最近の投稿

タスマニアの黄葉ーファガス

日本はゴールデンウィークが始まりましたね。本来ならまだタスマニアへ遊びに来てくださる日本人の方がいらっしゃってもいい時期ですが、残念ながら今年は無理なので、気持ちだけでもタスマニアの秋をお楽しみいただきたいと思います。

前回のポストでも少しクレイドルマウンテンのファガスの様子をお伝えしましたが、ファガスはオーストラリア原産の植物では唯一の落葉樹で、通常4月の末から5月の始めにかけて黄葉を見ることができます。その時期に合わせてクレイドルマウンテンホテルが企画したファガスフェスティバルで、4月24日にルークが写真撮影ワークショップを行いました。そこから何枚か写真をシェアしたいと思います。天気予報はそんなに良くなかったのですが、思ったほど悪くはなく、参加者皆様お楽しみ頂けたようです。

クレイドルマウンテンファガスファガスは基本的には葉っぱは黄色になります。なので、紅葉ではなくて黄葉と呼ばれるのですが、中には赤くなる葉っぱもあります。赤は珍しいこともあり、ルークはいつも赤い葉っぱを探して歩きます。今回も見つけてきました。

クレイドルマウンテンファガス全景を見れば黄色い景色ですね。私は特に岩肌に映えるファガスの黄色はとてもきれいだと思いますが、皆様はどう思いますか?日本の紅葉は本当に美しいので、それと比べると負けてしまうかもしれませんが、ファガスにはファガスの美しさがあります。私は大好きです。今回はクレーター湖まで行ってきました。クレーター湖とは言っても、火口湖ではなく氷河湖です。紛らわしいですが、クレーターのように見えるのでその名前がついたそうです。何となく雰囲気が伝わりますか?

クレイドルマウンテンファガスクレイドルマウンテンファガスクレイドルマウンテンファガスクレーター湖まではロニークリークから1時間ほど歩きますが、回りの景色を楽しみながら歩けば苦になりません。ボタングラスの湿原の中木道を歩き、少し登ると冷温帯雨林に入ります。そこにはクレーターの滝と呼ばれる滝があり、小さい滝ながらとても雰囲気があります。そこからは15分ほどコンスタントに登りますが、そこを登りきるとクレーター湖です。

クレーターの滝

クレーターの滝

クレーター湖の周辺はとてもきれいですが、そんなに歩きたくないという方は、ウォルドハイムの周辺にもファガスがありますので、そちらでもご覧いただけます。湿っている所にはヒルがいますから、ヒルは要注意です!またダブ湖周遊ハイキングの途中でもファガスを見ることができますが、ダブ湖も1周歩けば2時間半~3時間ほどかかります。

ウォルドハイム

今年は寒いのでファガスも少し早い気がしましたが、今回のワークショップでもまだ緑の葉っぱ残っていました。クレイドルマウンテンホテルのファガスフェルティバルは5月8日まで行われていますので、興味がある方はそちらもご確認ください。

いつかタスマニアの秋を経験しにいらしてください。

 

 

 

SBS日本語放送

ご縁があって、SBSの日本語放送のインタビューコーナーに出させていただきました。コロナウイルスの影響を大きく受けた旅行業界の話から、私の個人的な話、タスマニアの魅力について、短い時間ですがお話をさせて頂きました。こちらから聞けますので、興味のある方はぜひ聞いてみてください。

 

雪のクレイドルマウンテン

あっという間に4月も半ばになりました。夏時間も終わり、今日のホバートの日の入りの時間は17:37です。暗くなるのが早いと段々と寂しくなりますが、タスマニアの秋はこれからです。もう少し楽しみたいと思います。

先日久しぶりにクレイドルマウンテンに行ってきました。前日が雪だったので、お天気を心配しながら行きましたが、なんと青空も見えて気持ちよくハイキングを楽しむことができました。

クレイドルマウンテンのビジターセンターは、コロナウイルスが蔓延する前に新しくなりました。今はこんな感じです。以前にいらしたことがある方は、この変貌ぶりにびっくりされているのではないかと思います(笑)かなりモダンになりました。この建物の更に向こう側にシャトルバス乗り場があるので、国立公園内へはそのシャトルバスで入って行くようになります。

クレイドルマウンテンビジターセンターダブ湖のそばでは、以前駐車場だったところに現在展望シェルターを建設中です。当初の予定ではそろそろ完成するはずだったのですが、工事は延長になり春先までかかるようです。ハイキングコースからズームで写真を撮ってみました。現在はこんな感じです。人工的なものがない方が良かったような気もしますが、クレイドルはお天気が悪いときも多いので、そんな時に雨風をしのげる建物があるのは重宝するかもしれませんね。建物の中からクレイドルマウンテンの景色を楽しむことができるようになります。(山が雲に隠れていなければ、の話ですが。。。)

クレイドルマウンテン新展望シェルターさて今回も久しぶりにダブ湖周遊ハイキングを歩いてきました。前日の雪が結構残っていました。

クレイドルマウンテンダブ湖周遊ハイキング雪化粧のクレイドルマウンテンはとてもきれいです。氷河岩からは虹も見ることができました。

クレイドルマウンテンダブ湖周遊ハイキングクレイドルマウンテンダブ湖周遊ハイキング真下から見上げるクレイドルマウンテン、いつ見てもいいですね。

クレイドルマウンテンダブ湖周遊ハイキングオーストラリア原産の植物では唯一の落葉樹ファガスも、段々と黄葉が始まっていました。もう少しですね。4月24日~5月8日までクレイドルマウンテンホテルがファガスフェスティバルを行っています。うちのルークが初日(4月24日)に写真のワークショップを行いますので、興味のある方はぜひこちらご覧になってみてください。もう残席わずかです。

クレイドルマウンテンダブ湖周遊ハイキング私達はシーズン中は頻繁に行くクレイドルマウンテンですが、コロナウイルスのせいで最近は少し足が遠のいていました。でも久しぶりのクレイドルマウンテンは、やっぱりとても良かったです。空気もきれいだし、自然の景色やにおいの中で心が洗われるような感じがします。早くこの経験を皆さんとシェアすることができる日が戻ってきますように、と願わずにはいられません。

新ワイングラスベイ展望台

イースターが終わり、本来ならもう少し寒くなっても良いタスマニアですが、今日もまだまだ暖かいです。予想最高気温は23度ですが、もう少し暑いような気がします。きっと晴れているからですね。タスマニアは太陽が出ていると体感温度が全然違います。今年は比較的寒い夏だったので、この暑さを思い切りエンジョイしたいと思います。

ブログポストがしばらく途絶えてしまいましたが、少し忙しい毎日を送っていました。最近になり、オーストラリア本土からタスマニアへ遊びに来てくださる日本人が増えてきました。英語ができる方が多い中、日本語ツアーに参加していただき、ありがとうございます。私達は日本人なりのサービスで、言葉だけではなく、安心してお楽しみ頂けるツアーの提供を心掛けています。ツアーに興味のあるお客様はこちらからどうぞ。

今回のお客様達には、新しいワイングラスベイ展望台から青空のもときれいなワイングラスベイをご覧いただくことができました。

変わったのは展望台周辺だけなので、入り口もウォーキングトラックも今までと一緒です。入り口には今まで通りこの地図があります。

ワイングラスベイ展望台ハイキングタスマニア今までは展望台は一つしかなく繁忙期はかなり混雑しましたが、今は展望台がいくつかできて、周遊できるような形になりました。いくつか違うポイントからワイングラスベイを見ることができますし、何より人が流れる作りになっているので、かなり混雑が解消できると思います。

最初の展望台からの景色です。今までの展望台よりは少し低いですが、こんなにきれいに見えます。

ワイングラスベイ展望台ハイキングタスマニアワイングラスベイ展望台ハイキングタスマニアそして上の写真にある歩きやすい通路を歩いていくと、次の展望台に。

ワイングラスベイ展望台ハイキングタスマニアその後は少し階段を登ります。そこからも振り向けばワイングラスベイが見えます。

ワイングラスベイ展望台ハイキングタスマニアそして最後に今までの展望台に着きます。ここの写真は撮り忘れたので下は古い写真です。

ワイングラスベイ展望台ハイキングタスマニアまだまだ海外からのお客様は難しいですが、オーストラリア国内ではたくさんの人が旅行を始めています。タスマニア政府も設備をアップグレードして、もっとたくさんのお客様をお迎えできるように頑張っています。早く皆さんが安心してタスマニアへ旅行に来られる日が来ることを祈っています。

ウォンバットの保護活動を行っている方を訪ねました

皆さんはウォンバットをご覧になったことはありますか?とってもかわいい動物で、私はタスマニアの野生動物の中で一番好きと言っても良いくらいです。もちろん、タスマニアンデビルやワラビーやエキドナも大好きなのですが。。。このウォンバット、mange(毛包虫症)と呼ばれる皮膚の病気にかかりやすいそうです。mangeとはダニの一種が皮脂腺に寄生することによって起こる病気で、脱毛、かさぶた、色素沈着、化膿などが症状の例です。ひどい場合には死に至ることもあります。

ご縁があって、ウォンバットをそんな病気から救うべく活動をしている方を訪ねてきました。mange用のお薬があるそうですが、野生のウォンバットに薬を塗るのはそんなに簡単なことではありません。巣の入り口を見つけて、そこにウォンバットに薬を塗ることができる罠を仕掛けるような形になります。ウォンバットが通るたびに、薬がこぼれウォンバットの体にかかる仕組みになっています。定期的にお薬を仕掛けに行きます。大変な仕事だと思います。

Wombat Rescue Tasmania ウォンバットの保護活動タスマニアWombat Rescue Tasmania ウォンバットの保護活動タスマニア上記に加えて、この方はお母さんが死んでしまったみなしごウォンバットの保護も行っています。ウォンバットは大人になると縄張りを張り単独で行動をする動物ですが、子供の時は本当に甘えん坊でとてもかわいいです。普通はさせてもらえませんが、特別に私達は抱っこをさせてもらいました。私のにおいを嗅いでいたのかキスをしてくれていたのかわかりませんが顔を近づけてくれたり、私の指を軽く噛みながらじゃれてくれたり、もうずっと離れたくないくらいかわいかったです。この子も大人になったら変わってしまうのかと思うと少し寂しいですが、それが野生のウォンバットの姿です。この子も大人になったら野生に返されます。

Wombat Rescue Tasmania ウォンバットの保護活動タスマニアWombat Rescue Tasmania ウォンバットの保護活動タスマニアWombat Rescue Tasmania ウォンバットの保護活動タスマニアなかなか見ることができない小さなウォンバットのしっぽも子供の頃なら見やすいですよ。

Wombat Rescue Tasmania ウォンバットの保護活動タスマニア一生懸命にウォンバットを保護してくれている方達の努力を目の当たりにし、私達もできる限りの支援をしたいと心から思いました。ご賛同頂ける方、ぜひぜひご協力をお願いいたします。Wombat Rescue Tasmaniaのフェイスブックページはこちらです。言葉に不安のある方は私達に連絡していただいても構いません。ぜひぜひみんなの手で、このかわいいウォンバットを保護していきましょう。

東日本大震災10周年

2011年3月11日に東日本を襲った大震災からもう10年が経ちます。私達も遠いタスマニアからオンラインで式典を見ながら1分間の黙禱に参加させていただきました。

10年は長いようであっという間だったように思います。まだまだ苦しんでいる方々のお話を耳にします。あの日を忘れることなく、今後も私達にできる限りの支援を心がけていきたいと思います。

福島出身の私は、東日本大震災のニュースを見たときには、とても心配でした。家族に連絡がつかない中、自分だけが安全なタスマニアにいるという罪悪感もかなりありました。幸運にも私の家族は無事でしたが、被災者の方々のために何かしたいという気持ちから、豪日協会(Australia-Japan Society)タスマニア支部の協力を得て、義援金を募る写真の展示会をホバートで開催しました。たくさんの方々にご来場いただき、たくさんの支援を頂いて、翌年日本へ帰省した際に3団体に分けて寄付をさせていただきました。ホバートの方々の暖かい気持ちが被災者の皆様へ届いていてほしいと思います。

10年たった今、皮肉にも私達はコロナウイルスという新しい問題に直面していますが、あの震災から立ち直ることができた皆さんなら、きっとこの状況からも立ち直ることができると思います。

東日本大震災で亡くなられた方々、ご遺族の方々に哀悼の意を表し、タスマニアからエールを送りたいと思います。

東日本大震災10周年

岩手県宮古市にて朝陽に照らされる日の丸。2011年7月。手書きのメッセージに力強さを感じます。

1 2 3 14