最近の投稿

Japanese Tours Tasmania

Leatherwood Tasmania Tours is a Hobart based tour guiding business working exclusively with the Japanese market in Tasmania.

We offer our own range of tours and itineraries (please look around this site for details) but are very happy to help you plan a tour based on your own interests and the time you have in Tasmania. Group enquiries are very welcome.

Please contact us by email: info@leatherwoodtasmania.com.au or by phone (61 3) 6231 9964.

All our staff are fluent in both English and Japanese. Email enquiries can be sent in either Japanese or English.

Enjoy your visit to Tasmania!

ワイングラスベイクルーズ・フレシネ国立公園

ワイングラスベイクルーズ・フレシネ国立公園

ワイングラスベイクルーズ・フレシネ国立公園

やっと冬が終わったと実感できたようなポカポカ陽気の日曜日に、ワイングラスベイクルーズやってきました!海から見るハザードの山の連なりや、花崗岩の海岸線はとってもきれいでした。また、なかなか近くから見ることはできないシャウテン島の近くも通過。シャウテン島は花崗岩と粗粒玄武岩が半々でできているのだそうです。木の生え方を見れば、海からでもそれが納得できます。

ワイングラスベイクルーズ・フレシネ国立公園

ワイングラスベイでワインとチーズをお楽しみください

ワイングラスベイに着いたらアンカーを下ろして少し休憩。そこでタスマニア産のスパークリングワインとチーズをエンジョイすることができます。それに加えて、キャプテンがその場でオイスターも殻を開けて振舞ってくれます!とっても新鮮でおいしいオイスターでした。近くのグレートオイスターベイのオイスターだそうです。この日はとても天気が良かったので、スパークリングな海とスパークリングワインはパーフェクトマッチでした。ワインがだめな人のために、ビールやジュースも用意してあるそうですので、ご心配なく。

ワイングラスベイクルーズ・フレシネ国立公園

ワイングラスベイクルーズ・フレシネ国立公園

このクルーズにほとんど毎回同乗しているのが、イルカ探知犬”ラスター”です。最初は後ろの方でおとなしく乗っているのですが、イルカを探知するとボートの前の方に来て、ものすごい勢いで吠えます。今回もこのラスター君のおかげで、私たちもイルカを見ることができました!しばらくの間イルカの群れはボートの周りを泳いでいたので、なんとなくイルカと一緒に泳いでいるような感覚に陥りました。素敵な体験でした。

イルカを探してくれる”ラスター”くん

イルカを探してくれる”ラスター”くん

その他にも今回のクルーズではFur Seal(日本語ではアザラシというのでしょうか?それともオットセイでしょうか?自信がないので英語にしました。)やSea Eagleも見れました。みんな野生なので毎回必ず見れる保障はないそうですが、それでもとても素敵な体験になることは間違いないでしょう!ワイングラスベイクルーズぜひお試しください。

フレシネ国立公園・クルーズ

ワイングラスベイクルーズ・フレシネ国立公園

にじいろジーン in タスマニア!

VIPにじいろジーンがタスマニアに来ました!今日の朝日本全国にタスマニアを紹介してくれて、ありがとうございます!

また来てくださいね、ジーンちゃん!

にじいろジーン in タスマニア - レサーウッドタスマニアツアーのみどりさんと一緒に

フレシネ国立公園・ワイングラスベイ

タスマニアの東海岸にある有名な国立公園が、このフレシネ国立公園です。マウントフィールド国立公園と並んでタスマニアで一番古い国立公園で、1916年に国立公園に指定されました。この国立公園で一番有名なのがワイングラスベイです。その名の通り、きれいに曲線を描いたビーチがワイングラスの底のように見えることから、この名前がつけられたそうです。フレシネ国立公園はホバートから車で約3時間のドライブ。ちょっと長めのドライブですが、海岸沿いのドライブは眺めが最高!マリア島や、フレシネ半島、シャウテン島などがきれいに見れます。途中ワイナリーやベリーファームなど、タスマニアのグルメを楽しめる場所もあります。休憩を入れながらゆっくりドライブするのもいいかも。フレシネのメインの街はコールズベイです。コールズベイに近づいてくると、ハザード(Hazards)と呼ばれる花崗岩の山の連なりが見えます。これがものすごい迫力。一見の価値ありです!

フレシネ国立公園 タスマニア

フレシネ国立公園 タスマニア

ワイングラスベイがきれいに見える展望台までは、駐車場から片道30分のウォーク。登りですが、きれいに整備された歩きやすいコースです。そこからの景色をエンジョイして戻っても十分ですが、時間と体力にゆとりのある方は、ワイングラスベイのビーチまで下りていくこともできます。

ワイングラスベイ・タスマニア

ワイングラスベイ・タスマニア

その他にもトービル岬、ハネムーンベイなど、車でアクセスできる場所は他にもありますし、もっともっと歩きたい方には3時間で往復できるアモス山登山など、レベルに合わせて歩くコースも選べます。比較的天気が落ち着いている東海岸は、旅行の行程に入れるにはとってもいい場所です。

ホバートからの日帰りツアーの情報はこちら

レザーウッドの花

私達のビジネスネームにも使っているレザーウッド。これはタスマニアの冷温帯雨林にだけ育つタスマニアならではの植物です。この花からとれる蜂蜜がとっても有名です。とってもユニークなタスマニアの味。機会があったらぜひ試してみてください。1月はレザーウッドの花がきれいに咲き誇る時期。ルークが撮った写真を1枚載せます。かわいい花ですよね?

レザーウッドの花

クレイドルマウンテン

タスマニアと聞いて皆さんが最初に思い出すのは、大自然ではないでしょうか。島の20%が世界遺産にも指定されているこのタスマニアですが、そのタスマニアの大自然の象徴にもなっているのが、タスマニアの北西にあるクレイドルマウンテンではないかと思います。もちろんクレイドルマウンテンは世界遺産に入っています。クレイドルって日本語では”(赤ちゃんの)ゆりかご”という意味です。その名前の由来はまさにその形にあります。クレイドルマウンテン、じっくり見てみるとゆりかごに赤ちゃんが寝ているように見えませんか?

クレイドルマウンテン国立公園 世界自然遺産 タスマニア

クレイドルマウンテン国立公園 世界自然遺産 タスマニア

上の写真は去年の9月に撮ったものですが、この日は本当に珍しくクレイドルに風一つなくダブ湖に一筋の波もたつことがなく、完璧な鏡に映ったようなクレイドルのリフレクションを見ることができました。クレイドル周辺は1年のうち3分の2は雨が降っているといわれています。もちろん雨雲があれば山は雲に隠れてしまいますので、クレイドルの山を見ることもできません。とても自然状況の厳しい場所なんですね。もちろんそんな厳しい大自然の中だからこそ、世界遺産にも指定されるような今のクレイドルマウンテンがあるわけなので、見方を変えれば、それが本物のクレイドルマウンテンということにもなりますがね。それを考えるとやっぱり上の写真のようなクレイドルを見れるって珍しいんです。私たちはクレイドルには何十回も行ったことがありますが、こんな素晴らしいリフレクションは記憶にありません!本当に鏡みたいですよね?また雪化粧したクレイドルもきれいですね。岩肌のクレイドルとは一味違います。

こんなすばらしいクレイドルを見れるかどうかは皆さんの運次第ですが、クレイドルのツアーに興味のある方は、ここをクリックしてください

1 6 7 8 9