのランチも考えましたが、石や木が濡れていてちょうど良い座れる場所を探せなかったので、私達は少し戻って上の小さな滝でランチを食べることにしました。

ここは平らで川のすぐそばに座れるので、ランチを食べるにはちょうど良かったですが、濡れているときには滑ると思いますので、要注意です。

リフィーの滝タスマニアもう少し戻ったところで私達はカモノハシを見たことがあります。とてもリラックスしたカモノハシで、逃げることなくビデオを撮ることができました。必ず見れる約束はできませんが、ラッキーな方は、リフィー川でカモノハシに出会えるチャンスもあります。

あとは同じ道を歩いて駐車場に戻ります。そんなに大きな駐車場ではないですが、お休みの日は車がいっぱいになる地元の人達にも人気の滝です。行くまでの道は未舗装の部分も多く、最後は道が細くもなりますので運転には注意が必要ですが、チャンスがあればぜひ訪れていただきたい場所の一つです。

 

マウントフィールド国立公園とボノロング野生動物公園日帰りツアー

タスマニアもオーストラリア国内での州境の再開の目途が立ちました。感染者数が少ないクイーンズランド州、南オーストラリア州、西オーストラリア州、首都特別地区、北部特別地区からは10月26日から自己隔離なしでタスマニアへ入ることができます。今後の状況にもよりますが、現時点ではニューサウスウェールズ州は11月2日から、ビクトリア州は12月1日からの予定です。

嬉しいニュースの中、今日は人気のホバート発着日帰りツアー、マウントフィールド国立公園とボノロング野生動物公園のツアーのご紹介をしたいと思います。

マウントフィールド国立公園ビジターセンター9:00前にホバートの町を出発し、1時間15分ほどのドライブでマウントフィールド国立公園へ向かいます。午前中は国立公園内の散策です。大きなユーカリの木やシダの木を見ながら気持ちの良い森の中を歩いて、まずはラッセルの滝へ向かいます。落差40メートルのラッセルの滝はとても見ごたえがあります。

ラッセルの滝その後は同じ流れの上にあるホースシューの滝へ向かいます。ラッセルの滝の上まで歩いて登るようになりますので、足に自信のない方は遠慮せずにガイドにご相談ください。この部分はスキップすることもできます。ホースシューの滝はラッセルの滝に比べて規模は小さいですが、とても雰囲気のある滝です。滝は季節により水量が異なります。以下2枚のホースシューの滝の写真比べてみてください。

ホースシューの滝その後は一旦車を移動しに向かうガイドと別れて、ご自身でハイキングをお楽しみいただきます。道に迷う心配はありませんのでご心配なく。トールツリーウォークというコースのスタート地点で再度ガイドと合流します。その後また大きなユーカリの木を見ながらハイキングを楽しみます。

トールツリータスマニアその後はまた車に乗って、大型バスでは入ることができない未舗装の細い道路を通って、標高約1000メートルの場所にあるドブソン湖へ向かいます。少人数ツアーだからこそ可能な行程です。標高が上がるにつれて変わっていく景色も興味深いと思います。

ドブソン湖マウントフィールド国立公園タスマニアドブソン湖を見学したら、ランチへ向かいます。ランチはツアー代金に含まれていますので、心配はありません。

ランチを食べたら、約1時間また車で移動し、ボノロング野生動物公園へ向かいます。けがをしたり、お母さんが死んでしまったりした野生動物の保護をしてくれている施設です。今は敷地内に野生動物専用の病院もあり、野生動物のためにとても頑張ってくれている施設です。皆さんのツアー代金に含まれている入園料もボノロングの活動資金になりますので、訪問するだけでも野生動物の保護を手伝っていることにつながります。

タスマニアンデビルボノロング野生動物園 ウォンバットボノロング野生動物園ボノロングでは、飼育員さんの説明を聞きながらウォンバット、タスマニアンデビル、コアラの見学を行い、その後は自分達で自由に見学します。放し飼いになっているカンガルーの餌付けができますので、ぜひお試しいただきたいと思います。みんなとってもかわいいです。 運が良ければ、ポケットに入っているカンガルーの赤ちゃんが見れるかもしれません。カンガルーボノロング野生動物園十分お楽しみ頂いた後はホバートへと戻ります。17:00~17:30くらいにホバートへ戻りツアー終了です。大自然とかわいい動物たちに癒されること間違いないと思います。ぜひご参加ください。

 

 

ターカイン

古代の森やボタングラスの湿原など、素晴らしい大自然に囲まれたエリア、ターカイン。タスマニアの北西に位置し、クレイドルマウンテンへの旅行の延長で訪れてみるも良し、ターカインだけで何日間かゆっくりしても良しの最高の場所です。

ターカイン原生林タスマニア

ターカイン原生林タスマニア

ターカインに行くならぜひぜひ訪れて頂きたいのが”フィロソファーの滝”です。ワラタの町の近くにあり、短くて比較的簡単なウォークです。簡単とは言っても、最後には結構な階段がありますので、そこは覚悟して行って下さい!滝自体もとってもきれいですが、その周りのダークグリーンのタスマニアの冷温帯雨林もなかなかの見ものです。

タスマニアの滝 フィロソファ滝 ターカイン

タスマニアの滝 フィロソファ滝 ターカイン

フィロソファーの滝のウォーキングトラックは新しくきちんと整備されていますが、ターカインの森のほとんどはきちんとしたウォーキングトラックのない、本物の未開の地といった感じの場所です。簡単に迷ってしまいますので、ここは十分な注意が必要です。タスマニアでしか見ることのできない植物ホリゾンタルもターカインに行ったら一見の価値ありですが、ホリゾンタルの森の中を歩くのはかなり大変です。名前の通り、そして下の写真を見てもわかる通り、ホリゾンタルは大きくなると横に成長していきます。そして私たちの行く手を遮ってしまうんですね。ホリゾンタルの森を通り抜けるには枝を越えたりくぐったり、最後は四つんばいになって歩いていることもあるくらいです。ホリゾンタルと奮闘しているうちに方向がわからなくなってしまうこともありますから、そんな危険がありそうなときは引き返すのも一つの手段だということをお忘れなく。タスマニアの森を甘く見てはいけませんよ。

タスマニア植物 ホリゾンタル ターカイン

タスマニア植物 ホリゾンタル ターカイン

ワラタからコリナまでの約90分のドライブは景色も素晴らしく、山々の連なりや、深い谷、独特のボタングラスの湿原などを見ることができます。

タスマニア植物 ボタングラス ターカイン

タスマニア植物 ボタングラス ターカイン

コリナでは、タスマニアの有名なヒューオンパインから作られたボートで、パイマンリバークルーズも楽しみます。その後は、”ロングバック”などのショートウォークをお楽しみいただきます。

ターカインハイキング ロングバック展望台
ターカインハイキング ロングバック展望台

Leatherwood Tasmania Tours

Hobart, Tasmania

Ph: (61-3) 6231 9964

タスマニア日本語ツアー

オーストラリア観光局公認会社