タスマニア主要観光地

新年明けましておめでとうございます。

皆様はどんなお正月を迎えられましたか?

私達はこちらでは恒例の花火で2020年にさよならをし、新たな希望を持って2021年を迎えました。もちろん大晦日の夜中12時に花火が上がるのですが、子供用に9:30~も上げてくれるので、夜更かしが苦手な私達は9:30~の花火を見学しました。

花火タスマニア花火タスマニア2021年は何とかウイルスに打ち勝ち、また世界中の人たちが国境を越えて自由に行き来ができるようになることを心よりお祈りし、今日はタスマニアの主要観光地をご案内したいと思います。

クレイドルマウンテン

クレイドルマウンテンツアータスマニアクレイドルマウンテンツアータスマニアタスマニアでは一番有名な場所と言っても過言ではないと思います。タスマニア原生地域世界遺産に含まれる、大自然を肌で感じることができる場所です。運が良ければ、野生の動物にも出会えます。

ワイングラスベイーフレシネ国立公園

フレシネ国立公園ツアータスマニア・ワイングラスベイフレシネ国立公園ツアータスマニア・ハネムーンベイ綺麗な曲線が印象的なワイングラスベイ。展望台まではハイキングが必要ですが、年末には展望台も新しくなり、さらに楽しめそうです。フレシネ国立公園へ近づくと見えてくるハザードと呼ばれる山の連なりも圧巻の景色です。

マウントフィールド国立公園

マウントフィールド国立公園ツアー・ラッセルの滝マウントフィールド国立公園ツアー・シダの木落差40メートルのラッセルの滝が一番の見ものになりますが、大きなシダの木や背の高いユーカリの木を見ながらのそこまでのハイキングもとても気持ちが良いです。国立公園内の高度によって変わっていく景色、植生も興味深いです。

ポートアーサー

ポートアーサーツアータスマニア2010年に指定されたオーストラリア囚人遺跡群に含まれている昔の刑務所の跡地です。廃墟を見ながらタスマニアの歴史を学ぶことができます。

以上の4つの観光地へは、弊社で日帰りツアーを行っていますので、興味のある方はぜひお問い合わせください。2021年はぜひまた日本から、もしくは他国やオーストラリア本土からの皆様にタスマニアでお会いしたいです。そのためにももう少しウイルスを抑えるために頑張りましょう。今年もよろしくお願いいたします。

ちなみに今回もブログの写真(ポートアーサー以外)はルークの写真を使っています。ルークは風景写真家でもあり、タスマニアで写真撮影ツアーを行っています。ツアー自体は英語ですが、ルークは日本語も堪能ですので、写真に興味のある方はこちらも併せてご覧ください。

 

タスマニア観光:ホバートの町の歩き方

ホバートはダーウェント川の周りに発達したきれいな港町です。そんなに大きくない町ですが、カフェ、ギャラリー、博物館、お土産屋さんなど見ながら楽しい1日を過ごせます。スタート地点はホバートで一番人気のあるシーフードレストラン”ミュアーズ”の向かい側、Henry Jones Art Hotel の前です。そこからはこんな景色が見えます。

港町ホバート

港町ホバート

ミュアーズシーフードレストラン

後ろにある山は標高1270メートルもあるマウントウェリントンです。赤い屋根の緑色の建物がミュアーズです。前にある船を良く見るとかごみたいなものがたくさんありますね。このかごはロブスター用です。ホバートのシーフードが新鮮な理由がわかりますね。採ってきてすぐ販売しています。ミュアーズで新鮮な魚(Blue Eye Trevalla、マグロ、サーモン、牡蠣など)試してみてください!おいしいタスマニア産のアイスクリームもありますから、こちらはデザートにどうぞ。

サラマンカ ホバート ノップウッド(パブ)

サラマンカ ホバート ノップウッド(パブ)

サラマンカ

5~10分ぐらいほど歩けば古い建物がたくさん並んでいる道に着きます。サラマンカです。毎週土曜日にオーストラリアで一番大きい青空市場が行われています。とても大きなマーケットですから、お土産などを買うのに、丸一日過ごすこともできてしまうと思います。タスマニアの風景写真、レザーウッド蜂蜜、木工品など直接作った人たちから買えますし、とても面白い一日です。土曜日じゃなくてもこのエリアがホバートの一番の見所です。カフェやレストラン、お店とギャラリーがたくさんのサラマンカ、是非行ってみてください。

サラマンカ ホバート

サラマンカ ホバート:レトロカフェ

ケリーの石段とバッテリーポイント

周りに気を付けて歩いていくと、ギャラリーの間にこの古い石段が見つかると思います。”Kelly’s Steps”と呼ばれるこの階段が、サラマンカとバッテリーポイントをつないでいます。”ケリー”は19世紀(ホバートの入植時)の捕鯨船の船長でした。皆さん知らないかもしれませんが、タスマニアにとって、捕鯨は結構大事な産業でした。現在、オーストラリアは捕鯨に反対の国で、鯨を見るウェールウォッチング(観光業)が人気です。

ケリーステップス

ケリーステップス

ケリーの石段を登ったらケリーストリートに出ます。5分ぐらい歩けば下の写真の景色が見えてきます:

バッテリーポイント ホバート

バッテリーポイント ホバート

バッテリーポイントです!ホバートで一番かわいらしい町並みの郊外です。昔のヨーロッパみたいな雰囲気ですが、普通の住宅街で、ここに住んでいる人たちは普通の生活をしています。教会、郵便局、パン屋さんやカフェなど、かわいらしいですからぜひのぞいてみて下さい。。セントジョージ教会(下)は1836年に建て始められました。今でも毎週日曜日、日曜礼拝やっています。

バッテリーポイント ホバート

バッテリーポイント ホバート:セントジョージ教会

ホバートウォータフロントからバッテリポイントまで歩く時間

Henry Jonesホテル ~ ミュアーズレストラン: 2~3分

ミュアーズ ~ サラマンカ(レトロカフェー周辺): 10分

レトロカフェ周辺 ~ ケリー石段: 2~3分

ケリー石段 ~ バッテリーポイント: 5~10分