最近の投稿

チューリップファーム (Table Cape Tulip Farm)

タスマニアの北海岸にあるテーブルケープには大きなチューリップファームがあります。今年はコロナウイルスのせいでイベントは中止になってしまいましたが、ファーム自体はオープンしています。天気が良かった昨日、ドライブがてら行ってきました。

テーブルケープチューリップファームタスマニア最初は近くの灯台に行き、遠目にファームを見てみました。カラフルでとても綺麗です。

テーブルケープチューリップファームタスマニアファームへは入園料がかかります。今年は大人は一人$12でした。州境がまだ閉鎖している平日でしたが、思ったよりたくさんの人がいました。それだけ地元の人たちにも人気の場所です。

テーブルケープチューリップファームタスマニアとてもカラフルな畑の中を歩いていると楽しくなってきます。遠くには海も見え、心が洗われる景色です。

それぞれのチューリップの名前が表示されているのも私は好きです。気に入ったものはあとでお店から購入することもできます。ここはVan Diemen Quality Bulbsという会社の畑で、この会社は球根の生産・販売を行っています。残念ながら今年はコロナウイルスのせいで観光客の数が読めなかったためあまり球根を植えなかったそうで、販売数に限りがあり私達は買うことができませんでした。でもファームで思い切りカラフルな景色を楽しみましたので、良しとします。どうしても欲しい人はプレオーダーを入れることができました。

テーブルケープチューリップファームタスマニアまだまだ肌寒い日が多いタスマニアですが、昼間は大分暖かくなってきました。このチューリップの景色を見ると春だなと思います。これから段々暖かくなり気持ちも上向きになっていきます。

タスマニアンデビル

今週は俳優のクリス・ヘムズワース(Chris Hemsworth)さんと奥様で女優のエルサ・パタキー(Elsa Pataky)さんが、11匹のタスマニアンデビルをオーストラリア本土NSW州の野生動物保護地区へリリースするのをお手伝いした、というニュースがありました。今は野生ではタスマニアにしか存在しないタスマニアンデビルですが、昔はオーストラリア本土にもいました。約400年ほど前にオーストラリア本土では絶滅したと言われています。これをきっかけにまたオーストラリア本土に再導入できれば素晴らしいと思います。

タスマニアンデビルタスマニアンデビル現在タスマニアンデビルは絶滅危惧種です。デビル顔面腫瘍性疾患(Devil Facial Tumour Disease)という病気が原因で、野生のタスマニアンデビルの数は大幅に減ってしまいました。伝染性の癌です。治療法がないので、この病気にかかったタスマニアンデビルは死ぬしかありません。絶滅を防ぐためにSave the Tasmanian Devil Programという政府支援のプログラムもあり、たくさんの人が頑張っています。この病気のない本土へ健康なタスマニアンデビルをリリースするというこの試みも、タスマニアンデビルを絶滅から守ってくれることは間違いないと思います。

タスマニアンデビルタスマニアンデビルちなみに、タスマニアンデビルは肉食の有袋類です。そう、有袋類。カンガルーやコアラと同じように、お母さんはポケットで赤ちゃんを育てます。ご存知でしたか?名前のイメージとは違って、タスマニアンデビルはとてもかわいい動物です。国境が開いてまた海外旅行ができるようになったら、ぜひ本物のタスマニアンデビルを見に来てください。数が減ってしまったこともありますし、基本的にシャイな動物だということもあって、野生で見るのはなかなか難しいですが、ワイルドライフパークでは確実に見ることができます。皆様が支払う入園料もタスマニアンデビルの保護に使われるようになりますので、訪問するだけでタスマニアンデビルを助けていることにつながります。

ケープ・ホイ (Cape Hauy)

10年以上ぶりにタスマン半島にあるケープ・ホイ(Cape Hauy)を歩いてきました。昔の記憶と比べると、トラックはとてもきれいに整備されていて歩きやすかったですが、階段ばかりでちょっと大変でした。Fortescue Bayからスタートします。

タスマン国立公園ケープ・ホイハイキング

途中咲き始めた春のお花をたくさん見ることができて、写真ストップを入れながらのハイキング。蘭の花も見ることができました。

Mayfly OrchidGreenhood Orchid約1時間半でこの分岐点に到着。写真ストップを入れなければもう少し早く到着できますが、せっかくなのでゆっくりと周りの景色を楽しみながら歩きました。Three Capes Trackを歩いている人たちはここに大きなバックパックを置いてケープ・ホイに向かいます。

タスマン国立公園ケープ・ホイハイキングここからは1時間かからないでケープ・ホイまで行くことができます。ケープ・ホイ見えてきました。まだまだ登り下りがあります。

タスマン国立公園ケープ・ホイハイキング遠くにケープ・ピラーも見えてきました。

タスマン国立公園ケープ・ホイハイキングそんなに大きくはないですが、フェンス付きの展望台があり、ここがゴール。下を見るとこんなに高いですからフェンスはグッドアイデアです。

タスマン国立公園ケープ・ホイハイキング

周りの景色をビデオに撮ってみましたので、ご覧ください。

この断崖絶壁を下から見上げることができる3時間のクルーズ(Tasman Island Cruise)があるのですが、ちょうどそのクルーズが下を通りました。みんな手を振ってくれました。

タスマンアイランドクルーズゆっくり景色を楽しんだ後は、同じ道を歩いてFortescue Bayへ戻ります。往復4時間のコースですが、写真を撮ったりゆっくりランチを食べたりして、私達は5時間半弱で車に戻ってきました。長すぎず短すぎず、ちょうど良い日帰りハイキングスポットだと思います。

このコースは2015年にオープンしたThree Capes Track(3泊4日)の一部です。日帰りでケープ・ホイまで歩くだけなら国立公園の入園料のみで大丈夫ですが、Three Capes Trackを歩く場合には予約が必要となり、料金が発生しますのでご注意ください。

ホバートウォーターフロント

タスマニアも段々暖かくなって春らしくなってきました。今週はまた少しお天気が崩れそうですが、庭のお花も少しずつ咲いてきて気持ちは上向きです。タスマニアの州境はまだ閉鎖したままですが、少し前倒しでオープンするような話も出てきています。実現してほしいです。

タスマニア花

コロナウイルスのせいで実際に旅行することができないので、最近ではオンラインでのバーチャルツアーというものが人気になってきているようですね。私達も最近1つ担当させていただきました。短い時間でタスマニアの州都ホバートをご案内しましたが、改めてホバートは良い町だな~と実感をしましたので、今日はホバートのウォーターフロントの映像を皆様にご覧いただきたいと思います。

この日は青空でしたがとても風が強く、春らしいお天気でした。マウントウェリントンを背景にしたホバートの町の景色は私達にとってはとても気持ちが落ち着く景色です。ホバートのウォーターフロントを歩いてみると、ウォータービューもさることながら、建物や像など歴史を感じられるものもたくさんあり、なかなか面白いなと再認識しました。Fish & Chipsをランチにホバートの町をゆっくり散策してみるのもありだと思います。

ホバートのウォーターフロントにあるホバート入植150周年記念碑ホバートのウォーターフロントにある像ホバートのウォーターフロントにある像

近くにはタスマニア博物館もありますので、そこでタスマニアンタイガーのはく製を見ることもできます。博物館の開園時間や休館日などは、前もって確認してくださいね。

 

COVID-19 (コロナウイルス)関連

現在コロナウイルスで世界中が大変な時だと思います。旅行もできずに残念な時間が続きますが、健康が何よりです。お互いに頑張ってこの時期を乗り切りましょう。

タスマニア州では現在(8月28日)ウイルスに感染していて治療を受けている人は1名。2週間以上新たな感染者は報告されていません。州内は他都市に比べて安心できる状態ですが、残念ながらタスマニアの州境は早くても12月までは開く見込みがないようです。もちろん他都市の状況によってはこの日程も変わる可能性がありますが、しばらくの間はタスマニアへお越しいただくことは難しそうです。

そんな状況の中私達に何ができるか考え、まずはSNSを通してタスマニアの魅力を皆様に発信していきたいと思います。以下からフォローをして頂ければ幸いです。

Facebook

Instagram

一日も早い収束、皆様の健康をお祈りしつつ、いつかタスマニアで皆様にお目にかかれるのを楽しみしています。

ワイングラスベイとロスの町日帰りツアー

コロナウイルスで大変な状況だと思いますが、皆様どのようにお過ごしでしょうか?今は健康第一で自粛をされるのが一番だと思います。ウイルスが収束した際にはぜひまたタスマニアへお越しください。その時のために、今日は人気のワイングラスベイとロスの日帰りツアーのご紹介です。

ロス町タスマニア9:00前にホバートの町を出発して、1時間半ほどのドライブ。最初のストップはかわいらしいロスの町です。

キキのパン屋さんロス町タスマニアここで一番人気があるのがロスビレッジベーカリーというパン屋さん。このパン屋さんが、宮崎駿さんの映画“魔女の宅急便”でキキが働いていたパン屋さんのモデルになったと噂をされているパン屋さんなんです。噂なので真相はわかりませんが、ジブリファンにはタスマニアにきたらここは欠かせない訪問地のようです。運が良ければキッチン内のオーブンも見せてもらえます。このオーブンが、モデルになったと噂される所以だそうです。

キキのパン屋さんロス町タスマニア・ホバート発着日帰りツアーオーストラリアで3番目に古いロスブリッジもかわいらしくて見ごたえのある橋です。このローマ数字皆さん読めますか?ホバートまでは何マイルあるでしょうか?今はオーストラリアでもキロメートルを使いますが、このマイル表記も古さを感じさせますよね。

ロス町タスマニアロス町タスマニア・ホバート発着日帰りツアーロスを見学したらまたドライブです。1時間半ほどかけて東海岸のフレシネ国立公園へ移動します。フレシネ国立公園に近づいてくると、迫力あるハザードの山の連なりが見えてきます。

フレシネ国立公園タスマニア・ホバート発着日帰りツアーフレシネ国立公園に着いたらまずはランチ。ランチはツアー代金に含まれていますので、心配はありません。

ワイングラスベイ展望台ハイキング・ホバート発着日帰りツアーワイングラスベイ展望台ハイキング・ホバート発着日帰りツアーランチを食べたら、ワイングラスベイ展望台へ向けて、ハイキングスタートです。往復約3キロ、高低差約160メートルのコースは、登りは少し大変ですが、ゆっくりゆっくり景色を楽しみながら歩きます。赤い花崗岩の景色もとても見ごたえがあります。頑張って登ったご褒美がこのワイングラスベイの景色です。十分景色を堪能した後、駐車場へと戻ります。その後出発まで、フレシネ国立公園内の他の観光スポット、トービル岬やハネムーンベイなどを時間に応じて見学。運が良ければ野生のワラビーを見れるときもあります。

ワラビー、フレシネ国立公園タスマニア16:30にフレシネを出発し、まっすぐホバートへと帰ります。ホバートまでは2時間半かかりますので長い移動ですが、途中に見れるフレシネ半島やマリア島の景色も素敵です。19:00頃ホバートへ戻りツアー終了です。

1 2 3 4 5 12