パインレイク(Pine Lake)

アデレードでクラスターが発生し、急遽南オーストラリア州からタスマニアへ来る人に14日間の自己隔離が再導入されました。少し残念なニュースですが、現時点(11月17日)ではこのクラスターによる感染者数は18名。うち15名は近親者のようです。感染力の強いウイルスなので油断は禁物ですが、南オーストラリア州政府は最善を尽くしているようです。状況を見守るとともに、一日も早い収束を祈りましょう。

今日はタスマニアの中央部セントラルプラトー(中部山岳台地)にあるパインレイクのご紹介です。標高約1200メートルの場所にあるパインレイクは夏でも寒い時がありますが、私達は冬に行ったにもかかわらず、こんなに素晴らしい晴天に恵まれました。

パインレイクタスマニア

このパインレイクには往復30分程度のショートウォークがあります。木道で平坦なのでとても歩きやすいですし、長いドライブの途中に足を伸ばすには最高の場所です。またこのエリアは国立公園ではないですが、世界遺産に含まれています。

パインレイクタスマニア

パインレイクという名前の由来にもなっているのが、ペンシルパインと呼ばれるタスマニア固有の植物です。杉の仲間で、通常標高が高い場所(700メートル~1200メートル)に生息します。落ち葉ですが、葉っぱのクロースアップの写真を見てみてください。(注:これは落ち葉なので茶色いですが、葉っぱは緑です。)

パインレイクタスマニア

葉っぱを近くで見てみると、うろこが重なり合っているような感じに見えます。これによって熱や水分が逃げるのを防ぐことができ、こんなに厳しい自然環境の中で生き残ることができるんだそうです。氷河期も生き残ってきた、とても寒さに強い木です。逆に火にはとても弱く、燃えてしまったら終わりです。タスマニアの固有種でありながら数が減ってきているペンシルパイン。絶やすことなく、守っていきたい植物の一つです。大自然の中、とても絵になる木ですよね。

パインレイクタスマニア

こんなにお天気が良いのに、湖の表面は凍っていました。

パインレイクタスマニアパインレイクタスマニア

夏のお花の時期はまたきれいです。脇を通った際には、ぜひ車を止めて歩いていただきたいお勧めのショートウォークです。

 

タスマニアの見どころ満載3泊4日ツアー

Leatherwood Tasmania Toursのツアーで絶大な人気を誇る3泊4日ツアー

タスマニア人気ツアー クレイドルマウンテンとワイングラスベイツアー

タスマニア人気ツアー クレイドルマウンテンとワイングラスベイツアー

世界遺産のクレイドルマウンテンや美しい景色の一望できるワイングラスベイはもちろんの事、あの魔女の宅急便のモデルとなったと言われているロスのパン屋さん、幻想的に青く光る土ボタルの生息する鍾乳洞、タスマニアの希少な動物たちに会えるボノロングワイルドライフパークや野生のペンギンツアーと4日間でも内容は盛りだくさん!

タスマニア人気ツアー クレイドルマウンテンとワイングラスベイツアー

せっかくのタスマニアだからあれもこれも見たい方にはとくにおススメです。

キキののパン屋さん

キキののパン屋さん

また、ここタスマニアは空気と水がとても美味しいため、沢山の美味しいワインやビールの生産地としても知られています。この素晴らしいワインやビールはタスマニア内でほとんど消費してしまう為に、国外にはあまり出回っていません。

ワイナリーランチ

このツアーではそんなタスマニアのワインも味わっていただけるよう、有名なワイナリーでの昼食も含まれています。

タスマニアの魅力を是非堪能して行って下さい!詳細はこちらから

マリア島国立公園:ダーリントン町

タスマニアのマリア島は、島全体が国立公園に指定されています。入り口は北のダーリントンの町で、この町は世界文化遺産にも指定されています。

マリア島タスマニア:ダーリントン町 

マリア島タスマニア:ダーリントン町 

マリア島へのアクセスはトライアバナからのフェリーのみ。この島は車は入れませんので、島内の散策をするには歩きか自転車しかありません。トライアバナから30分ほどで、ダーリントンに着きます。

マリア島タスマニア:ケープバッレングース(鳥)

マリア島タスマニア:ケープバッレングース(鳥)

ダーリントンの建物は囚人の時代から残っているものです。マリア島は1825年から1832年まで、そしてまた1842年から1851年まで刑務所として使われていました。その後、1880年代にマリア島にはちょっとしたブームがやってきます。シルクやワインの生産が行われたり、セメント工場が建つなどして、町は栄えました。当時ダーリントンの人口は何百人にも増えたそうです。

マリア島タスマニア: ダーリントン町

マリア島タスマニア: ダーリントン町

1920年代には、世界大恐慌や輸送費のために競争に打ち勝つことができないなどの理由で、マリア島のブームは終わりを迎えます。その後は農業の時代が始まります。

マリア島タスマニア: ダーリントン町

マリア島タスマニア: ダーリントン町

現在マリア島は国立公園で、自然と囚人の歴史を保護しています。最近では、絶滅危惧種のタスマニアンデビルを守るため、健康なデビルをマリア島に運んで放すなどの試みも行われています。

マリア島タスマニア: ダーリントン町

マリア島タスマニア: ダーリントン町

マリア島はホテルやお店がないので、宿泊する場合にはキャンプか簡単なユースホステルのような宿泊施設に泊るしかありません。日帰りでも十分、町の雰囲気、ショートウォーク(ペインティド・クリフなど)、野生の鳥や動物などを楽しめると思います。

マリア島タスマニア: ダーリントン町

マリア島タスマニア: ダーリントン町

もっと時間がある方、宿泊してもいいという方には、もっと長いハイキングコースもありますし、自転車を借りて島を散策することもできます。

タスマニア見どころ:ワイングラスベイ展望台とハネムーンベイ

フレシネ国立公園は1916年に国立公園に指定され、マウントフィールド国立公園とともにタスマニアで一番古い国立公園です。コールズベイという小さい町をベースにして、ハイキングやビーチなど、いろいろと楽しむことができます。

フレシネ国立公園 ワイングラスベイ展望台

フレシネ国立公園 ワイングラスベイ展望台

ワイングラスベイ展望台ハイキング

一番お勧めのコースはやっぱりワイングラスベイがきれいに見える展望台までのコースです。駐車場から展望台までは30~40程のウォークです。展望台まではコンスタントな登りですから、もう少し余裕を見ても良いかもしれません。せっかくのきれいな景色なので、写真を撮ったり花や鳥を見たりしながら、時間をかけて歩くのも良いと思います。もう少し歩きたいと思う方はワイングラスベイのビーチまで下りてみたらいかがでしょうか?展望台からワイングラスベイまでは、木の根っこや石などありますので足元には注意して歩いてください。帰りは同じ道を登ってくるようになりますので、覚悟をして下りてください。同じ道を登ってくるのが嫌な人はサーキットウォークもありますが、こちらは全部で4~5時間かかります。

フレシネ国立公園 ハネムーンベイ

フレシネ国立公園 ハネムーンベイ

ハネムーンベイ

ハネムーンベイは、歩かなくても行けるとてもきれいなビーチです。ハザードの山々を見ながら、ゆっくり休憩できます。岩の上でピクニックランチを食べるもよし、ゆっくり本を読むのもよし、泳いでもよし。ご自分なりの楽しみ方を見つけてください。

フレシネ国立公園 ハネムーンベイ

フレシネ国立公園 ハネムーンベイ

ハネムーンベイは、フレシネロッジという素敵な宿泊施設のすぐ隣です。もちろんフレシネロッジに泊まらなくてもハネムーンベイは自由にアクセスできますが、チャンスがあればぜひフレシネロッジ泊まってみてください。お部屋にはテレビも電話もなく、素敵なお部屋でゆっくりできます。ワイングラスベイとハネムーンベイ以にも、トービル岬、フレンドリー・ビーチなど、フレシネ国立公園には見所がたくさんあります。天気が良かったら、半日のワイングラスベイクルーズも良いですよ。

フレシネ国立公園 ハネムーンベイ

フレシネ国立公園 ハネムーンベイ

フレシネ国立公園、ワイングラスベイツアー

弊社でもフレシネ国立公園日帰りツアー宿泊つきツアーがあります。ホバート発着です。興味がある方ご連絡ください

タスマニアグルメ: ブルニー島チーズ工場

またまたブルニー島のグルメのお話です。ブルニー島の北島にあるフェリーターミナルから、20分弱のところにこのチーズ工場があります。その名も、”ブルーニーアイランドチーズ”。

タスマニアグルメ: ブルニーアイランドチーズ ブルニー島

タスマニアグルメ: ブルニーアイランドチーズ ブルニー島

ユーカリの木に囲まれた静かな場所で、周りに溶け込むような感じの木造の建物がそれです。とても素敵なセッティングですね。ここでは、牛のミルクから作ったチーズと山羊のミルクから作ったチーズ、両方試せます。

タスマニアグルメ: ブルニーアイランドチーズ ブルニー島

タスマニアグルメ: ブルニーアイランドチーズ ブルニー島

実際にここで作っているからこそ見れる景色ですよね。チーズがたくさん寝かされています。

タスマニアグルメ: ブルニーアイランドチーズ ブルニー島

タスマニアグルメ: ブルニーアイランドチーズ ブルニー島

ここではカウンターでチーズのテイスティングもさせてくれます。私たちも試しましたが、とってもおいしかったです。全部買ってきたかったですが、それは私たちのお財布が許さなかったので、一つOttoという名前のProsciutto(ハム)に包まれたチーズを購入しました。食べる前にオーブンで温めて食べるのですが、これ本当においしかったです。ワインがすすみました:) ここは10時から5時まで毎日オープンしているそうですので、ブルニーに行く機会のある方はぜひお試しください。なかなかブルニーまでは行けないという方、ブルニーアイランドチーズはサラマンカマーケットでもお店を出しているようなので、土曜日のホバートで試してみてもいですね。