タスマン国立公園 – リマーカブルケーブ (Remarkable Cave)

明日からまた少し気温が下がるようですが、ここ何日かとても暑い日が続いているタスマニアです。クイーンズランド州やニューサウスウェールズ州では大雨で洪水の心配が出ているところもあるようで、改めてオーストラリアの大きさを実感します。

今日はタスマン国立公園にあるリマ―カブルケーブのご紹介です。最近駐車場やトイレ、展望台がアップグレードされてアクセスしやすくなりました。トイレはなかなか綺麗でしたが、手動で水を流す方式でした。

駐車場からすぐ目の前に海が見えます。そして少し先にこんなに素敵な展望台ができました。この日はとても天気が良く、海の色もとても綺麗でした。

タスマン国立公園 - リマーカブルケーブここから往復約15分でリマーカブルケーブへ行くことができます。短いウォークですが、階段なのでご注意ください。帰りは登りです。

タスマン国立公園 - リマーカブルケーブタスマン国立公園 - リマーカブルケーブリマーカブルケーブへ到着です。リマ―カブルケーブは波の浸食によってできた洞窟ですが、実はこのプラットフォームがある場所も大昔は洞窟の中だったんだそうです。天井が落ちてしまった場所だそうです。

タスマン国立公園 - リマーカブルケーブリマーカブルとは日本語で”注目に値する”とか”素晴らしい”という意味がありますが、この洞窟の何が素晴らしいのでしょうか?その理由の一つが、洞窟の入り口(出口?)の形です。ご覧になってみてください。ちょうどよい角度で見なければいけませんが、タスマニアの島の形に見えませんか?

タスマン国立公園 - リマーカブルケーブもちろんリマーカブルな理由はそれだけではなく、地質学的にもおもしろい要素があるそうです。この場所は砂岩(sandstone)と粗粒玄武岩(dolerite)でできています。ここでは砂岩の層が曲がって変形する褶曲(しゅうきょく)と呼ばれる現象を見ることができるそうです。粗粒玄武岩はマグマが冷えて固まった岩ですが、粗粒玄武岩が形成されていく過程で、その熱が砂岩の褶曲の形成を手伝ったようです。

私達が行ったのはちょうど引き潮の時だったので、ちょっと下へ降りてみました。満ち潮の時や海が荒れているときには真下まで水が来ますので、要注意です。プラットフォームからではあまりわかりづらいですが、この洞窟は入り口が2つあります。

タスマン国立公園 - リマーカブルケーブプラットフォーム自体は狭いので、たくさんの人が同時に写真を撮ることはできません。他にもお客様がいる時には、譲り合いの気持ちを持って、皆さんが楽しめるように見学していただきたいと思います。見学が終わったら、帰りは頑張って階段を登って駐車場へ戻りましょう。帰りに階段の数を数えてみたのですが、メモをしなかったので忘れてしまいました。120段前後だったと思います。参考までに。タスマン半島と言えば、刑務所の跡地ポートアーサーが有名な観光地ですが、少しここまで足を伸ばしてみても良いと思います。

**注意**

私達がこのブログをアップしてから、リマーカブルケーブでメンテナンス工事が始まり、現在リマーカブルケーブは閉鎖中です。12月24日に再オープン予定だそうです。

 

ケープ・ホイ (Cape Hauy)

10年以上ぶりにタスマン半島にあるケープ・ホイ(Cape Hauy)を歩いてきました。昔の記憶と比べると、トラックはとてもきれいに整備されていて歩きやすかったですが、階段ばかりでちょっと大変でした。Fortescue Bayからスタートします。

タスマン国立公園ケープ・ホイハイキング

途中咲き始めた春のお花をたくさん見ることができて、写真ストップを入れながらのハイキング。蘭の花も見ることができました。

Mayfly OrchidGreenhood Orchid約1時間半でこの分岐点に到着。写真ストップを入れなければもう少し早く到着できますが、せっかくなのでゆっくりと周りの景色を楽しみながら歩きました。Three Capes Trackを歩いている人たちはここに大きなバックパックを置いてケープ・ホイに向かいます。

タスマン国立公園ケープ・ホイハイキングここからは1時間かからないでケープ・ホイまで行くことができます。ケープ・ホイ見えてきました。まだまだ登り下りがあります。

タスマン国立公園ケープ・ホイハイキング遠くにケープ・ピラーも見えてきました。

タスマン国立公園ケープ・ホイハイキングそんなに大きくはないですが、フェンス付きの展望台があり、ここがゴール。下を見るとこんなに高いですからフェンスはグッドアイデアです。

タスマン国立公園ケープ・ホイハイキング

周りの景色をビデオに撮ってみましたので、ご覧ください。

この断崖絶壁を下から見上げることができる3時間のクルーズ(Tasman Island Cruise)があるのですが、ちょうどそのクルーズが下を通りました。みんな手を振ってくれました。

タスマンアイランドクルーズゆっくり景色を楽しんだ後は、同じ道を歩いてFortescue Bayへ戻ります。往復4時間のコースですが、写真を撮ったりゆっくりランチを食べたりして、私達は5時間半弱で車に戻ってきました。長すぎず短すぎず、ちょうど良い日帰りハイキングスポットだと思います。

このコースは2015年にオープンしたThree Capes Track(3泊4日)の一部です。日帰りでケープ・ホイまで歩くだけなら国立公園の入園料のみで大丈夫ですが、Three Capes Trackを歩く場合には予約が必要となり、料金が発生しますのでご注意ください。

タスマン半島:ウォーターフォールベイ

タスマンアイランドクルーズから見える滝の上を見るべく、ちょっとハイキングへ行ってきました。左の写真が海からの景色、右の写真がその滝の真上からの景色です。怖くてこれ以上近くへは行けませんでした。

タスマン半島 ウォーターフォールベイ

タスマン半島 ウォーターフォールベイ

この川のもう少し上には、こんなかわいらしい滝もありました。シャワーの滝と言うんだそうです。滝の内側が歩くコースになっていました。右側の写真は滝の内側からの景色です。なかなかおもしろいですよね。夏にはこの水も枯れてしまうと思いますが、さすがに冬は水もたくさんあって、とても雰囲気がありました。ただし、一つ問題だったのがヒルですね~。ちょっと雨が降っていたこともあって、とても活発でした。あまり大きなヒルではないですが、やはり気持ち悪いものです。また、ここから先は歩くコースもあまりきちんとしていないので、このループを歩く人は注意が必要です。

シャワーの滝 タスマン半島

シャワーの滝 タスマン半島

 

コース自体はタスマンアーチやデビルズキッチンのところからスタートし、ウォーターフォールベイまで歩いて、そこから少し登ってウォーターフォールブラフまで行って、戻ってくるというもの。上の滝は途中遠回りをしたものです。片道1時間15~30分くらいのコースです。この日はちょっと天気が悪かったですが、ウォーターフォールブラフからの景色はなかなかのものです。

Waterfall Bluff 展望台 タスマン半島

Waterfall Bluff 展望台 タスマン半島

 

弊社のポートアーサーのツアーに参加して頂ければ、タスマンアーチやデビルズキッチンは見学しますので、この海岸線の景色は見れますよ!(滝の方までのハイキングはしません。)

 

タスマンアイランドクルーズ タスマン国立公園

ホバートからの日帰り旅行をお探しの方、タスマン半島のタスマンアイランドクルーズがお勧めです!水面から見上げる切り立った岸壁は絶景。タスマン国立公園の特徴でもある海に面した断崖絶壁を存分に楽しめます。大自然の迫力を肌で感じることができます。

タスマンアイランドクルーズ タスマン国立公園

タスマンアイランドクルーズ タスマン国立公園

 

黄色いジェットボートで、時にはものすごいスピードで移動しますが、見所では必ず止まってくれます。また両側のお客様がみんな写真を撮れるように船を回してもくれます。サービスも満点です。下の写真は洞窟。その日のお天気やコースなどによって多少の違いは出てくるでしょうが、大きな洞窟の中にはちょっと中まで船で入ってくれたりもします。

タスマンアイランドクルーズ タスマン国立公園

タスマンアイランドクルーズ タスマン国立公園

アザラシや海鳥など、海の動物に出会えるチャンスも大です。時期によってはクジラを見れる可能性もあり。チャンスがあれば、沖まで探しに出てくれます。みんなでクジラの吹く潮を探しましょう。クジラはタスマニア沿岸に生息しているわけではなく、南極と本土の間を移動するときにタスマニア沿岸を通るので、その時期だけ見れるチャンスが出てきます。

タスマンアイランドクルーズ タスマン国立公園

タスマンアイランドクルーズ タスマン国立公園

海に流れ出る滝も見ることができます。この場所はその名も、Waterfall Bay。この滝は水の少ない夏には乾いてしますが、水の跡は見ることができます。

タスマンアイランドクルーズ Waterfall Bay

タスマンアイランドクルーズ Waterfall Bay

全部で3時間ほどのクルーズです。長いですが、とてもエキサイティングなクルーズなので、飽きることはないです!船酔いが心配な方、クルーズが始まる前に酔い止めも配ってくれますので、ある程度までは大丈夫ですが、あまりにも乗り物酔いがひどい方は、ご自分で通常服用しているお薬をお持ちになることをお勧めします。また海に出れば寒いので、防寒着も必要です。一番上に着る防水のジャンパー(季節によってタイプは変わります。)は、クルーズ会社で貸してくれますので、そこはご心配なく。同じ会社がブルーニー島からもクルーズを出しています。どちらも素晴らしいので、チャンスがある方はぜひぜひお試し下さい。