最近の投稿

ホバートのおすすめレストラン:Ball & Chain Grill

ホバートでステーキを食べるならここ!Salamanca Placeの一角にある老舗ステーキレストラン「Ball & Chain Grill」です。Ball & Chainとは囚人の足かせのこと。Salamanca Placeの倉庫群は1830年代に囚人たちの手によって建設されました。歴史を感じる店内は炭火で焼かれるステーキの良い香りで溢れています♡

Ball & Chain Grill Hobart

タスマニアンビーフは牧場で放牧され、草だけを食べて育つ『グラス・フェッド』という飼育法が主流です。グラス・フェッドで育った肉は、脂肪分が少なく、たんぱく質が多い赤身肉で日本でも健康志向の人々に近年人気が出ていますよね。特に空気や水が綺麗なタスマニアでは滋養の高い牧草が生えるとされ、良質のグラス・フェッド肉が出来上がるのです。Ball &Chainでは厳選して選び抜かれた良質のタスマニアンビーフを熟成し、炭火グリルで丁寧に焼き上げたタスマニアNo.1といっても過言ではない美味しいステーキをご賞味いただけます。

Ball & Chain Grill Hobart
おすすめは特に柔らかい肉質が特徴のEye fillet(180g$32.00/300g$44.00 – 2018年12月現在)。タスマニア産赤ワインとともにいかがでしょうか?

Ball & Chain Grill Hobart
ステーキは焼き具合もお選びいただけます。また、ステーキには無料のサラダバーもついてくるのも嬉しいポイント!

Ball & Chain Grill Hobart
※連日多くのお客様で賑わっていますので、ディナータイムは事前のご予約がおすすめです。

ロスの町:Ross Uniting Church

ホバートとロンセストンをつなぐ「ミッドランドハイウェイ」。ホバートとロンセストンのおよそ中間点に位置する小さな街「ロス」は、有名アニメ映画のモデルになったと言われるパン屋さんがあることから、人気の観光地です。

ross uniting church tasmania
人口400名ほどのこの街には、3つの教会が建てられています。今日はそのうちのひとつ、「The Uniting Church」をご紹介します。オーストラリアで3番目に古い橋「Ross Bridge」を渡り、メインストリートを右折すると、丘の上に見える教会です。

ross uniting church tasmania

ross uniting church tasmania

この教会は1885年に建てられた、オーストラリア合同教会です。建物内に入ると木造の天井やインテリアから温もりを感じることができます。信徒席や洗礼台はブラックウッドの木が使われているそうですよ。

ross uniting church tasmania ross uniting church tasmania

ross uniting church tasmania ross uniting church tasmania

この教会が建てられる前、この場所にはWesleyan Chapelという別の教会が建てられていたそうです。建物の老朽化により、新しい教会の建設が計画され、現在の建物が出来上がったのですが、以前のChapelの壁の一部が記念碑となって今も残されていますので、訪れた際はこの記念碑にも注目してみてくださいね。

オーロラ

皆さん、オーロラと聞くと、北欧やアラスカ、カナダをイメージする方が多いのではないでしょうか?でも実は、南半球にあるタスマニアでもオーロラが見られることをご存知でしたか?

タスマニアでみられるオーロラは「サザン・ライツ」または「オーロラ・オーストラリス」と呼ばれています。

ここ、タスマニアでは、なんと1年中オーロラを見られるチャンスがあります!日没時間が早く、最もオーロラ鑑賞をしやすいといわれているのは冬の時期ですが、最低気温が氷点下になることはほとんどありませんので、オーロラ鑑賞でよく耳にする、身も凍るような猛烈な寒さに耐える必要はほとんどないんですよ。

オーロラは南極の方角に現れますので、オーロラ観察をするときはタスマニア島で出来るだけ南の方に行き、明りのない場所を探すのがベストです。しかし、なんとホバートから車で10分のMt Nelsonでオーロラが見えたという方もいるんですよ。

オーロラは肉眼では見えにくいので、オーロラ観察の際にはカメラをお忘れなく!

タスマニアの見どころ満載3泊4日ツアー

Leatherwood Tasmania Toursのツアーで絶大な人気を誇る3泊4日ツアー

タスマニア人気ツアー クレイドルマウンテンとワイングラスベイツアー

タスマニア人気ツアー クレイドルマウンテンとワイングラスベイツアー

世界遺産のクレイドルマウンテンや美しい景色の一望できるワイングラスベイはもちろんの事、あの魔女の宅急便のモデルとなったと言われているロスのパン屋さん、幻想的に青く光る土ボタルの生息する鍾乳洞、タスマニアの希少な動物たちに会えるボノロングワイルドライフパークや野生のペンギンツアーと4日間でも内容は盛りだくさん!

タスマニア人気ツアー クレイドルマウンテンとワイングラスベイツアー

せっかくのタスマニアだからあれもこれも見たい方にはとくにおススメです。

キキののパン屋さん

キキののパン屋さん

また、ここタスマニアは空気と水がとても美味しいため、沢山の美味しいワインやビールの生産地としても知られています。この素晴らしいワインやビールはタスマニア内でほとんど消費してしまう為に、国外にはあまり出回っていません。

ワイナリーランチ

このツアーではそんなタスマニアのワインも味わっていただけるよう、有名なワイナリーでの昼食も含まれています。

タスマニアの魅力を是非堪能して行って下さい!詳細はこちらから

タスマニアデビル

現在は絶滅危惧種に指定されているタスマニアデビル。クマにも大きなネズミにも見える可愛らしい見た目とは裏腹に、デビル=悪魔という名前がついていますが、皆さん何故この名前が付けられたのかご存知ですか?

タスマニアデビル

タスマニアデビルの名前の由来は諸説ありますが、19世紀前半、この地に初めて降り立ったイギリス人入植者が、暗闇で聞くタスマニアデビルの鳴き声が悪魔のようだったり、暗闇で目や耳が赤く光って見えたことから悪魔に取りつかれているのではないかと考えられたという説が有力です。

タスマニアデビル

また、丈夫な顎を使って、動物の毛皮や骨までも残さず食べつくしてしまうその姿もなんだか少しゾッとしますよね。

タスマニアデビル

でも実際は、とってもシャイで、狩りが苦手。そして、両足を揃えて出す走り方がなんとも愛らしいのです!

タスマニアデビル

現在はタスマニアにのみ生息する貴重な動物です。タスマニア旅行にお越しの際は、ぜひタスマニアデビルに会いにきてくださいね。

この写真は全てDevils@Cradleで撮影したものです。

世界の日本人妻は見た:タスマニア編

”世界の日本人妻は見た”がタスマニアへやってきました!放送は5月16日(火)。タスマニアに住む日本人の視点から見たタスマニア。いろいろなお話が聞けて見れるおもしろい番組になっていると思います。ぜひご覧ください。

sekainonihonjintzuma-tasmania

現地での撮影のコーディネートという貴重な経験もさせていただき、私達も出来上がった番組を見るのがとても楽しみです。タスマニアでペンギンを見たり、タスマニアオオガニを食したり、タスマニアで忍術を学んだり、内容は盛りだくさん。皆様お見逃しなく!

更に詳しい情報は、番組の Facebook page をチェックしてみてください。

 

 

1 2 3 4 8