最近の投稿

リフィーの滝(Liffey Falls)

先週は心配した南オーストラリア州のクラスターですが、(もちろん油断は禁物ですが)あまり大きく広がることもなく、予定より早く南オーストラリア州のロックダウンは終了しました。またメルボルンも24日間連続で新しい感染者数は0(11月24日現在)。11月23日にはシドニーがあるニューサウスウェールズ州とメルボルンがあるビクトリア州の州境も再開し、オーストラリアは嬉しいニュースが続きます。

今日はタスマニア第2の都市ロンセストンから車で約1時間の場所にあるリフィーの滝のご紹介です。タスマニアには綺麗な滝がたくさんありますが、その中でも上位に入る滝だと思います。日本人の間で一番有名なタスマニアの滝は、マウントフィールド国立公園にあるラッセルの滝だと思いますが、このリフィーの滝もラッセルの滝に負けない美しさです。

リフィーの滝へ歩くには駐車場が2つありますが、私達は上の駐車場から歩きました。ここからは往復約2キロ、45分のハイキングです。行は下りで、帰りは登りになります。普段歩き慣れない方には帰りは少し大変かもしれませんが、大きなシダの木がある森林の中を歩いていく、とても気持ちの良いハイキングですし、段々近づいてくる水の音、途中聞こえる鳥のさえずりなど、楽しみもたくさんあります。少し頑張ってみる価値はあります。
リフィーの滝タスマニア
リフィーの滝タスマニア途中いくつか小さな滝が見れますが、ゴールはここ。段になって流れているリフィーの滝。絶景です!心が洗われるとはこういうことを言うんだなと感じます。ちなみにこのリフィーの滝もタスマニア原生地域世界複合遺産に含まれている場所です。

リフィーの滝タスマニア

リフィーの滝タスマニア途中トラックから逸れて川岸に降りていける場所もありますが、足元には十分気を付けてください。足を滑らせて川に落ちた人を私は目撃しました。足だけでしたが、濡れた靴で帰り歩くのは気持ち悪かったのではないかと思います。ここでのランチも考えましたが、石や木が濡れていてちょうど良い座れる場所を探せなかったので、私達は少し戻って上の小さな滝でランチを食べることにしました。

ここは平らで川のすぐそばに座れるので、ランチを食べるにはちょうど良かったですが、濡れているときには滑ると思いますので、要注意です。

リフィーの滝タスマニアもう少し戻ったところで私達はカモノハシを見たことがあります。とてもリラックスしたカモノハシで、逃げることなくビデオを撮ることができました。必ず見れる約束はできませんが、ラッキーな方は、リフィー川でカモノハシに出会えるチャンスもあります。

あとは同じ道を歩いて駐車場に戻ります。そんなに大きな駐車場ではないですが、お休みの日は車がいっぱいになる地元の人達にも人気の滝です。行くまでの道は未舗装の部分も多く、最後は道が細くもなりますので運転には注意が必要ですが、チャンスがあればぜひ訪れていただきたい場所の一つです。

 

パインレイク(Pine Lake)

アデレードでクラスターが発生し、急遽南オーストラリア州からタスマニアへ来る人に14日間の自己隔離が再導入されました。少し残念なニュースですが、現時点(11月17日)ではこのクラスターによる感染者数は18名。うち15名は近親者のようです。感染力の強いウイルスなので油断は禁物ですが、南オーストラリア州政府は最善を尽くしているようです。状況を見守るとともに、一日も早い収束を祈りましょう。

今日はタスマニアの中央部セントラルプラトー(中部山岳台地)にあるパインレイクのご紹介です。標高約1200メートルの場所にあるパインレイクは夏でも寒い時がありますが、私達は冬に行ったにもかかわらず、こんなに素晴らしい晴天に恵まれました。

パインレイクタスマニア

このパインレイクには往復30分程度のショートウォークがあります。木道で平坦なのでとても歩きやすいですし、長いドライブの途中に足を伸ばすには最高の場所です。またこのエリアは国立公園ではないですが、世界遺産に含まれています。

パインレイクタスマニア

パインレイクという名前の由来にもなっているのが、ペンシルパインと呼ばれるタスマニア固有の植物です。杉の仲間で、通常標高が高い場所(700メートル~1200メートル)に生息します。落ち葉ですが、葉っぱのクロースアップの写真を見てみてください。(注:これは落ち葉なので茶色いですが、葉っぱは緑です。)

パインレイクタスマニア

葉っぱを近くで見てみると、うろこが重なり合っているような感じに見えます。これによって熱や水分が逃げるのを防ぐことができ、こんなに厳しい自然環境の中で生き残ることができるんだそうです。氷河期も生き残ってきた、とても寒さに強い木です。逆に火にはとても弱く、燃えてしまったら終わりです。タスマニアの固有種でありながら数が減ってきているペンシルパイン。絶やすことなく、守っていきたい植物の一つです。大自然の中、とても絵になる木ですよね。

パインレイクタスマニア

こんなにお天気が良いのに、湖の表面は凍っていました。

パインレイクタスマニアパインレイクタスマニア

夏のお花の時期はまたきれいです。脇を通った際には、ぜひ車を止めて歩いていただきたいお勧めのショートウォークです。

 

タスマニアワイルドフラワ―:ランの花 (orchids)

11月6日(金)から、シドニーがあるニューサウスウェールズ州からも、自己隔離の必要なくタスマニアへ入ってこられるようになりました。あと残すはメルボルンがあるビクトリア州のみですが、メルボルンも連日新感染者0で、規制も徐々に緩和されてきているようで、嬉しいニュースが続きます。ビクトリア州との州境再開も、もしかしたら当初の予定より早まるかもしれない、というニュースも出てきています。明るい気持ちになりますね。

タスマニアも段々と暖かくなってきています。もちろんタスマニアなのでまだ寒い日はあるのですが、今週は最高気温が30度の予報の日もあります。夏に向かっていっているのを実感します。

今日は春の楽しみの一つ、ランのお花のご紹介をしたいと思います。全部タスマニアに自生するランです。種類によって大きさは違いますが、基本的には小さな花ですから、見つけると嬉しいんですよね。

最初の写真はフライングダックオーキッド(Flying Duck Orchid)です。オーキッドとは英語でランのことです。本当にカモが飛んでいるように見えますよね。くちばしの感じが何とも言えずかわいいです。

 

タスマニアワイルドフラワー Flying Duck Orchid

こちらはタイガーオーキッド (Tiger Orchid)

タスマニアワイルドフラワー Tiger Orchid

これはヘルメットオーキッド (Helmet Orchid)。小さいので、気が付かなければ踏んでしまいます。

タスマニアワイルドフラワー Helmet Orchid数か月前のケープ・ホイのブログポストにも2つランのお花の写真を載せました。興味がある方はぜひもう一度ご覧になってみてください。今年はいつも以上にランのお花を見つけていると思います。コロナウイルスのせいで例年より時間に余裕があるせいだと思いますが、せっかくの時間なので有意義に使っています。

以下は今年の写真ではないですが、全てタスマニアに自生するランの花です。かわいらしいもの、面白い(?)もの、いろいろですね。

タスマニアワイルドフラワー Sun Orchidタスマニアワイルドフラワー Spider Orchidタスマニアワイルドフラワー Red Beaks Orchidタスマニアワイルドフラワー Sun Orchidタスマニアワイルドフラワー Caladeniaタスマニアワイルドフラワー Greenhoodタスマニアワイルドフラワー Beard Orchidタスマニアワイルドフラワー Waxlip Orchid

最後になりましたが、これらの写真は全部弊社のルーク (Luke O’Brien)が撮ったものです。小さいですから、ランのお花の写真を上手に撮るのはそんなに簡単ではありません。私がスマホで撮った写真とは全然違います。風が吹いているときには揺れてしまいますし、根気も必要。ルークさん素敵な写真ありがとうございます。

ライオンロック

タスマニアはオーストラリアで一番南にある州なのは皆さんご存知だと思います。今日はタスマニアの南海岸にあるライオンロックのご紹介です。

オーストラリアで一番南を走る道路を最後まで行くと行きつくのがコックルクリーク (Cockle Creek)という場所です。車で行けるのはここまで。南の海岸線を見るにはここから歩いていかなければいけません。

コックルクリークタスマニア

片道約2時間、ほとんど平坦な道を歩いていきます。木道の部分もたくさんありますが、木道がないところは雨が降った後はぬかるみます。また、平坦とは言ってもかなり人里離れた場所になりますので、行く方はある程度のハイキングの経験が必要だと思います。

タスマニアサウスウェスト国立公園ライオンロックハイキング

ハイキング中、今回は嬉しいサプライズがありました。

何の鳥かわかりますか?これはコトドリ (Lyrebird)という鳥です。オーストラリアの10セント硬貨に描かれている鳥です。タスマニア原産の鳥ではないですが、オーストラリア本土での絶滅を懸念してタスマニアに導入され、現在では野生で生息します。タスマニア内でも生息するエリアは限られ、なかなか野生で見るのは難しい鳥です。ラッキーでした。コトドリはものまねがとっても上手な鳥です。これも他の鳥の鳴き方を真似ているようです。

その後もう少し歩いて、サウスケープベイ (South Cape Bay)に到着です。

サウスケープベイ (South Cape Bay)

そこでこんなサインを見つけました。

サウスケープベイ (South Cape Bay)

オーストラリア最南端ですと書いてあります。写真で見てもわかる通り、更に南に岬(サウスイーストケープ)が見えますが、そこまで歩いていくトラックはないので、普通の人が行けるのはここまでという意味になるんだと思います。オーストラリアのような大きな国の端っこにいるというのもおもしろい感覚です。この海の先はもう南極です。

ここからビーチに沿って更に15分程歩いていくと、ライオンロックに到着です。どうしてライアンロックと呼ばれているのかは一目瞭然だと思います。ライオンが伏せているように見えますよね。

ライオンロックタスマニア

実はこの岩結構薄くて、角度が変わると全然見え方が違います。もう少し先まで歩いてみてください。これもおもしろいです。

ライオンロックタスマニア

他にはそんなに人がいなくて、大自然を存分に楽しむことができました。ゆっくりと景色を楽しんだ後は同じ道を歩いて駐車場まで戻ります。海岸でキャンプをしても良いですし、ホバートからなら長い一日にはなりますが、日帰りも無理ではありません。お勧めのハイキングコースの一つです。

トロワタアーチ(Trowutta Arch)

10月26日からタスマニアは感染者数が少ない南オーストラリア州、西オーストラリア州、クイーンズランド州、首都特別地区、北部特別地区に対して州境を再開しました。ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州はもう少しです。

今日はタスマニアの北西部ターカインにあるトロワタアーチのご紹介です。

ターカインドライブというツーリストルートを少しそれて未舗装の道を行くと、小さな駐車場があります。まだまだ訪れる人は少ない、知る人ぞ知る場所です。

トロワタアーチタスマニア片道15分程レインフォレストの中を歩いていきます。道もきちんと整備されていますし、とても気持ちの良いウォークです。大きなシダの木や南極ブナなどの木もさることながら、小さなキノコや虫などもとても興味深いです。

トロワタアーチタスマニアトロワタアーチタスマニア

最後階段を降りると見えてくるのがこのトロワタアーチ。地中にできた空洞が崩壊してできたシンクホール(陥没孔)によって作られた地形だそうです。藻類などの植物で緑に見えるセノーテ(泉)もとても神秘的です。

トロワタアーチタスマニア

トロワタアーチタスマニア

トロワタアーチタスマニア水際まで下りていくこともできますが、アーチの先はきちんとした道はなく、ぬかるんだ坂を下りて行くようになるので、注意が必要です。つかまる手すりもありません。ですが、水際から見上げるとさらにアーチの大きさが実感できます。

トロワタアーチタスマニア十分景色を楽しんだら、同じ道を歩いて駐車場まで戻ります。往復30分程のショートウォークでこれだけの景色が楽しめるお勧めの場所です。まだまだ訪れる観光客が少ないタスマニア北西部ですが、素敵な場所がたくさんあります。

マウントフィールド国立公園とボノロング野生動物公園日帰りツアー

タスマニアもオーストラリア国内での州境の再開の目途が立ちました。感染者数が少ないクイーンズランド州、南オーストラリア州、西オーストラリア州、首都特別地区、北部特別地区からは10月26日から自己隔離なしでタスマニアへ入ることができます。今後の状況にもよりますが、現時点ではニューサウスウェールズ州は11月2日から、ビクトリア州は12月1日からの予定です。

嬉しいニュースの中、今日は人気のホバート発着日帰りツアー、マウントフィールド国立公園とボノロング野生動物公園のツアーのご紹介をしたいと思います。

マウントフィールド国立公園ビジターセンター9:00前にホバートの町を出発し、1時間15分ほどのドライブでマウントフィールド国立公園へ向かいます。午前中は国立公園内の散策です。大きなユーカリの木やシダの木を見ながら気持ちの良い森の中を歩いて、まずはラッセルの滝へ向かいます。落差40メートルのラッセルの滝はとても見ごたえがあります。

ラッセルの滝その後は同じ流れの上にあるホースシューの滝へ向かいます。ラッセルの滝の上まで歩いて登るようになりますので、足に自信のない方は遠慮せずにガイドにご相談ください。この部分はスキップすることもできます。ホースシューの滝はラッセルの滝に比べて規模は小さいですが、とても雰囲気のある滝です。滝は季節により水量が異なります。以下2枚のホースシューの滝の写真比べてみてください。

ホースシューの滝その後は一旦車を移動しに向かうガイドと別れて、ご自身でハイキングをお楽しみいただきます。道に迷う心配はありませんのでご心配なく。トールツリーウォークというコースのスタート地点で再度ガイドと合流します。その後また大きなユーカリの木を見ながらハイキングを楽しみます。

トールツリータスマニアその後はまた車に乗って、大型バスでは入ることができない未舗装の細い道路を通って、標高約1000メートルの場所にあるドブソン湖へ向かいます。少人数ツアーだからこそ可能な行程です。標高が上がるにつれて変わっていく景色も興味深いと思います。

ドブソン湖マウントフィールド国立公園タスマニアドブソン湖を見学したら、ランチへ向かいます。ランチはツアー代金に含まれていますので、心配はありません。

ランチを食べたら、約1時間また車で移動し、ボノロング野生動物公園へ向かいます。けがをしたり、お母さんが死んでしまったりした野生動物の保護をしてくれている施設です。今は敷地内に野生動物専用の病院もあり、野生動物のためにとても頑張ってくれている施設です。皆さんのツアー代金に含まれている入園料もボノロングの活動資金になりますので、訪問するだけでも野生動物の保護を手伝っていることにつながります。

タスマニアンデビルボノロング野生動物園 ウォンバットボノロング野生動物園ボノロングでは、飼育員さんの説明を聞きながらウォンバット、タスマニアンデビル、コアラの見学を行い、その後は自分達で自由に見学します。放し飼いになっているカンガルーの餌付けができますので、ぜひお試しいただきたいと思います。みんなとってもかわいいです。 運が良ければ、ポケットに入っているカンガルーの赤ちゃんが見れるかもしれません。カンガルーボノロング野生動物園十分お楽しみ頂いた後はホバートへと戻ります。17:00~17:30くらいにホバートへ戻りツアー終了です。大自然とかわいい動物たちに癒されること間違いないと思います。ぜひご参加ください。

 

 

1 2 3 4 12