最近の投稿

タスマニアの世界遺産エリア拡張!

2013年6月の末に、タスマニアの世界遺産のエリアが拡張されました。今まで1,380,000ヘクタールだったTasmanian Wilderness 世界遺産に、更に172,500ヘクタールものエリアが加わりました。この新しく追加されたエリアには、マウントフィールド国立公園や、今まで森林伐採やまたそれへの反対運動がたくさん行われた、森林伐採業者と自然保護者の戦場といっても過言ではないくらいのエリア、スティックス渓谷やアッパーフロレンタイン渓谷などが含まれます。下が新しい世界遺産のエリアを示した地図です。

タスマニア大自然世界遺産地図

タスマニア世界遺産

マウントフィールド国立公園のラッセルの滝。下の写真は水量の多い冬に撮影したものです。今まで何度も見てきた滝、お客様をお連れした場所に、世界遺産という響きが加わるとなぜか嬉しいものです。(注)ラッセルの滝は夏はかなり水量が減ります。

ラッセル滝 マウントフィールド国立公園も世界遺産に

大人気ラッセルの滝・マウントフィールド国立公園も世界遺産に

背の高いユーカリの木がたくさんあるスティックス渓谷。2003年には世界一高い場所でのプロテスト運動がこの場所で行われました。地上60メートルの木の上にプラットフォームを作って、そこで生活をしながら、周辺での森林伐採に反対の意を示していた人たちがいました。今このエリアが世界遺産として守られるようになったこと、みんなとても喜んでいることと思います。

スティックス渓谷 タスマニア世界自然遺産

スティックス渓谷 タスマニア世界自然遺産

アッパーフロレンタインの原生林の中からの一枚。南極ブナの木の幹です。コケがとてもきれいです。このエリアにはこんな景色がたくさんあります。きちんと整備されたハイキングコースなどはないですが、ちょっと足を踏み入れただけで、大自然を感じずにはいられません。

タスマニア大自然 原生的な森 アッパーフロレンタインバレー

タスマニア大自然 原生的な森 アッパーフロレンタインバレー

今後このエリアにきちんと整備されたハイキングコースができたら、弊社でもぜひこの新しい世界遺産のエリア、ツアーに組み込んでいきたいと思っています。現時点ではマウントフィールド国立公園のツアーを行っておりますので、ぜひご参加下さい!

 

タスマンアイランドクルーズ タスマン国立公園

ホバートからの日帰り旅行をお探しの方、タスマン半島のタスマンアイランドクルーズがお勧めです!水面から見上げる切り立った岸壁は絶景。タスマン国立公園の特徴でもある海に面した断崖絶壁を存分に楽しめます。大自然の迫力を肌で感じることができます。

タスマンアイランドクルーズ タスマン国立公園

タスマンアイランドクルーズ タスマン国立公園

 

黄色いジェットボートで、時にはものすごいスピードで移動しますが、見所では必ず止まってくれます。また両側のお客様がみんな写真を撮れるように船を回してもくれます。サービスも満点です。下の写真は洞窟。その日のお天気やコースなどによって多少の違いは出てくるでしょうが、大きな洞窟の中にはちょっと中まで船で入ってくれたりもします。

タスマンアイランドクルーズ タスマン国立公園

タスマンアイランドクルーズ タスマン国立公園

アザラシや海鳥など、海の動物に出会えるチャンスも大です。時期によってはクジラを見れる可能性もあり。チャンスがあれば、沖まで探しに出てくれます。みんなでクジラの吹く潮を探しましょう。クジラはタスマニア沿岸に生息しているわけではなく、南極と本土の間を移動するときにタスマニア沿岸を通るので、その時期だけ見れるチャンスが出てきます。

タスマンアイランドクルーズ タスマン国立公園

タスマンアイランドクルーズ タスマン国立公園

海に流れ出る滝も見ることができます。この場所はその名も、Waterfall Bay。この滝は水の少ない夏には乾いてしますが、水の跡は見ることができます。

タスマンアイランドクルーズ Waterfall Bay

タスマンアイランドクルーズ Waterfall Bay

全部で3時間ほどのクルーズです。長いですが、とてもエキサイティングなクルーズなので、飽きることはないです!船酔いが心配な方、クルーズが始まる前に酔い止めも配ってくれますので、ある程度までは大丈夫ですが、あまりにも乗り物酔いがひどい方は、ご自分で通常服用しているお薬をお持ちになることをお勧めします。また海に出れば寒いので、防寒着も必要です。一番上に着る防水のジャンパー(季節によってタイプは変わります。)は、クルーズ会社で貸してくれますので、そこはご心配なく。同じ会社がブルーニー島からもクルーズを出しています。どちらも素晴らしいので、チャンスがある方はぜひぜひお試し下さい。

フレシネ国立公園:フレシネ半島周遊ハイキング

今年のイースターは少し早くて、3月の末でした。そのイースターの週末を使って、通常のツアーで見るフレシネ国立公園よりももう少し先を見てきました!フレシネ半島を2泊3日で途中キャンプをしながら歩く、フレシネ半島周遊ハイキングに挑戦しました。通常ツアーで行くワイングラスベイ展望台まで登り、そこからワイングラスベイまで下ります。そしてワイングラスベイのビーチを約30分ほどかけて横切り、そこからMt Graham登山が始まります。Mt Grahamは標高579m。ビーチから重い荷物を背負って歩いていくのは結構大変でした。フレシネは降雨量も少ないので、水も必ず運ばなければいけません。出発した日は水や食べ物の重さを考えると、私のバックパックはかなり重かったと思います。途中ヒーヒー言いながら登りましたが、頂上からはこんな素晴らしい眺めが見れて、この景色を見たら疲れはすぐに吹っ飛びました。私達はMt Graham頂上付近でキャンプをしましたが、下の写真は翌朝の写真です。ワイングラスベイの後ろにハザードの山の連なりが見えて、ちょっと違うワイングラスベイの景色ですね。

フレシネ国立公園タスマニア

フレシネ国立公園タスマニア

初日はホバートから出発したので、私達がMt Grahamに登頂したのはもう夕方でした。まだ夏時間で良かったです。私達が着いたときはここ頂上はちょっと風が強かったですね。押さえていないと帽子も飛ばされそうでした。この日のサンセットもなかなか綺麗でしたよ。

フレシネ国立公園 Mt Grahamの頂上

フレシネ国立公園 Mt Grahamの頂上

時期的にはお花の時期ではなかったですが、ティーツリーやバンクシアなどのお花が少し見れました。かわいいですね。

フレシネ国立公園タスマニア

ティーツリーの花 フレシネ半島

2日目に途中のジャンクションに重いバックパックを置いて、標高620mのMt Freycinetにも登ってきました。結構急で、楽なコースではなかったですが、登るときはとても天気が良く、途中こんな石にできるシダの葉っぱの影などを見ながら、ゆっくり登ってきました。ちょっと芸術的な写真だと思いませんか??私達が頂上でゆっくりしていたら、遠くから雨雲が近づいてくるのが見えたので、帰りは急いで下りてくる羽目になりました。どんなにその時天気がよくても、バックパックには防水のカバーをかけて置いていったほうがいいですね。頭ではわかっていても、どうしても青空の時には忘れてしまいます。

フレシネ国立公園タスマニア

フレシネ国立公園タスマニア

2日目の夜はハザードビーチでキャンプしました。サンセット時のビーチはなぜかとてもロマンチックですね。さすがにワイングラスベイは人がいっぱいですが、逆側のハザードビーチまで歩いてくる人の数はガクッと減ります。ましてやここでキャンプをする人はなかなか少ないようで、この日は私達のほかにはここでキャンプをしている人たちはいなくて、ビーチ独り占めでした。ルークと行ったので2人占めですか??泳ぐにはちょっと寒すぎで、とてもとても水には入りませんでしたが。。。

フレシネ国立公園タスマニア ハザードビーチ

フレシネ国立公園タスマニア ハザードビーチ

全体的に楽なコースではなかったと思いますが、頑張った分だけきれいな景色が見れて、とても楽しい3日間でした。時間と体力がないとなかなかここまでは歩けませんが、チャンスがある方はぜひやってみてください。ここまで大変なのはちょっと自信がないけど、ワイングラスベイは見てみたいという方は、弊社のワイングラスベイ日帰りツアーにぜひご参加下さい!

タスマニアでオーロラが見れました!フレシネ国立公園3月17日

タスマニアでもオーロラが見れるの、皆さんご存知でしたか?

ここはまだまだ中緯度なので、よっぽど条件が整わないと難しいですが、去年と今年は”Solar Maximum”とかで、太陽の活動がとても活発なんだそうです。そのおかげで、タスマニアでも何度かオーロラ見れてます。その中でも3月17日のオーロラは素晴らしかったです!ちょうどルークの写真撮影ツアーがフレシネ滞在中で、タスマニアのアイコンの一つでもあるフレシネの”ハザード”の上に光るきれいな光のショーを、ルークのカメラが捉えました!

タスマニアでオーロラが見れました!

タスマニアでオーロラが見れました!フレシネ国立公園3月17日

タスマニアでオーロラが見れました!

タスマニアでオーロラが見れました!フレシネ国立公園3月17日

実際に目で見るよりも、写真の方がカラフルで綺麗ですが、この日のオーロラは光がたくさん動いて、ルークが今まで見たオーロラの中で一番綺麗だったそうです。

タスマニアでオーロラが見れました!

タスマニアでオーロラが見れました!フレシネ国立公園3月17日

ハザードの上にある光のビーム、素晴らしいですね。とても幻想的です。

タスマニアでオーロラが見れました!

タスマニアでオーロラが見れました!フレシネ国立公園3月17日

オーロラがいつ見れるかを前もって予測するのはなかなか至難の業ですが、2,3日前くらいなら、”見れる可能性がある”くらいならわかります。その後、お天気とか光がタスマニアに届くのが夜かとか、いろいろ条件がついてきます。実は今週の金曜日あたりも見れる可能性はあるそうです。どうなるでしょうか!?ルークは最近オーロラにはまってますので、興味がある人はLuke O’Brien PhotographyのFacebookのページをLikeしてフォローしてみてください。見えるときにはポスト書いてます。

ロスのパン屋さんタスマニア キキ探せますか?

ロスのパン屋さんタスマニア

ロスのパン屋さんタスマニア ”いらっしゃいませ!”

映画”魔女の宅急便”のキキのパン屋さんのモデルになったと噂されるパン屋さんが、タスマニアのロスという小さな町にあります。日本人のお客様が多い証拠に日本語のサインがありますね。

ロスのパン屋さんタスマニア

ロスのパン屋さんタスマニア

これがそのパン屋さんの外観です。

ロスのパン屋さんタスマニア

ロスのパン屋さんタスマニア

実際に薪を燃やして使うオーブンです。このオーブンが映画のモデルになったといわれる所以です。

タスマニアに春到来!”チューリップフェスティバル”

タスマニアはやっと寒い冬が終わって、段々と暖かくなってきました。これからがタスマニアがとても魅力的になっていく時期です。毎年タスマニアの北海岸にあるTable Capeで行われる”チューリップフェスティバル”は、このタスマニアの旅行シーズンのスタートを象徴するイベントではないかと私は勝手に思っています。9月末から3週間程度にわたって、周辺のエリアではいろいろとイベントが行われますが、メインのイベントは今年は10月13日(土)です。この日に限らなくても、一面に咲いたチューリップのお花はとてもきれいです。機会があったらぜひぜひTable Capeのチューリップフェスティバル行ってみてください。

タスマニア チューリップ祭り

タスマニア チューリップ祭り

一面に咲くチューリップのお花畑の後ろには灯台、海と壮大な景色を見ることができます。日ごろのストレスも忘れられそうですね。

タスマニア チューリップ祭り

タスマニア チューリップ祭り

チューリップもいろいろな種類があり、色も模様も様々です。チューリップにもこんなに種類があるのかと、最初に行ったときには無知な私は結構感動しました。お店ではチューリップの球根を買うこともできます。

タスマニア チューリップ祭り

タスマニア チューリップ祭り

タスマニアの春のお天気は変わりやすいです。北は比較的落ち着いていると思いますが、お出かけの前には天気予報のチェックを忘れずにして、きちんとしたギアを持ってお出かけください!http://www.bom.gov.au/tas/forecasts/wynyard.shtml

1 4 5 6 7 8 9