最近の投稿

COVID-19 (コロナウイルス)関連

現在コロナウイルスで世界中が大変な時だと思います。旅行もできずに残念な時間が続きますが、健康が何よりです。お互いに頑張ってこの時期を乗り切りましょう。

タスマニア州では現在(8月28日)ウイルスに感染していて治療を受けている人は1名。2週間以上新たな感染者は報告されていません。州内は他都市に比べて安心できる状態ですが、残念ながらタスマニアの州境は早くても12月までは開く見込みがないようです。もちろん他都市の状況によってはこの日程も変わる可能性がありますが、しばらくの間はタスマニアへお越しいただくことは難しそうです。

そんな状況の中私達に何ができるか考え、まずはSNSを通してタスマニアの魅力を皆様に発信していきたいと思います。以下からフォローをして頂ければ幸いです。

Facebook

Instagram

一日も早い収束、皆様の健康をお祈りしつつ、いつかタスマニアで皆様にお目にかかれるのを楽しみしています。

ワイングラスベイとロスの町日帰りツアー

コロナウイルスで大変な状況だと思いますが、皆様どのようにお過ごしでしょうか?今は健康第一で自粛をされるのが一番だと思います。ウイルスが収束した際にはぜひまたタスマニアへお越しください。その時のために、今日は人気のワイングラスベイとロスの日帰りツアーのご紹介です。

ロス町タスマニア9:00前にホバートの町を出発して、1時間半ほどのドライブ。最初のストップはかわいらしいロスの町です。

キキのパン屋さんロス町タスマニアここで一番人気があるのがロスビレッジベーカリーというパン屋さん。このパン屋さんが、宮崎駿さんの映画“魔女の宅急便”でキキが働いていたパン屋さんのモデルになったと噂をされているパン屋さんなんです。噂なので真相はわかりませんが、ジブリファンにはタスマニアにきたらここは欠かせない訪問地のようです。運が良ければキッチン内のオーブンも見せてもらえます。このオーブンが、モデルになったと噂される所以だそうです。

キキのパン屋さんロス町タスマニア・ホバート発着日帰りツアーオーストラリアで3番目に古いロスブリッジもかわいらしくて見ごたえのある橋です。このローマ数字皆さん読めますか?ホバートまでは何マイルあるでしょうか?今はオーストラリアでもキロメートルを使いますが、このマイル表記も古さを感じさせますよね。

ロス町タスマニアロス町タスマニア・ホバート発着日帰りツアーロスを見学したらまたドライブです。1時間半ほどかけて東海岸のフレシネ国立公園へ移動します。フレシネ国立公園に近づいてくると、迫力あるハザードの山の連なりが見えてきます。

フレシネ国立公園タスマニア・ホバート発着日帰りツアーフレシネ国立公園に着いたらまずはランチ。ランチはツアー代金に含まれていますので、心配はありません。

ワイングラスベイ展望台ハイキング・ホバート発着日帰りツアーワイングラスベイ展望台ハイキング・ホバート発着日帰りツアーランチを食べたら、ワイングラスベイ展望台へ向けて、ハイキングスタートです。往復約3キロ、高低差約160メートルのコースは、登りは少し大変ですが、ゆっくりゆっくり景色を楽しみながら歩きます。赤い花崗岩の景色もとても見ごたえがあります。頑張って登ったご褒美がこのワイングラスベイの景色です。十分景色を堪能した後、駐車場へと戻ります。その後出発まで、フレシネ国立公園内の他の観光スポット、トービル岬やハネムーンベイなどを時間に応じて見学。運が良ければ野生のワラビーを見れるときもあります。

ワラビー、フレシネ国立公園タスマニア16:30にフレシネを出発し、まっすぐホバートへと帰ります。ホバートまでは2時間半かかりますので長い移動ですが、途中に見れるフレシネ半島やマリア島の景色も素敵です。19:00頃ホバートへ戻りツアー終了です。

ウォンバット

ずんぐりした体に短い手足、つぶらな瞳がとっても愛らしい人気者ウォンバット。

ウォンバット、クレイドルマウンテン、タスマニア
コアラと祖先が同じで、コアラは木の上で生活をするように進化したのに対し、ウォンバットは地上で生活するように進化をしてきました。よく見ると顔も体形も似ていますね。

ウォンバット、クレイドルマウンテン、タスマニア
ウォンバットは穴堀りがとっても得意な動物です!なんと、3mから10mの長さがある巣穴を作るそうです!あの小さな体からは想像できない大きさですね。

ウォンバット、クレイドルマウンテン、タスマニア
巣穴の中は寝室、トイレなど複数の部屋に分かれており、トンネルでつながっています。寝室は巣の一番奥に作られ、草や樹皮などを敷いた寝床を作るそうです。のんびりとした見た目とは裏腹にかなり几帳面な性格のようですね。

ウォンバット、クレイドルマウンテン、タスマニア

ウォンバットのポケットは後ろ向きについています。赤ちゃん、見えますか?

クレイドルマウンテンに滞在すると、かなりの確率で野生のウォンバットに出会うことができます。

マウントフィールド国立公園・ラッセルの滝

2013年にタスマニア原生地域世界遺産に加えられたMt. Field国立公園はホバートから車で約1時間と、最もアクセスしやすい世界遺産です。

マウントフィールド国立公園・ルッセルの滝

マウントフィールド国立公園・ラッセルの滝

Mt. Fieldの一番の見どころはラッセルの滝。ビジターセンターから歩きやすく舗装され、ほぼ平坦な道を往復約20分ほど歩きます。

マウントフィールド国立公園ビジターセンター

マウントフィールド国立公園
ラッセルの滝は落差40m。冬場の水量が多い日は特に見応えがあります。

マウントフィールド国立公園・ルッセルの滝

マウントフィールド国立公園・ラッセルの滝

マウントフィールド国立公園・シダの森

マウントフィールド国立公園・シダの森

マウントフィールド国立公園・シダの森

マウントフィールド国立公園・シダの森

そんなラッセルの滝には、面白いエピソードがあります。滝の第一発見者であるブラウニングさんは、この滝をご自身のお名前にちなんで、「ブラウニングの滝」と命名したそうですが、人々がほかの滝と混同しラッセルの滝と呼び始めてしまいました。その後、「ラッセルの滝」という名前のほうが浸透してしまい、現在でもラッセルの滝と呼ばれているのです。

クレイドルマウンテンの父グスタフ・ウェインドルファー

タスマニアで人気のスポットの一つがクレイドルマウンテンですが、クレイドルマウンテンが今のようになるには、こんな人の努力がありました。

ウェインドルファーの日記

クレイドルマウンテンの父とも言われるオーストリア人で植物愛好家のグスタフ・ウェインドルファーは、クレイドルマウンテンを国立公園にするために尽力した人です。現在の国立公園内に土地を買って小屋を建て、お客様のおもてなしを始めました。その後クレイドルマウンテンは保護をされるようになり、現在ではタスマニア原生地域内で世界遺産の一部となっています。

彼の有名な言葉“ここは人々の為に国立公園としてあるべきだ。そして人々はここを知って楽しむべきだ。“は今でもタスマニアに語り継がれています。彼が人々を呼ぼうとして最初に建てたゲストハウス”ウォルドハイム“の小屋はタスマニアの固有種キングビリー・パインを使って建てられています。復元されたものとなりますが、この小屋は現在でも国立公園内で見る事が出来ます。

そこでは少し寒々しい小屋の雰囲気があり、その小屋の近くには彼の石碑も建てられています。彼は今でもこの地に眠っています。周りにはタスマニアの固有種である独特の風貌を持つパンダニが多数林立し、毎年New Years Dayにはオーストリアの風習でもあるEverlasting Flowerと4つのキャンドルが今でもお墓に備えられています。

ぜひウェインドルファーの伝えたかった大自然を肌で感じてください。

クレイドルマウンテンへのツアーは、以下のリンクからどうぞ。

 

ロンセストン発着クレイドルマウンテン日帰りツアー

ホバート発着クレイドルマウンテン1泊2日ツアー

クレイドルマウンテン

Cradleとは“ゆりかご”と言う意味があるのを皆さんご存知でしょうか。ここクレイドルマウンテンの山頂をダブ湖から見上げるとその意味がよくわかります。赤ちゃんがゆりかごに入っているように見えますね。

クレイドルマウンテン、タスマニア

クレイドルマウンテン、タスマニア

ゆりかごマウンテン

そんなクレイドルマウンテン一帯は1982年に世界の複合遺産として登録されています。この地域はまさしく自然の楽園。壮大な自然、太古の原生林、そして数えきれないほどの世界でも珍しい有袋動物や単孔類の宝庫です。また、たくさんの鳥たちが訪れます。

ワラビー

ウォンバット

天気の良い日には壮大なクレイドルマウンテンが。雨の日にはとても幻想的な太古の森のような景色が。また、Overland Trackという世界遺産内を6日間かけて縦断するコースもあり、それこそ手つかずの大地を肌で感じることが出来ます。

オーバーランドトラック

たくさんの表情を持つCradle Mt – Lake St Clair 国立公園は訪れる人々を魅了してやみません。

1 2 3 4 10