最近の投稿

雪のクレイドルマウンテン

あっという間に4月も半ばになりました。夏時間も終わり、今日のホバートの日の入りの時間は17:37です。暗くなるのが早いと段々と寂しくなりますが、タスマニアの秋はこれからです。もう少し楽しみたいと思います。

先日久しぶりにクレイドルマウンテンに行ってきました。前日が雪だったので、お天気を心配しながら行きましたが、なんと青空も見えて気持ちよくハイキングを楽しむことができました。

クレイドルマウンテンのビジターセンターは、コロナウイルスが蔓延する前に新しくなりました。今はこんな感じです。以前にいらしたことがある方は、この変貌ぶりにびっくりされているのではないかと思います(笑)かなりモダンになりました。この建物の更に向こう側にシャトルバス乗り場があるので、国立公園内へはそのシャトルバスで入って行くようになります。

クレイドルマウンテンビジターセンターダブ湖のそばでは、以前駐車場だったところに現在展望シェルターを建設中です。当初の予定ではそろそろ完成するはずだったのですが、工事は延長になり春先までかかるようです。ハイキングコースからズームで写真を撮ってみました。現在はこんな感じです。人工的なものがない方が良かったような気もしますが、クレイドルはお天気が悪いときも多いので、そんな時に雨風をしのげる建物があるのは重宝するかもしれませんね。建物の中からクレイドルマウンテンの景色を楽しむことができるようになります。(山が雲に隠れていなければ、の話ですが。。。)

クレイドルマウンテン新展望シェルターさて今回も久しぶりにダブ湖周遊ハイキングを歩いてきました。前日の雪が結構残っていました。

クレイドルマウンテンダブ湖周遊ハイキング雪化粧のクレイドルマウンテンはとてもきれいです。氷河岩からは虹も見ることができました。

クレイドルマウンテンダブ湖周遊ハイキングクレイドルマウンテンダブ湖周遊ハイキング真下から見上げるクレイドルマウンテン、いつ見てもいいですね。

クレイドルマウンテンダブ湖周遊ハイキングオーストラリア原産の植物では唯一の落葉樹ファガスも、段々と黄葉が始まっていました。もう少しですね。4月24日~5月8日までクレイドルマウンテンホテルがファガスフェスティバルを行っています。うちのルークが初日(4月24日)に写真のワークショップを行いますので、興味のある方はぜひこちらご覧になってみてください。もう残席わずかです。

クレイドルマウンテンダブ湖周遊ハイキング私達はシーズン中は頻繁に行くクレイドルマウンテンですが、コロナウイルスのせいで最近は少し足が遠のいていました。でも久しぶりのクレイドルマウンテンは、やっぱりとても良かったです。空気もきれいだし、自然の景色やにおいの中で心が洗われるような感じがします。早くこの経験を皆さんとシェアすることができる日が戻ってきますように、と願わずにはいられません。

新ワイングラスベイ展望台

イースターが終わり、本来ならもう少し寒くなっても良いタスマニアですが、今日もまだまだ暖かいです。予想最高気温は23度ですが、もう少し暑いような気がします。きっと晴れているからですね。タスマニアは太陽が出ていると体感温度が全然違います。今年は比較的寒い夏だったので、この暑さを思い切りエンジョイしたいと思います。

ブログポストがしばらく途絶えてしまいましたが、少し忙しい毎日を送っていました。最近になり、オーストラリア本土からタスマニアへ遊びに来てくださる日本人が増えてきました。英語ができる方が多い中、日本語ツアーに参加していただき、ありがとうございます。私達は日本人なりのサービスで、言葉だけではなく、安心してお楽しみ頂けるツアーの提供を心掛けています。ツアーに興味のあるお客様はこちらからどうぞ。

今回のお客様達には、新しいワイングラスベイ展望台から青空のもときれいなワイングラスベイをご覧いただくことができました。

変わったのは展望台周辺だけなので、入り口もウォーキングトラックも今までと一緒です。入り口には今まで通りこの地図があります。

ワイングラスベイ展望台ハイキングタスマニア今までは展望台は一つしかなく繁忙期はかなり混雑しましたが、今は展望台がいくつかできて、周遊できるような形になりました。いくつか違うポイントからワイングラスベイを見ることができますし、何より人が流れる作りになっているので、かなり混雑が解消できると思います。

最初の展望台からの景色です。今までの展望台よりは少し低いですが、こんなにきれいに見えます。

ワイングラスベイ展望台ハイキングタスマニアワイングラスベイ展望台ハイキングタスマニアそして上の写真にある歩きやすい通路を歩いていくと、次の展望台に。

ワイングラスベイ展望台ハイキングタスマニアその後は少し階段を登ります。そこからも振り向けばワイングラスベイが見えます。

ワイングラスベイ展望台ハイキングタスマニアそして最後に今までの展望台に着きます。ここの写真は撮り忘れたので下は古い写真です。

ワイングラスベイ展望台ハイキングタスマニアまだまだ海外からのお客様は難しいですが、オーストラリア国内ではたくさんの人が旅行を始めています。タスマニア政府も設備をアップグレードして、もっとたくさんのお客様をお迎えできるように頑張っています。早く皆さんが安心してタスマニアへ旅行に来られる日が来ることを祈っています。

ウォンバットの保護活動を行っている方を訪ねました

皆さんはウォンバットをご覧になったことはありますか?とってもかわいい動物で、私はタスマニアの野生動物の中で一番好きと言っても良いくらいです。もちろん、タスマニアンデビルやワラビーやエキドナも大好きなのですが。。。このウォンバット、mange(毛包虫症)と呼ばれる皮膚の病気にかかりやすいそうです。mangeとはダニの一種が皮脂腺に寄生することによって起こる病気で、脱毛、かさぶた、色素沈着、化膿などが症状の例です。ひどい場合には死に至ることもあります。

ご縁があって、ウォンバットをそんな病気から救うべく活動をしている方を訪ねてきました。mange用のお薬があるそうですが、野生のウォンバットに薬を塗るのはそんなに簡単なことではありません。巣の入り口を見つけて、そこにウォンバットに薬を塗ることができる罠を仕掛けるような形になります。ウォンバットが通るたびに、薬がこぼれウォンバットの体にかかる仕組みになっています。定期的にお薬を仕掛けに行きます。大変な仕事だと思います。

Wombat Rescue Tasmania ウォンバットの保護活動タスマニアWombat Rescue Tasmania ウォンバットの保護活動タスマニア上記に加えて、この方はお母さんが死んでしまったみなしごウォンバットの保護も行っています。ウォンバットは大人になると縄張りを張り単独で行動をする動物ですが、子供の時は本当に甘えん坊でとてもかわいいです。普通はさせてもらえませんが、特別に私達は抱っこをさせてもらいました。私のにおいを嗅いでいたのかキスをしてくれていたのかわかりませんが顔を近づけてくれたり、私の指を軽く噛みながらじゃれてくれたり、もうずっと離れたくないくらいかわいかったです。この子も大人になったら変わってしまうのかと思うと少し寂しいですが、それが野生のウォンバットの姿です。この子も大人になったら野生に返されます。

Wombat Rescue Tasmania ウォンバットの保護活動タスマニアWombat Rescue Tasmania ウォンバットの保護活動タスマニアWombat Rescue Tasmania ウォンバットの保護活動タスマニアなかなか見ることができない小さなウォンバットのしっぽも子供の頃なら見やすいですよ。

Wombat Rescue Tasmania ウォンバットの保護活動タスマニア一生懸命にウォンバットを保護してくれている方達の努力を目の当たりにし、私達もできる限りの支援をしたいと心から思いました。ご賛同頂ける方、ぜひぜひご協力をお願いいたします。Wombat Rescue Tasmaniaのフェイスブックページはこちらです。言葉に不安のある方は私達に連絡していただいても構いません。ぜひぜひみんなの手で、このかわいいウォンバットを保護していきましょう。

東日本大震災10周年

2011年3月11日に東日本を襲った大震災からもう10年が経ちます。私達も遠いタスマニアからオンラインで式典を見ながら1分間の黙禱に参加させていただきました。

10年は長いようであっという間だったように思います。まだまだ苦しんでいる方々のお話を耳にします。あの日を忘れることなく、今後も私達にできる限りの支援を心がけていきたいと思います。

福島出身の私は、東日本大震災のニュースを見たときには、とても心配でした。家族に連絡がつかない中、自分だけが安全なタスマニアにいるという罪悪感もかなりありました。幸運にも私の家族は無事でしたが、被災者の方々のために何かしたいという気持ちから、豪日協会(Australia-Japan Society)タスマニア支部の協力を得て、義援金を募る写真の展示会をホバートで開催しました。たくさんの方々にご来場いただき、たくさんの支援を頂いて、翌年日本へ帰省した際に3団体に分けて寄付をさせていただきました。ホバートの方々の暖かい気持ちが被災者の皆様へ届いていてほしいと思います。

10年たった今、皮肉にも私達はコロナウイルスという新しい問題に直面していますが、あの震災から立ち直ることができた皆さんなら、きっとこの状況からも立ち直ることができると思います。

東日本大震災で亡くなられた方々、ご遺族の方々に哀悼の意を表し、タスマニアからエールを送りたいと思います。

東日本大震災10周年

岩手県宮古市にて朝陽に照らされる日の丸。2011年7月。手書きのメッセージに力強さを感じます。

タスマニアコロナウイルス情報

今日はひな祭りですね。海外で生活をしていると、日本には季節を感じることができるイベントがたくさんあって素敵だなと感じます。日本ではそろそろ桃の花が咲く頃でしょうが、こちらタスマニアは暦の上では秋に入り、段々と寒くなってきました。

昨日3月2日は、タスマニアで初めてのコロナウイルスの感染者が報告された記念日でした。昨年2020年の3月2日の夕方のテレビのニュースで見て、”とうとう来たか~”と思ったのを覚えています。あれからもう1年経つんですね。たくさんの人の生活を大きく変えた1年でした。

この機会にタスマニアのコロナウイルスの情報をアップデートしてみたいと思います。

タスマニアは現在コロナウイルスの感染者はいません。12月に海外から戻ってきた家族の感染が隔離中のホテルで確認されましたが、それも地域感染に広がることはなく、その後82日間新しい感染者は出ておりません。現在までの総感染者数は232名、内亡くなった方は13名です。残りの219名は回復しています。

現在はオーストラリア全ての州がLow-risk(感染のリスクが低い)に指定されていますので、オーストラリア国内からでしたら自己隔離の必要がなくタスマニアへ来ることができます。Tas e-Travel Systemから登録は必要になりますので、オーストラリア国内からタスマニアへ来られる予定の方は、こちらから登録をお忘れなく。他州の状況によっては感染のリスク度が変わる可能性もあり、その際には隔離の必要性などが出てくることがありますので、タスマニア州政府のサイトで最新情報を確認することをお勧めします。

タスマニアでもワクチンの接種が始まりました。現在はまだ感染のリスクの高い職業の方、ホームに入っている高齢者などに限られますが、徐々に一般の人にも回ってきます。早くワクチンが普及してウイルスが落ち着き、日本から皆さんがタスマニアへ遊びに来ることができるようになってほしいと思います。それまでもう少しみんなで頑張りましょう。

南半球のオーロラ (Aurora Australis)

最近お天気は良いですが、少しずつ肌寒くなってきているホバートです。2月はもう少し暑くても良いと思うのですが、今年はラニーニャ現象の影響で比較的涼しくて雨の多い夏でした。

先週のブログにオーロラの写真を載せました。オーロラのお話は以前にもしたことがあると思うのですが、しばらく触れていなかったので、今日は再度南半球のオーロラ、Aurora Australisのお話をしたいと思います。

オーロラと言うと北半球のイメージが強いと思いますが、南半球でも同じ現象が起こります。南半球は南極の近くにあまり大陸がありませんから、見られる場所が限られるというのもあまり知られていない理由の一つだと思います。ここタスマニアでもオーロラ見られるんです。ただしタスマニアはまだまだ中緯度なので、オーロラ鑑賞で有名な北半球のアラスカやカナダ、ノルウェーなどと比べると緯度が低く、頭上を見上げるようなオーロラは見られません。常に水平線・地平線上で遠くで起こっている現象を見ているという感じがあります。それでも私は一番最初に見たときの感激は忘れられません。下の写真が私が一番最初に見たオーロラです。2012年の9月でした。

オーロラタスマニア実際のオーロラは写真で見るよりも全然色が薄いです。緑色は裸眼でも見えますが、それ以外の色(ピンクや紫など)は私は白っぽくしか見えませんでした。それでも、突き上げてくるビームやカーテンのように揺れる光の動きは見えますので、そのスケールの大きさにやはり感動します。まだオーロラ見たことがない方、写真と同じようには見えませんので、それは理解したうえで見に行ってくださいね。

オーロラタスマニア マウントウェリントンオーロラが見える季節というのは特には決まっていないです。年間を通して見ることができます。ただし、オーロラは暗くないと見えないですから、夜の長い冬の方が確率は高いということになると思います。オーロラにはお天気も関係していて、雲がかかっていると見えません。難しいですね。絶対とは言えませんが、お彼岸の頃が見えやすいというのを何度か聞いたことがあります。3月と9月です。ちなみに私達はカレンダー上のほとんどの月でオーロラを見たことがありますので、本当に決まりはないんです。強いてここでアドバイスをできるとしたら、万が一オーロラが発生したときには、月が出ていると月の光はかなり邪魔です。なので、満月の時期は避けたほうが良いと思います。

オーロラタスマニア クレイドルマウンテンオーロラタスマニア フレシネ国立公園何がオーロラを起こすのかというと、太陽の活動です。太陽の表面で爆発が起こった時に、太陽から飛び出してきた原子や陽子が風のように地球に押し寄せてくるものを太陽風と呼びますが、この太陽風が北極や南極上空の酸素や窒素などの原子を刺激して光を出すんだそうです。つまり、まずは太陽で爆発が起こってくれないとだめということです。太陽にも活動の周期があって、大体11年周期なんだそうです。今まではソーラーミニマムと呼ばれる太陽の活動があまりない静かな時期だったのですが、最近太陽の表面に黒点の数も増えてきて、段々と太陽の活動が活発になってきました。今後数年間に期待をしたいと思います。

オーロラタスマニアよく聞かれる質問が、オーロラは予測ができるのかということなんですが、これはなかなか答えるのが難しい質問です。短い期間での予測ならある程度は可能ですが、絶対ではありません。太陽で爆発が起こると、その太陽風が地球へ到達するまでに2ー3日かかりますから、2ー3日後にオーロラが起こるかもくらいの予想ならできます。でもそれも絶対ではありません。前回のソーラーマキシマム(太陽の活動が活発な時期)に、数日後にかなり大きなオーロラが見られるだろうという噂が広まって、オーロラを見たいがためにオーストラリア本土から急きょタスマニアへ飛んできた人の話を聞いたことがありますが、その時には予想に反してほとんどオーロラは見られませんでした。こんなこともあるんだなと実感しました。これが私達がオーロラのツアーをできない理由です。あまりにもランダムすぎますし、タスマニアは中緯度にある分、そんなに頻繁には見られません。オーロラツアーについても良く質問を受けますが、ご理解いただければ幸いです。ただし、万が一オーロラが発生すれば、私達はわかりますよ。その時にはご案内できると思います。

オーロラタスマニア オーバーランドトラックオーロラタスマニアまたタスマニアでオーロラが見られたら、弊社のインスタグラムフェイスブックでシェアをしたいと思います。まだの方、ぜひフォローをお願いします。ではまた次回。

1 2 3 14